「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

自虐史観 ~ アメリカとイランの対立から見えてくる行動の事実

【はじめに】
このブログでは一昨年より
日本人の「民族的」な無意識について
自覚的に迫ろうと試し見ています。


【本題】

自虐史観というものがある。

(参考)ウィキペディアより
https://bit.ly/2QsaaLt

(一部引用)

自虐史観(じぎゃくしかん)とは、
太平洋戦争(大東亜戦争)後の日本の社会や歴史学界、
教育界における特定の歴史観を批判・否定的に評価する言葉である。
この言葉を使用する論者からの日本の歴史の負の部分をことさらに強調する一方で、
正の部分を過小評価し日本を貶めているとの批判の対象となる歴史観のことを指す。

(引用以上)


戦前の日本は全て「悪」だったというものだ。


特に左派・進歩系の方で
よく使われる史観である。


私は立場的に右派である。
(1998年までは左)


その私でもこれまでこの自虐史観
ある程度仕方なかったと見ている。


原因は「戦争に負けた」からだ。


先日、YouTube
ある歴史の講義を見ていた。


日本が戦後、
中国や韓国及び朝鮮半島に対し
まっとうな意見が言えなかった
いわゆる「弱腰外交」の原因は
アメリカに中国や韓国に対し
反論することを禁じられていたからだというものだ。


これはソースがハッキリしないので
ことの真偽は不明である。


ただ、これはありうる話だと思う。


あまり知られていないらしいが
調べたらすぐに出てくる
戦後の政治状況がある。


戦後すぐアメリカは
日本に対し軍備増強を要求したきた。


驚かれるかもしれないが
これは事実である。


当時の朝鮮半島の事態悪化もあり
また中国やソ連(現ロシア)の
共産化に対する軍事的対抗を考えれば当然だろう。


しかし、これを当時、吉田茂氏は断り
経済一点に絞り
日本復興(戦後復興)に打って出たとのことだ。


これならば
当時の日米安保条約の締結や
日本が国として「軍事対立」を生まないよう
(軍事費を押さえるためにも)
「弱腰外交」に舵を切ったというなら
話は合う。


なぜ今頃このことについて言及するかというと
先日、アメリカがイランに対し
ついに軍事介入をした。


あのやり方を見ていると
イラクの時も
ベトナムの時も
そして日本の時も
戦争の仕掛け方として
アメリカのやり方は
一定して同じだな・・・と思ったからだ。


断っておくが
私は右派ではあるものの
一連のアメリカの行動や
イランの行動に善悪をつけるつもりはない。


私が伝えたいのは
自虐史観だろうが
皇国史観であろうが
人間がやったことは
事実として「記憶」に記録されており
極論はどこかで破綻するということを
知っておくべきだということだ。


なぜイランがあそこまで戦うか?


そしてイランと日本は
皆が知る以上に友好国であるということ。


これは戦前に日本がなしてきた
「戦い方」が影響している。


アラブ諸国
日本に対して比較的友好的なのは
差別の厳しかった戦前(第二次世界大戦)に
有色人種が白人に対し
あそこまでやったという事実が支持されいるからだ。


善悪ではなく
事実として
歴史と現在を見ること。


極端な史観はいずれ何等かの形で破綻すること。


今のイランの在り方をみていると
過去の行動の事実が
こうして繋がっているのだなと感じる。

(画像はNHK アメリカ vs. イラン(前編) なぜ対立するの?
https://bit.ly/39Lrnq から利用させてもらいました。)

f:id:hypnonation:20200106100435j:plain

【個人としてのヒプノ系記事】
https://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://ameblo.jp/osyarehinoki/
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/

 

最近の動向 ~「賢者の知恵袋」と「スピリチュアルをこじらした人のための処方箋」のライターやってます。

すみません。

 

ここ三か月ほど

こちらの投稿「さぼってます」

 

理由は「左脳系スピリチュアル」の

サトリさんこと金山 慶允さん監修の

「賢者の知恵袋」

https://satori-wisdom.net/

 

「スピリチュアルをこじらした人のための処方箋」

https://spi-koji.net/

 

の記事ライターを

10月から勤めてさせてもらってます。

 

初めて、締め切りや編集のある

ライティングさせてもらってて

そこにとてもやりがい感じてます。

 

 

どちらも今までの自己啓発、自己開発

そしてスピリチュアル系記事にない切り口で挑んでます。

 

また他のライターの方々の記事などにも

触発されるところ多いです。

 

ご興味ございましたら

ぜひ一度、お越しください。

 

こちらは落ち着いたら再開します。

 

「賢者の知恵袋」

https://satori-wisdom.net/

 

「スピリチュアルをこじらした人のための処方箋」

https://spi-koji.net/

 

 

 

 

倭国大乱 ~日本において「和」というアイデンティティが生まれた原因

日本人は無意識に
好戦的でしかも
自滅的と私は今考えてます。


それは無意識にです。


日本人の「無意識」の行動を決める
トラウマになった事件とは
一体なんだったのでしょうか?


私はその原因に
倭国大乱」があると見ております。


倭国大乱
紀元2世紀後半に日本で起きたといわれる
史上最初の内戦です。


その記録は中国の「三国志魏志)」
後漢書」などに記載があり
国内にはその記録はありません。


中国側の記録もまちまちで
長いものでは約100年内戦が続いたという記録もあります。


記録がまちまちなのは
当時の中国側としても使節を遣わすことが
出来なかったことが考えられます。


この頃の日本は、まだ大和朝廷が生まれる前で
多数の小さな国々があった状態です。

 

この内戦の原因として当時の気候が
「小氷河期」であったことが指摘されてます。

 (科学的に証明されている)


前にも書きましたが日本は島国で
しかも海岸線と山との距離が非常に短い。
これも地政学的な問題で
戦いに負けると「逃げ場」がないのです。

 


中国で「漢」の国を打ち立てる
劉邦は戦争にめっぽう弱く
最後の「天王山」でようやく勝利しました。

 


では何故劉邦は「皇帝」になれたか?
勝機が訪れるまで、広い中国を逃げ回ったのです
大陸ではそれが可能なのです


ところがこの国では無理で
追い詰められると「自決」「玉砕」しか残っていません。
あの源平合戦にしても平家の最期は「入水」です。

 


ここからは想像ですが
当時の農産物の生産性は著しく低く
そこに小氷河期の到来ですから
その戦いの凄惨さは戦国時代以上だったでしょう。


日本の人口が著しく減少し
戦い疲れた人々は連合国家の長として
卑弥呼を立てることになります。


因みに卑弥呼を「人名」と考えるのは間違いで
あれは「姫巫女(ひめみこ)」が正解です。
中国側に王の名前を告げたとき、日本語を
漢字であてたのが卑弥呼(ひみこ)とするのが正解だと思ってます。


戦争に疲れた人々が
新しい王、しかも象徴として「女」をたて
そこに「和」というやり方を採用したのではないでしょうか?


戦ってお互い滅びる前に
極力、話し合いで解決しようと。


実はこれは珍しい例ではありません
政治における贈収賄は今では悪と言われますが
収賄を一般化した国が「イギリス」だと言われます。


何故ならそれまで、政治で対立した場合
最終決着は「殺す」事しかなかったようで
「贈収賄」もあれで進化した姿だったのです。

 


日本国内で宗教紛争が起きないのは
宗教が「平和」な団体だからではありません。
戦国時代にはイスラム原理主義も青ざめるような
ゲリラ戦や籠城戦を血みどろになってやっています。

 


宗教から世界で初めて武力を取り上げたのが
信長、秀吉、家康の尾張三英傑でなのです。

 


良くも悪くも、殺戮を繰り返した果に
疲れ果てて、ようやく
この「和」の形に落ち着いたと見るべきでしょう。

 


それを証明するのが、旧国名
「大和(やまと)」です。

 


これにも以前書きましたが
大和と書いて、どうみても
やまととは読めません。


これは「やまと」(私は「やまだ」と思ってるが)という地名に
大きな和の当て字をしたのです
「大」きな「和」はその思想を現しています。


勿論あの「和」が当時の国(小さなクニ)を現す
「輪」「環」が起因となってることも好都合でした。


それは中国の国名に近く
あて字ではないが「中」央の「華」という思想が
あの国名です。


「大」きな「和」の国・・・・日本
それは当時としては
空前絶後の大内戦にのあとに生み出された
戦いの代わりとなる思想を表してるのだと思う。


血みどろの内戦の結果ですが
「和」の思想が
よくも悪くも
その後の日本の「トラウマ」になります。


この記事は
2015年6月10日
アメブロにて公表したものを
加筆修正したものです

 

(画像は「人事を尽くして天命に遊ぶ!日野智貴の雑感」
 http://nipponkakuryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-c692.html より
お借りしました)

 

f:id:hypnonation:20180403090328p:plain


【個人としてのヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://ameblo.jp/osyarehinoki/
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/

「和」の根源 ~多くの日本人が持つ「和」について明文化した十七条憲法を考察する

日本人の潜在意識を
日本人としての
集合的無意識」の上部部分。

私は今年に入ってから

民族そのものがもつ「民族的無意識」というものがあると考え
探っています。

 


十七条憲法というのがあります。


聖徳太子が作ったと言われるものです
小学生や中学生で習います。

 


あれの第一条がかの有名な「和を持って貴きとなす」で
一曰、以和爲貴、無忤爲宗。人皆有黨。亦少達者。以是、或不順君父。乍違于隣里。然上和下睦、諧於論事、則事理自通。何事不成。

 


書き下し
一に曰く、和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。人皆党(たむら)有り、また達(さと)れる者は少なし。或いは君父(くんぷ)に順(したがわ)ず、乍(また)隣里(りんり)に違う。然れども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。

 


大意
一にいう。和をなによりも大切なものとし、いさかいをおこさぬことを根本としなさい。人はグループをつくりたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親のいうことにしたがわなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし上の者も下の者も協調・親睦(しんぼく)の気持ちをもって論議するなら、おのずからものごとの道理にかない、どんなことも成就(じょうじゅ)するものだ。

 


この憲法、古代としてかなり「異常な」憲法なのを
お氣付でしょうか?


第1条が「和」なのです。


普通、古代国家において第1条に出てくるのは
国王を敬え、か
国教(その国の宗教、あるいは神)を敬えです
それがこの国の最初の憲法
「和」がトップにきます。

 


また多くの方がご存知ないようなのですが
この十七条憲法、ご丁寧に最後の17条もこうなってます。

 


十七に曰く、夫れ事独り断むべからず。必ず衆(もろもろ)とともに宜しく論(あげつら)ふべし。(略)


大意
十七にいう。ものごとはひとりで判断してはいけない。かならずみんなで論議して判断しなさい。ささいなことは、かならずしもみんなで論議しなくてもよい。ただ重大な事柄を論議するときは、判断をあやまることもあるかもしれない。そのときみんなで検討すれば、道理にかなう結論がえられよう。

 


要するに皆で「談合」せよ、と言い切ってます。
「談合」です。
「話し合えば道理に結論が得られる」
と言い切ってます。

 


実は十七条憲法聖徳太子の作ではないという説もある。
しかし私は聖徳太子の作だと確信してます
その理由は長くなるから割愛しますが、
太子が「戒律」を重視した「仏教徒」でだったからです。


因みに純粋な仏教にて
「話し合い」で解決という教えはありません。
と、いうか他の宗教にもありません。
基本、宗教は「救いがたい人間」を救うためのものと
認識されてたはずです。


その救いがたい人間が話し合っても
良い解決策なんか出る訳がありません
だから神のご信託(あるいは契約)が重要になるのです。


なのに、古代において日本(大和)ではこうなのです。

 


世界史全部を見た訳ではないですが
こんな教典はどこにもないのでは?
と見ています。


では何故こういう形で作られたか?

 


この答えは意外に簡単で
最初と最後に持って来て念を押さないと
「和」が守られない、あるいは当時は守られない雰囲氣があったからです。

 


よくイスラムコーランで引き合いに出される有名な
「豚を食べるな」
あんな暑い諸国で豚を食べると体を壊したからだ、と言われます
これは逆に「禁止」しなければ皆食べてた、ということです。

 


キリスト教にも似たようなのがあります。
「同性愛禁止」
確か、旧約聖書だったと思いますが
これを明文化しないと、みな自由にしてたということです。

(最近、これについては世界的な流れで認める風潮があり

これが今後教典・教義にどう影響を与えるのか注目してます)


逆に当たり前のことはかかれないのです。


わざわざそこに記すといういことは
それまで守られてなかったということの証明です。

 


聖徳太子がこれほどまでに念を押し
推奨した「和」
それが後世の日本人の行動形式にまで
影響を及ぼした「和」。

 


何故ここまで「和」にこだわったのか?
また、それまで「和」が守らていなかったのか?

それは以前の記事でも記したとおり
日本の旧国名が鍵で
日本≒大和(やまと)だからです


強制的に「和」を守らせないと
倭国大乱」になるから
私はそうみております。

 


この記事は
2015年6月9日
旧ブログにて公表したものを
加筆修正したものです

 

f:id:hypnonation:20180403230508j:plain

【個人としてのヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://ameblo.jp/osyarehinoki/
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/


民族、種としての遺伝情報(ゲノム) ~ 歴史を正しく知ることが、私たちを「現実」と「意思」を一致させる

一時期、ゲノムの解析というのが
話題になったことがある。


(参考記事)
中外製薬HPより
ゲノムとは?
https://www.chugai-pharm.co.jp/ptn/bio/genome/genomep09.html


(以下一部引用)
ゲノムとは、遺伝子(gene)と染色体(chromosome)から合成された言葉で、
DNAのすべての遺伝情報のことです。
(引用以上)


「遺伝情報」


私たちの体には
意識せずとも
「過去」からの「情報」が
織り込まれている。


私はアメブロの方でも
運命的な「業(カルマ)」というのは
否定しているが
この遺伝情報を「業(カルマ)」と呼ぶならば
これは全く賛同する。


いの遺伝情報は
当然に生物によって違うものであるし
同じ「人」であっても
民族によって若干異なるらしい。


(参考記事)
遺伝子・ゲノムから見るヒトの多様性
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/19/7/19_7_72/_pdf/-char/ja

誤解なきように願いたいが
ここでも書かれているとおり
集団的な差より
個人的な差の方が大きいというのが
前提である。


ご興味があるならば以下をお読みいただきたい。


(一部引用)
例えば、肌、毛髪、眼の色に関わる遺伝子が10個以上見出されている。
その中の3個は特に南アジア集団の肌の色に大きく寄与すること、
ヨーロッパ集団の眼の色には1個の遺伝子の寄与が大きいことなどが報告されている。

我々もアジア系の人々に特徴的な毛髪の形態に関わる遺伝子を報告した。
アジア系集団の多くは直毛で太い毛髪をもつが、図3(上記リンク参照)のように、
EDAR遺伝子のたった1カ所の一塩基多型によってアミノ酸配列が一箇所変化し、
毛髪の太さ(横断面の面積)が変わる。この遺伝子型は
毛髪の太さの分布とよく対応し、東アジアに分布中心をもつことがわかった。
また、この型は東アジアの自然環境において何らかの適応的価値があったため
頻度が増してきたと考えられる。
(引用以上)


私が何を言いたいかというと
もって生まれた
遺伝情報・・・
それは祖先からの「記憶」は
「宿命」であり
人が逃れられないものだと思っている。
(変えることは可能)


私たちが持つ
遺伝情報は
今までの歳月を経て
変化しつつ
また同時に保存しているものであり
それは「歴史」に積み上げあれたものだ。


そしてそれは
「無意識」の領域に
深く、深く刻み込まれている。


今、
国際情勢が
いろんな意味で混迷を深めている。


最近私がここで言及する
「民族的無意識」


これはゲノムなどの
遺伝情報にも反映されるかもしれない。


これだけ混迷を深める原因の一つに
私は歴史を正しく知らないこともあると考える。


私たちはそれこそ細胞レベルで
「過去」を記憶しているのだ。


それは現在
どんなに「教育」にて
現在判断された「歴史(捏造ともいう)」を
教えられても
肌がなじまないのではないか?


日本人が少し不安定なのは
実はそこに起因するかもしれない、
だからこそ
現在知りうるだけの「正しい歴史」を
できるだけ接種し
それこそ心身一如になることが
必要なのだろう。

 

f:id:hypnonation:20190831000915j:plain

 

【個人としてのヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://ameblo.jp/osyarehinoki/
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji

民族の歴史を知る ~ 民族的無意識に「退行療法」で挑む。それは歴史の学びだ。

民族の歴史を知る ~ 民族的無意識に「退行療法」で挑む。それは歴史の学びだ。

私は今、アメブロのほうで
個人的無意識を対象とした
ブログを過去記事を
1日2記事アップしている。


こちらでは
この5月から
「民族的無意識」というものに
注目して記事を書いている。


「民族的無意識」


このような専門用語はない。


これは私が勝手に名付けただけだ。


昨年の5月よりアメブロ
こちらの記事の整理をはじめ
だいたい500~600記事に
絞りこむ作業をしていた。


アメブロを始めたころ
「潜在意識」というものの「力」について
書くつもりだったが
それは少し違うと思い出してきたのが
2017年ごろ。
ちょうどはてなに記事を移動したころだ。


突き詰めれば
「不安」からの脱却
「自己承認」
「業(カルマ)」からの解放
これが大きなテーマだった。


そこで特に「業(カルマ)」について
深い注目をしていくようになる。


世界大百科事典内のカルマの言及(以下引用)
ジャイナ教】より
ジャイナ教はインドで原子論を説いた最初の学派である。
善悪の行為から生ずる業(カルマkarma)も物質とみなされる。
さて,霊魂にはその本性として無限の知恵と知覚と威力と喜びが内在しているが,
現実には業によって束縛され自由を奪われている。…
(引用以上)


スピリチュアル界隈や
一部宗教などでは
業(カルマ)とは
前世からの縁だの
因果応報だの
宿命だの言われているが
私個人はかなり否定的だ。


私はむしろ
ジャイナ教の上の解釈に近い。
(一部再引用)
霊魂には(中略),
現実には業によって束縛され自由を奪われている。
(引用以上)


私たちの「魂(ソウル)」を縛っているものは
生まれてから、現在までの間
経験したものであり
学習であり
常識であり
思い込みである。


これが個人的無意識となって
私たちの癖や個性を
逆に言えば
思い込みと束縛を生んでいる。


ただ、業(カルマ)について考えたとき
実はこれだけではなんだか足らないと思えてきた。


私は生まれてきたときは
すでに日本人であり
またある人はアメリカ人であり
また別の人は韓国人である。


これ自体は
意識して選べないものだ。


生まれたときから
「人」としての
その外側に
大きなカテゴリー
あるいは柵に入れられている。


その中で育っていき
ある種の民族的な無意識を
埋め込まれていく。


以前はこの無意識は
集合的無意識の部分に入れられていた。


しかしこれではあまりにもザッパだ。


安易な細分化は
かえって真理を見えにくくするため
危険なのだが
個人的無意識と
集合的無意識との間に
グラデーションのように
民族的な無意識があると私は見ている。


例えば日本では「和」
韓国では「恨(はん)」など。

 

この理解に至ったのは
2019年5月5日の記事で書いてある。
「民族」としての「無意識」~「民族的無意識」個人的無意識と集合的無意識の間
http://hypnonation.hatenablog.com/entry/2019/05/05/000119

(一部引用)
先々月になるが
友人が受けている心理セミナーで
こんな風に教えていたらしい。

「韓国や北朝鮮、そして中国たちとは絶対に仲良くなれる、向こうもそう望んでいる」と。

こういうことを真顔で
そして真剣に言ったならば
心理を教えるものとしては
「失格」であると、遠慮なく言おう。
(引用以上)


実はこれが民族的無意識を発送するきっかけで
またこの後から
日本と韓国の間で
歴史問題や輸出管理について
関係が泥沼化してきたことが、さらに促進してくれた。


私は上のような
「皆、仲良し」だの
世界市民」だの
こういう考え方は実は大嫌いである。


一見、平和そうであるが
相手(人なり、民族なり)の主張や個性を認めない
暴論だとも思っている。


これは20年前ぐらいまで左派だったときからそうだった。


違和感があるからだ。


私はアメブロでもここでも
常々
「歯医者は自分の虫歯は直せない」
「他人は自分の鏡だ」
と言っているが
実はここではたと気づいた。


個人もそうであるなら
民族もそうではないか?と。


韓国人
中国人(これは厳密には民族的な表記ではないが)
アメリカ人
ロシア人
彼ら「外国人」を知ることが
民族として日本人を知ることではないか?と。


そして外国人を知るとは
その国の歴史を知ることである。


歴史を知ることこそが
民族に対しての
ヒプノセラピーではなかろうか?


そうヒプノセラピーでいう
「退行療法」だ。


私がこちらで
今、試しているのは
現実こそが潜在意識の投影であり
それは民族についてもそうであり
かつ
その原因を歴史を学ぶということで
退行療法と同じように
「問題の発見」につながるというものだ。


ヒプノセラピストは
決して、医者ではない。


だから「治療」ではない。


問題に気付かせるのが
「仕事」だからだ。

 

だから「療法」なのだ。


その気づきにより
今、私たちはどこにいくべきか
見えてくるであろう。

f:id:hypnonation:20190818234711j:plain

 

(画像 https://jp.freepik.com/free-vector/abstract-mesh-background_1534715.htm#page=1&query=fractal&position=2


【個人としてのヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://ameblo.jp/osyarehinoki/
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/

平和をもたらすものとは

今日は終戦記念日である。


かの大東亜戦争(太平洋戦争)に負けた日である。


だからこの日には
戦争と平和についてよく語られる。


ナイーブな問題であるが
切り込んでみてみよう。


平和が大切なのはわかる。
ではその平和をもたらすものはなんであろう?


現実をよく、よく見ればわかる。


それは「力」だ。


これは疑いようもない事実である。
今、現時点で平和の反対である
「戦争」が起きていないのは
「力」の均衡がとれているからだ。


なぜ、現在日本に武力によって
隣国が攻めてこないのか?
戦争がおきないのか?
簡単なことで
世界最強の「米軍」がいるから
ただ、それだけのことだ。


私はなにもここで
「米軍」にもっと予算をとか
武力確保の正当性などとかを
賞賛したいわけでもない。


常々、現実こそが
「潜在意識」の投影だと申し上げている。


「現実」こそが全てである。


憲法9条
平和への祈り
不戦の誓い


それはそれでよいし
長期的には効力は
「あるかも」知れない。


しかし、今、この「戦争のない状態」 ≒ 「平和」を
構築しているのは
間違いなく「米軍」により
近隣諸国との「力の均衡(バランス)」が取れているからだ。


基本的に「戦争」は
日本以外の国では
「外交」の延長戦でしかない。


今、限りなく正解を求めるとし
余計な「洗脳」を解くとするならば
私たちの「平和」をもたらしているのは
「武力」であり
その武力の上で、私たちは安穏としているということを
自覚し、目覚める必要がある。


現実を造るのは
現実の力だけなのだ。


その前に人の想いだけで
この世を動かせるものではない。


想い ∔ 「行動」が必要である。
その結果が今にある。


(撮影者 manabuさん フォトスクより拝借)

 

f:id:hypnonation:20190815235121j:plain

【個人としてのヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://ameblo.jp/osyarehinoki/
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/