「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

韓国の行動を「儒教」に照らし合わせると、話はスムーズに見えてくる。それは日本の「和」を知ることでもある。

ここのところ
日本と韓国が大いにもめているのは
皆さま、ご存知であろう。


ネットを見る限りだが
日本からの発信者の多くは
韓国の理不尽なやり方に
憤慨している。


また逆に韓国側も
日本に対して
特に日本政府に対して
脅迫に近い文言で批難をしている。


これは収まるだろうか?


私は無理だと思っている。
いきつくところまで行くだろう。


皆さんは韓国側の対応をどう見ているだろうか?


ある意味、韓国の在り方は
終始一貫している。


これは日本との対応だけで見ていては
全くわからない。


中国と韓国の在り方を考察すると
それがよくわかる。


今回の事件の前にこんなことがあった。

 


なぜ?中国北京市で韓国企業の看板が“強制撤去”される=韓国ネットが怒り
https://bit.ly/2LouZ9h


韓国大気汚染過去最悪 大統領、中国と協議入り指示 
https://s.nikkei.com/2JPc5oC


「なくてもいい国」と中国に言い渡された韓国 ~ THAAD配備への報復が始まった
https://bit.ly/2JRi5x4


中国という国は
韓国に対してここまでひどいことをしている。


特に看板の強制撤去は理不尽以外のなにものでもない。


では、韓国はどう対応したであろうか?


結論から言えば
ほぼ黙って従った、としか言えない対応だった。


ここで日本における対応と比べてみよう。


中国 → 理不尽な行い → 韓国 → ほぼ従う

韓国 → 条約など反故 → 日本 → 反発 → 韓国 → 徹底抗戦


上の図式を見て
韓国の行いが日本に対して理不尽だとか
中国ばかりに従って、という批判は
ある意味、少し違うのだ。


韓国の行動は、常に一貫している。


私はこれは「儒教」の影響下にあるためだと見ている。


これは私だけの意見ではなく
多くの識者がすでに指摘していることである。


参考記事
韓国の政治文化を考える:「目上を立てる」儒教と「全員平等」の民主主義はいかに結びつくか
https://blogos.com/article/222278/


儒教では
目上の人、年長者を立てることを大切にする。


それは生活作法などにも大きく影響している。


ここで歴史を振りかえろう。


東アジアの盟主は
長い間、中国であった。
中国で生まれた文化が
その周辺国に恵みを与えたのは事実だ。


その文化、そして文明はわが国には
こういう感じ来た。


中国 → 朝鮮半島(韓国) → 日本


文化・文明においては
朝鮮半島はながらく
日本の「先輩」であったのだ。


韓国(朝鮮半島)でもそれはわかっている。


だからこそ彼らは
中国を今でも立てる。
ということは逆に
日本についても
韓国(朝鮮半島)を立てるべきであると考えるだろう。


この思想は
儒教を元にするならば
正しいものと言える。


韓国(朝鮮半島)は
徹底して中国の儒教を模倣した。


その徹底さはすさまじいもので
名前、服、生活様式からすみずみまで
儒教という名の「中国風」に変えたのだ。


朝鮮半島には
日本や中国のように
国宝にあたる歴史遺物が少ないと言われるが
これは彼らが歴史を粗末にしたのではなく
過去の歴史を破壊してまでも
徹底して「中国化」したことが原因だ。


ではなぜ、そこまで中国化したのか?


答えは簡単で
中国と陸続きだからだ。


近代以前の中国
特に古代、中世の中国は
ローマとならぶ世界最強の軍事大国だ。


その氣になれば
朝鮮半島を自分の国の一部に出来る力がある。


彼ら(朝鮮半島の民族、朝鮮人、韓国人)は
自らの国を、巨大軍事大国から守るため
徹底して「中華」となることにした。


これを批難することは
誰もできないだろう。


皮肉な話だが
韓国(朝鮮半島)の儒教化は
本場、中国や日本より徹底していたといわれる。


中国は「表の儒教、裏の道教」と言われるように
本音と建て前が分かれる。


また日本には
儒教が中途半端にしか伝わらなかったことと
江戸時代に儒教を採用したさい
かなり幕府に都合のよい形に造り変えられているから
本当に純度の高い儒教を実践したのは
韓国(朝鮮半島)のみだ。


韓国の今までの
そして今回の対応は
儒教」というフレームで見れば
決して理不尽ではない。


想定できる行動なのだ。


これに対して日本は「和」の思想がある。


「和」がなぜ生まれたかは
2年ほど前にここでも書いたことがあるから
参照して頂きたい。


この国にて「和」がある理由
http://hypnonation.hatenablog.com/entry/2017/01/29/000100


今回は「和」について深く言及はしないが
多くの方の誤解があるので、その点だけ記す。


「和」は平和の和ではない。


端的に言えば「談合」の和だ。


皆で話し合って決めたことがルールになる。
そしてそこには十七条憲法を除くと
明文化した「経典」がない。


それに対して韓国(朝鮮半島)の
儒教は体系化したものがある。
論語」である。


これらは絶対に分かり合えることではない。


そのあたりを認識すると
実はここからが
日本・韓国との本当の本音との付き合いになるともいえる。

 


私は最近このブログで
「民族的無意識」なるものを
提唱している。


このような専門用語はないが
民族として私たちの脳内に横たわる
先祖からの「記憶」が
私たちの行動を無意識に支配している。


今回はその好事例でもある。


私はアメブロの方で
自分のことは決して自分ではわからない。
「他人」という鏡があって
初めて自分を知ることができるとお伝えしている。


これは民族でも同じことが言える。


韓国の反応を見ると
それに反応する日本という民族の無意識もまたわかる。


人のことは笑えないのだ。
私たちもまた「和」という思想に
「毒」されているからだ。


【個人としてのヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/

「自殺した人の脳に共通する特徴とは」

興味深い記事を見た。
自殺した人の脳を調べると
ある共通点があることが分かったらしい。


参考記事
NEWSWEEK 日本版
「自殺した人の脳に共通する特徴とは」
https://bit.ly/2I6SxN7


あまりにも長いので
大事なところを引用する。


(以下引用)
自殺者に共通する主要な脳の異常(例えば神経細胞が少ないことや皮質が薄いことなど)が見られた部位は、
(中略)
脳の前部帯状皮質と背外側前頭前皮質だった。
これらは、自らのストレスの度合いを主観的に判断するプロセスに関係する部位だ。


(中略)


コロンビア大学のJ・ジョン・マン教授(精神医学)談(※)
「客観的に見た症状(※例えば発生した問題に対するとらえ方など)の深刻さは同じでも、
この人たち(※自殺者)は主観的に感じる鬱症状がはるかに(※他の人より)深刻だったのだろう」
「このような人た(※自殺者)ちは、感情をコントロールすることが苦手なように見える。
彼らが主観的に感じているストレスは、自殺行動のリスクがない人より大きい。
自分が鬱状態にあることを感じ取るセンサーが過度に鋭敏だと言ってもいいだろう」


(中略)


自殺リスクの高い人たちは、意思決定が必要な課題を与えられたとき、リスクの高い選択をする傾向がある。


(中略)


自殺リスクが高い人は、否定的な情報を受け取ると過敏に反応する一方、
肯定的な情報にはあまり反応しないようだ。そのため、
世界を冷淡で敵対的な場と感じる傾向が強い。


(中略)

 


コロンビア大学のJ・ジョン・マン教授(精神医学)談(※)
「鬱症状をひときわ(※他の人より)重く感じ、
感情に突き動かされて行動しやすい上、
行動の選択肢が少ししか目に入らず、
周囲の人たちが批判的で冷たいように感じる傾向が強い。
しかも、このような人たちは、自分がほかの人たちとは違うことに気付いていない。
不幸なことに、自らのリスクを認識できていない。」


(引用以上)


これについては
私も心あたりはある。


事態を重くとらえる傾向と
常に「やられる」リスクを感じている。


ただ違うのは
自分がほかと違うことに氣づいていることと
リスクを認識していることだ。


これは今後の「マインド」の考察に
役立つと思う。

 


【個人としてのヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/

「上級国民」とその言葉の背景に流れる心理。

いまSNSを中心として
「上級国民」なるネットスラング
大拡散している。


スラング」とは
「俗語」「隠語」の意味だ。


参考記事
BLOGOS NEWSポストセブン
「上級国民」というネットスラングの大拡散が示す日本人の心中
https://bit.ly/2POaJNA

この言葉生まれ、大拡散するには
ほぼ同時に起こった
2つの交通事故が原因だ。


2019年4月19日 池袋暴走事故
飯塚幸三氏 87歳 死者2名 現在(2019年5月5日時点)逮捕なし

2019年4月21日 三ノ宮駅前バス暴走事故
大野二巳雄容疑者 64歳 死者2名 即逮捕


起こした事故はほぼ同じで
お亡くなりになった方も同数。
なのに池袋ではいまだ逮捕されず
三ノ宮では即逮捕だった。


これはなぜか?


これは飯塚幸三氏が
元官僚であり
多くの企業の重役でもあり
勲章受賞者でもある、
いわゆる「ハイパーエリート」だからだという説が流れている。


それに比べて
三ノ宮の大野容疑者は一運転手だからだというものだ。


この差が普通わからない。


実際、飯塚氏が逮捕されないのは
本人が重傷を負っているらしく
現在も入院中で、逮捕できずかつ
逃げ出す可能性が低いからというのが
法律的判断である。


この法的判断は実は間違ってはいない。


でも、心の底で
なぜか腑に落ちないものがあるのではないか?


私にもある。


それは「不公平」だということだ。


法的には間違っていないのに
釈然としないのは
そこに「今まで優遇受けてきて、事故まで起こして、また優遇か?」という
「不公平」感が
この事件をきっかけに表面化したものだ。


では池袋の飯塚氏はどうすべきだったろう?


私はご本人が自分の立場、あるいは地位を
本当に理解しているならば
意識不明でない限り
重傷だろうが骨折だろうが
まず自ら「警察」に出頭すべきだったのだ。


これが本来上に立つ者の在り方だ。


そんな無茶な・・・・という方もいらっしゃるだろうが
これが日本人が求める「上」に立つものの
在り方なのだ。


たまたまこの時期
天皇陛下が変わられた。


皆さん、天皇を含む皇族を指して
「上級国民」だと批難しますか?


一部の左翼系を除けば
ほとんどの方は
「いや、そこまでは・・・」というのが本音だろう。


その本音の根源は
私たちが天皇(陛下)が上に立つ者
(象徴だから上ではないという見方もあるが、海外はそうはみていない)
の在り方を知っていることを「経験的に」知っているからだ。


昭和天皇の時にこういうことがあった
大東亜戦争(太平洋戦争)敗戦後
GHQが日本を占領し
その際、当然に国主としての
天皇の処刑は話題に上がっており
アメリカ議会では「戦犯」としての
処刑がほぼ決まっていたという。


8月30日、マッカーサーが日本に到着後
そのほぼ一か月後の9月27日
昭和天皇マッカーサーに面会に自ら行かれた。


参考記事
WEB歴史街道
マッカーサーを感動させた、昭和天皇のお覚悟と天真の流露
https://bit.ly/2V5hAU1


(一部引用)
「…陛下は、次の意味のことをマッカーサー元帥に伝えられている。
『敗戦に至った戦争の、いろいろな責任が追求されているが、
責任はすべて私にある。
文武百官は、私の任命する所だから、
彼らには責任がない。
私の一身はどうなろうと構わない。
私はあなたにお委せする。
この上は、どうか国民が生活に困らぬよう、
連合国の援助をお願いしたい』」
(引用以上)


この言葉はマッカーサ-の回顧録にも載っているから
真実であろう。


この言葉を聞いてマッカーサー
非常に驚き、そして昭和天皇に敬意を表し、
昭和天皇にこう言ったという
『かつて、戦い破れた国の元首で、このような言葉を述べられたことは、世界の歴史にも前例のないことと思う。』

そう前例がないのだ。


上に立つ
あるいは上級国民であっても構わないが
いざという時は
有事や困難の際は
自らの身を切る。


そこには「不公平」感がないからだ。

これが「上級」と呼ばれる者の本来の姿であり
且つ、日本国民はこういう人物を求めている。

 


事例としては
もっとも極端かも知れないが
それこそ「最上級」の「国民(と言っていいかどうかは問題だが)」が
こういう姿勢であるからこそ
いま、自らが「上級国民」だと言われそうな人は
何か起こったとき、その身をどうするかは
普段から「覚悟」しておくべきであろう。


「一般国民」から嫌われないためにも。

【個人としてのヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/

「民族」としての「無意識」~「民族的無意識」個人的無意識と集合的無意識の間

こちらのhatenaブログは
とんとご無沙汰していた。


理由としては
昨年5月から旧アメブロの記事と
こちらの初期の記事を整理して
アメブロに再掲載していたからだ。


1年かけてそろそろ整理も終わり
さて、こちらをどうしたものかと考えた時
「マインド(自我)・テクノ」の名前に基づいて
アメブロの方は『ハート・テクノ』)
より現実的に
且つ
アメブロでは削除されそうな
少し踏み込んだ内容にしようと思う。


こちらでも
また旧アメブロでも時々書いていたが
例えば現実に起こっている世情
特に政治や国際政情を見ると
個人の心理は別として
大衆の心理が読めてくる。


若い世代(10~30代)と
話をする機会があるが
彼らが受けた教育において
歴史や宗教について
恐ろしく偏向あるいは欠落していることに気づく。


現在、隣接の国である
韓国が外交について
かなり迷走している(ように見える)と
私は見ているが
それがなぜなのか?
実はあれは「迷走」ではなく
ある一定の行動規範に基づいて行動している。


その規範をわかれば
私たち日本人というものの姿も見えてくる。


私がアメブロやここの初期でも書いていたように
自分の本当の姿はわからない、
だからこそ「他人」という「鏡」が必要である。
それは
「『歯医者』は自分の虫歯は『治療』できない」ことと同じなのだ。


そして私たちがそれを知るためには
ある前提に立たねばならない。


先々月になるが
友人が受けている心理セミナーで
こんな風に教えていたらしい。

「韓国や北朝鮮、そして中国たちとは絶対に仲良くなれる、向こうもそう望んでいる」と。

こういうことを真顔で
そして真剣に言ったならば
心理を教えるものとしては
「失格」であると、遠慮なく言おう。


個人レベルでは
私も友人、お客様がいるし
仲もとても良い。


しかし国家レベル
民族的レベルになると
これは話が違う。


この話を東アジアだけで見ると
戦争の反省が足らないとか
いろんな批判が出るだろうが
一歩外に目を向ければ
これは当然の話だ。

ヨーロッパでは
対立、迎合、など
陸続きの国では当然のようにあるし
アジアでもインドと中国
中国とチベットベトナムのように
以前からもめているところは多々ある。

アフリカ大陸など
もっと極端だろう。


「国境がある」


これは私たちが思っている以上に
実は大事な民族としてのアイデンティティーなのだ。


その境界は
歴史的、経済的、宗教的に
融合が難しい部分なのだ。


それを簡単に「仲良く」できるなどと
のたまう心理カウンセラーなどは
実は隣人の気持ちなどわからない
へっぽこカウンセラーであると言えよう。


隣人の立場に立てば
当然に「仲良く」はできない「現実」がそこにあり
だからこそ尊重しなければならないものがある。


これからの話はそれが前提となる。


【個人としてのヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/hypnonationnagaokeiji
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/

伝わる、伝わらない。

今朝、ご友人の方で
このテーマについて
書かれてたことがあり
私なりの気づきを
メモ書きとしてあげておきます。


仮にこちらが
どんな話法、技術を持って
伝えようとしても
伝わらないときがあります。


いやほとんど伝わらない。


それは
チャンネルがあってないと思いましょう。


受け入れる側に
受け入れるための準備がなければ
どんなにしても
伝わらない


そういうことがあります。


そして
その時は
諦め、手離しましょう。


私も最近は
そうするようにしてます。


一時期はつらいでしょうが
新しい視界が入ります。

 

 

新世界へ

新しい人生
新しい成功
新しい自由


新しい世界へ


今、それを
手に入れることができます。


「ネットビジネス大百科2(無料)」
https://bit.ly/2DQzCDV


今から約12年前
1万円という価格で
当時、怪しげなネットビジネス業界を駆逐し
多くの人を
貧困や束縛から救い
累計5万本販売された
音声教材がありました。

「ネットビジネス大百科」
https://bit.ly/2WyLxgS
(上のリンクは過去、私がこの教材を紹介した時のものです)


このブログをお読みの方で
業種を問わず
現在の自分のビジネスが
うまく行ってないと
お悩みの方もいるでしょう。


かつて私もそうでした。


今、私は多くの方のお蔭で
不動産会社の取締役をさせてもらい
収入も多く頂けるようになりました。


しかしながら
わずか4年前は
諸般の事情により
どん底まで堕ちていたのです。


その私を
ビジネス面で教示し
支えてくれた「思想」とも言えるのが
この教材でした。


「ネットビジネス大百科」
と書いているから
「ネットビジネス」のやり方だと
思われるでしょう。


それは確かにそうです。


しかし、この教材のすごかったところは
「リアルビジネス」にも
そのまま使えるところだったのです。


実は「ビジネス」の基本は
ネットでもリアルでも全く変わらない。


・人の悩みを聞き
・悩みを解決する商品を紹介し(あるいは造り)
・その悩みを解決する


ただそれだけなのです。


この昔から言われている
「近江商法」を
現代の環境や、器材に置き換えて
和佐さんと木坂さんが
現代風に解説してくれている、
そうとらえて下さい。


私がしたことは
この「教え」を
実際に生業としている
「不動産業」でやっただけです。


それが今の私の
「ビジネス」の
大根幹になっています。


その「ネットビジネス大百科」が
12年の時を経て
完全リニューアルとして
「ネットビジネス大百科2」として発表されました。


「ネットビジネス大百科2(無料)」
https://bit.ly/2DQzCDV
(クイックして内容を確認してみて下さい)

この音声教材は「無料」です。


「0円」なのです。


何故、無料なのでしょうか?
それは13年前
「ネットビジネス大百科」をリリースしたとき
「リニューアルの必要があった時、
『無料』にする」と宣言されていたからでした。

 


今回のこの教材の目指すところは
「むこう10年未来を生き抜くビジネスのあり方」を
教えてくれることです。


ここ数年
人工知能(AI)や
IOTなどの
新産業とも言える分野の成長は著しく
またもっと激しく加速するでしょう。

 


私たちは
今のままでは
確実に「食えなく」なります。


特に私のような「士業」の人間は
壊滅的打撃を受けます。


そういう時代に
「皆を仲間にして」いきながら
成長してくビジネスモデルを
この教材は示唆してくれます。


「ネットビジネス大百科2 https://bit.ly/2DQzCDV(無料)」は
12時間にも及ぶ「動画教材」で
新世界の向こうの「超」世界を指さしてくれます。


また同時に
「和佐・木坂サロン」として
仲間が集う、オンライン上の「サロン」が用意されており
ここでこの教材を
「皆の知恵」でさらなる進化をさせようと試みてます。


こちらは「21日間無料」です。


今後、10年間を
今から真剣に見据え
「生きて」、新しい世界のその先に行くため
ぜひこの教材で勉強してみて下さい。


「ネットビジネス大百科2」
https://bit.ly/2DQzCDV
(こちらをクイックすれば申し込み出来ます)

 

プライバシーのない世界へ

防犯・監視カメラの世界下で。


AI(人工知能)の進化により
防犯・監視カメラの機能向上が
めざましい。

個人の持ち物
個人の通行時間
ほぼ個人を特定して
観察・記録が可能となった。


スマホを持っていて
位置機能を活用すると
自分の行動が全て分かる。


ということは
そのデータは
すべて蓄積され
管理されるということだ。


これからの私たちは
プライバシー
プライベートとは
無縁の世界に突入するだろう。


これを自由の侵害と見るか
公平な世界の到来と見るか
それは人それぞれだ。


ただプライベート
プライバシーがない世界で
私たちの意識というのが
どのように変化するか?


実は私はかなり期待している。


【過去のヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100026307182758
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/