ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

《「選択」からの「解放」》

文字の発明は
人の脳内にあった記憶を
外部に記録させることを可能にし
それが脳内に「余裕」を生み出すことに
成功したのが、前回の記事です


では
数年後に起きるであろう
AI(人工知能)やスーパーコンピューターによる
第二の「社会的特異点(シンギュラリティ)」は
私たちにどんな余裕を生み出すでしょう?

これは現時点では
私見ですが
過去のデータに基づく
「選択」からの解放だと
私は見てます


「選択」からの解放とはなんでしょう?
多分これは誰もまだ言及していないはずですから
ここでお話しますね


私たちは未来において
どの方向に進むかは
過去の脳内の記憶にある
「経験」から選択します


例えば
今晩、おごってあげるから
何食べても良いよ
と言われたとしましょう


その時あなたは
何を選択するでしょう?


寿司でしょうか?
ステーキでしょうか?
中華でしょうか?


何でも良いと言われたら
恐らくあなたの脳内は
今までで一番おいしかったもの
そして普段食べれないものについて
一所懸命思い出そうとし
それを選択するでしょう


しかし、その過程で悩みます


ここで
仮にAIに自分の記憶が全部あるとして
AIに尋ねたとします


AIの返答は
「長尾さんは寿司です
何故なら・・・・」と
合理的な回答を瞬時に出す可能性が高い


そして寿司を選択する
そういう意味です


ちょっとたとえが極端ですが
悩むということは
根拠が欲しい場面でもあるんですね


これは
病気や
人生の進路などについても
選択に悩む時間が
圧倒的に短縮される
そういう時代が
もうすぐ来るとみてるのです


文字の発明が
外部記録という
画期的なものだとしたら
AIなどによる
今回のシンギュラリティは
選択の迅速化という
効果を生み出すと見てます


こういうと
良いことばかりのように見えますが
実はそうではありません(笑)


それは次回に。

 

 


参考
私が一番愛する音声教材です
この教材が私の「知識」のスタートです
金山 慶允さん
セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、
【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
https://ism-asp.com/order/af?ai=6dp1t8xkuok6n5kbc452k9mx

 

 

f:id:hypnonation:20170624233722j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

文字の発明は人を堕落させたのか?~シンギュラリティに向けて


昨夜の続きとなります

紀元前に発明された
「文字」

文字の発明は
今、話題になっている
AI(人工知能)や
スーパーコンピューターの進化によっておこる
「シンギュラリティ」に匹敵する現象でした

人の脳の中にあった
「記憶」を
外部媒体に「記録」させる

今となっては
当たり前のことですが
それは衝撃的事実だったのです

その結果「人」はどうなったでしょう?


参考記事
紀元前に起きたシンギュラリティからの「温故知新」:能楽師・安田登が世界最古のシュメール神話を上演するわけ
http://wired.jp/2017/06/10/yasuda-inanna

(一部引用)

安田 孔子の言行録である『論語』のなかで最も重要なテーマは「仁」です。しかし、実は、孔子は「自分ですら、『仁』に至っていない」というようなことを述べていました。そもそも、当時まだ「仁」という漢字がないのです。

酒井雄二(以下、酒井) すっかり、孔子は仁を体現している人なのだと思い込んでいました。

安田 孔子はもう少し先の人間を想像していたのではないでしょうか。『論語』は「ひとはそろそろ、いまの人間を超える新たな存在になるべきではないか」と提案しているように読める。そして孔子は、「人」と「二」から成る「仁」という新たな人間像を創出したのではないか、なんて話をしたら、ドミニクさんが言うんですよ。

ドミニク それはまるで「Human2.0」じゃないか、と。

一同 (笑)

ドミニク まさに「人」と「二」という漢字の組み合わせなので。

酒井 字面から。

ドミニク 字面もそうですが、仁についての孔子の説明を聞いていると、それを聞いて真っ先に思い浮かんだのがニーチェの「超人」の概念なんです。「人間のヴァージョンアップ」という意味と近しいことが言われている。

酒井 時代も地域も異なる孔子ニーチェが、人間のさらなる進化について考えていた、というのは興味深いですね。
(引用以上)


長々と引用させて頂き申し訳ありません

ここにとても
大切なヒントが書かれていたからです


(再引用)
論語』は「ひとはそろそろ、いまの人間を超える新たな存在になるべきではないか」と提案している
(引用以上)

AIやスーパーコンピューターの進化により
現在の人がなすべきことの多くが
「しなくても」良い状態が生まれます


そうなると
「脳」に余裕が出来る

もちろん「脳」が鍛えられなくなるから
「ばか」になるんじゃないかとの不安もあるでしょう


現に文字が発明された時
古代エジプトでは
文字使用の危険性について
真剣に議論されていたようです


参考記事
古代人「文字を使うとバカになる」 ~新興メディア叩き in 古代ギリシア
http://trushnote.exblog.jp/14087619/
(一部引用)
人々がこの文字というものを学ぶと、
記憶力の訓練がなおざりにされるため、
その人達の魂の中には、
忘れっぽい性質が植え付けられることだろうから。
しかし私たちは
この先例に習うことが出来るのです
(引用以上)


「文字」の発明前の人の「記憶力」は
相当であったと言われます


しかしその結果はどうでしょう?


人は
それぞれ
個人個人の脳の中にあった
「記憶」を
外部に出すことで
創造性が画期的に増したと言えませんでしょうか?


そしてさらに
外部に出すことで
個人個人の「記憶」を
さらに他の個人個人が
「共有」でき
もっと言えば「活用」することができるようになった


これは「シェア」という概念です


このシェアは
「情報」の共有を
よりスムーズなものにしたのです


その結果
当時孔子などが真面目に考えたのが
「礼」であり
そして
「仁」であったわけです


古代エジプトでも真剣に議論されたとおり
文字を使うと人は堕落するかもしれない


しかしそこに着目するのではなく
人として次の存在になることを目指す


私は
AIなどの進化は
人間の在り方のさらなる進化を促す
特異点」とみています

 

参考
私が一番愛する音声教材です
この教材が私の「知識」のスタートです
金山 慶允さん
セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、
【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
https://ism-asp.com/order/af?ai=6dp1t8xkuok6n5kbc452k9mx

 

 

f:id:hypnonation:20170622093209j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

人類は過去にもシンギュラリティを経験している

人工知能
スーパーコンピューター
そして医療科学の進歩

あと数年で
私たちは技術的にも
そして社会的にも
変化の波にさらされます


この時、私たちはどう対応すればよいか?

実は人類は
過去に々ような特異点に遭遇したことがあるのです


参考記事
紀元前に起きたシンギュラリティからの「温故知新」:能楽師・安田登が世界最古のシュメール神話を上演するわけ
http://wired.jp/2017/06/10/yasuda-inanna/

「文字の発明」

いま、私たちは
当たり前のように
「文字」を利用
あるいは使用してます


しかし
この「文字」が出来た意味は
私たちが考える以上に
とてつもない変化を
私たちにもたらしたのです


私たちの脳内にある「記憶」を
外に抽出し
「記録」する

文字が発明されるまでは
全て脳内にあったものを
または
脳内でしか「記録」出来ないものを
外部に移すということが出来なかったのです


これが脳内にどれだけの影響を与えたでしょう?


結論から言えば
脳は楽になったのです


色々と「記憶」しなくてよくなった


脳に隙間が出来たともいえるかも知れません


そして
そこに「遊び」が出来るのです


次回から
このことについて
もう少し深く考察して行きましょう

 

参考
私が一番愛する音声教材です
この教材が私の「知識」のスタートです
金山 慶允さん
セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、
【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
https://ism-asp.com/order/af?ai=6dp1t8xkuok6n5kbc452k9mx

 

 

f:id:hypnonation:20170621233216j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

死ぬことが出来ない時代

f:id:hypnonation:20170620232305j:plain

3Dプリンターってご存知ですよね?
その3Dプリンターで
現在、人の臓器が造れるようになりました


参考記事
3D プリンター臓器の実現が、心臓の鼓動が感じられる距離にまで接近
https://redshift.autodesk.jp/3d-printed-organs-bioficial-heart/

心臓ですら造れる時代です

もはや
癌などは存在しなくなる可能性が高い


そういう時代はどうなるか?


私たちは死ねない可能性が出てきます


もし人間の意識から
「死」というものがなくなれば
潜在意識そのものが
どうなるか?

ちょっと興味ないですか?(笑)

参考
私が一番愛する音声教材です
この教材が私の「知識」のスタートです
金山 慶允さん
セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、
【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
https://ism-asp.com/order/af?ai=6dp1t8xkuok6n5kbc452k9mx

 

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

衣食住+「情報」

人間が人間らしく生活して行くために
「衣食住」が必要なのは
自明の理です。


着るもの
食べるもの
住むところ


そして
これからの時代
「情報」が
これに追加されると
確信を持ってます


衣食住もそうですが
私たちは
自分の「好み」
あるいは「嗜好」
もっと言えば
無意識下の「癖」により
衣食住を選択してます


顕在意識や
個人的無意識の領域にある
「氣づかざる」癖の部分で
私たちは選択をしつつ
今の現実を作り上げているのです


それは
全て自分の内にある
「情報」が
「心」を造り
それが選択しているとも言えます


衣食住はそれ以外に
あなたや私が現状置かれている
「経済状態」にも
大きく左右されます


豪華なごはんを食べたいけど
お金がないから食べれないとか
良い服を着たいけど
お金がないから買えないとか
良い家に住みたいけど
お金がないから住めないとか


すべてはお金ですよね(笑)


しかし
情報は
自分のリテラシー
整えることにより
お金がなくても
良い情報を手に入れる
「可能性」があるのです


それを可能にしたのが
インターネットであり
かつ
スマートフォンです


経済的な束縛の枠組みを
超えて入手できるもの
それが
「情報」なのです


そしてその情報こそが
私やあなたの
「心」を形作るのです


瞑想などは
その「情報」入手に際して
より自分に適したものを入手するための
「手段」なのです


参考
私が一番愛する音声教材です
この教材が私の「知識」のスタートです
金山 慶允さん
セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、
【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
https://ism-asp.com/order/af?ai=6dp1t8xkuok6n5kbc452k9mx

f:id:hypnonation:20170619233931j:plain

 

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

自分が何者であるかを明確にする

《自分が何者であるかを明確にする》

 

私たちが住む世界は
これからもっと多くの情報が
私たちに押し寄せてきます


これはとても素敵なことです


「選択肢」が増えるからですね


では膨大な情報量の中から
自分自身
私自身
あなた自身にとって
一番有用な情報を採り出すにはどうしたらよいでしょう?


結論から書くと
「自分が何者であるか?」
「それを明確にする」


これが
膨大な情報から
自分のための情報を取り寄せ
且つ
自分にとって汚染されるであろう情報から
身を守るための
「前提必須」条件です


自分とは何か?


特に哲学的
宗教的に
自らを問う作業を
推奨しているのではないですよ(笑)


もっと簡単にすれば
自分は何が好きなのか?


それについて
ご自分でお氣付きでしょうか?


・本が好き
・ゴルフが好き
・エッチが好き笑い
・旅行が好き
・仕事が好き
などなどなど


それを
あくまで現時点で構いません


明確にしていきましょう


それが現在の自分を創っている
「心」であり「情報」です


それを再検証する作業が次にあります

 


昨日こう書きました
(一部抜粋)
・瞑想
・直観
・直感
を学んでいくのです
(抜粋以上)


中々核心に近づかなくて
申し訳ないですが
己を知ることは
膨大な情報の取捨選択をする
大切なフィルターであると
お考え下さい


そのフィルターは
完全に自由であり
束縛がなく
いつでも切り替えられものであるのが望ましい


私はそう考えてます

 

ま、難しい話は抜きにして
まず自分は何者か?
それは突き詰めれば
「自分は何で出来ているのか?」


そこを見つめましょう


それの理由は
次から述べて行きます

 

 

参考
私が一番愛する音声教材です
この教材が私の「知識」のスタートです
金山 慶允さん
セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、
【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
https://ism-asp.com/order/af?ai=6dp1t8xkuok6n5kbc452k9mx

f:id:hypnonation:20170618093830j:plain

 

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

情報強者に生まれ変わる

人生を自由に謳歌出来る
思い通りに謳歌出来る

あるいは
人生を全く不自由なものにする
あるいは
牢獄のような環境にする


私たちをとりまく
環境は
いま、どちらも選べる時代
あるいは世界に入ってきました

 

私たちの「心」
あるいは「意識」は
「情報」から出来ています


先月からの私の記事で一貫していること
それは
情報の強者になることです


参考記事
情強
http://dic.pixiv.net/a/%E6%83%85%E5%BC%B7
(一部引用)
情強とは情報強者の略であり情報弱者(情弱)の対義語である。
情報通信技術のインフラストラクチャを充分活用出来、
質や量、速度的に優れた情報を得られる人、
それらを利用出来る高いネットリテラシーを持つ人のことである。
つまりはデジタルデバイドにおいて優位な立場にいる者のことを指す。
(引用以上)

<「デジタルデバイド」において
優位な立場に立つ>

 

これはコンピューターなどを
使いこなすという意味ではありません

 

それらの利用は
どんどん簡単なものになっていく
そう見てます


今年で10年になりますが
iphoneから始まった
携帯電話の変化は
見た目の美しさと
機能の簡易さです


機械やアプリケーションなどは
所詮慣れれば
誰でも使いこなせることが可能なのです


それよりも
大切なこと

それは
私たちの前に訪れ
増加する一方の情報を
取捨選択するか
これだけです


技術革新の波とともに
数年後は
もっと
もっと情報が
私たちを取り巻くでしょう


自分にとって
有益な情報
自分にとって
有用な情報


私たちの「心」「意識」は
その情報を「食べながら」成長していきます


人間に必要なものは
今までは
衣食住でした


しかしこれからは
これに「情報」を
付け加えなければなりません


自分に有益な情報を取り寄せるため
・瞑想
・直観
・直感
を学んでいくのです


それの理由は
次から述べて行きます

参考
私が一番愛する音声教材です
この教材が私の「知識」のスタートです
金山 慶允さん
セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、
【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
https://ism-asp.com/order/af?ai=6dp1t8xkuok6n5kbc452k9mx

 

f:id:hypnonation:20170617184302j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com