ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

自分を自分で認めなきゃ、始まらない

何故、「選択」を誤るのか?
何故、「思い通り」にいかないか?
何故、「不幸」と思うのか?


いきなりですが
全て自己愛が足らないから
なんだかそんな氣がしてきました(笑)


自己愛
自己承認
セルフイメージ


言い方はいろいろあるんですが
結局は
「自分自身」が
「そうすること」を
「許しているか」いなかです


自己許容が低い(私など)人間は
外部からいくら
大きな恵みがあったとしても
「受け取れる」量や数が
少ないんです


何故でしょう?


自分はそれに値しない
自分はもらえる価値はない
自分は小さい
などなど


このような理由を
後だしで付けて
「受け入れ拒否」をしているからです


これ
私自身
とても痛感してます


あまり後悔のない男ですが(笑)
この件だけは後悔&反省してます


自己許容が低い原因は
恐らくその「育てられ」方でしょうが
エエ年になって
いつまでも「親」のせいにしたって
幸せにはなれないんですよ


自分を「よしよし」する(笑)


どれだけ選択肢が増えようが
物質化がうまくなろうが
成功法則を覚えようが
自己に受け入れる準備がなければ
大したものは受け取れない


全ては
まず
まず
自分を愛するところから始めましょう

www.facebook.com/tonynguyenstudio

f:id:hypnonation:20170313173602j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

全ては「選択」の結果

昨日、久々に
藤原理恵さんのセミナーにお邪魔して
色々なことが氣づけました


質問の時間の時
多くの方が
理恵さんに質問されてた
というか相談されてたんですね


それを「傍観者」として
聞いていたら
その悩みは全て
「自分自身」の「選択」の「結果」だな
としみじみ思えたんです


これは決して
質問者を貶める話じゃないですよ
念のため


皆の質問や相談を
「傍観者」として聞いていると
それは見えるんです


私、わざわざ「傍観者」って
「」付で書いてますでしょ?


他人のことはわかるけど
自分がどう「選択」しているか
これは意外に分からないということ
これを強調したいんですよ(笑)


他人の質問や
悩みを聞いていると
「なるべくしてなっている」
「それを『自ら選択して』いる」
の一言に尽きるんです


そしてそれは
私自身にも言える


全て
毎分毎秒
自分が選択している「結果」が
今ここにあるんですね


それが「現実」なんです


全ての現実は
全て「自己責任」であると
今は本当に痛感します


日々の思考
その結果の
日々の行動


そしてその「結果」


私たちは
毎分
毎秒
ほぼ無意識で
何かを「決断」して
「選択」しています


その結果が
今の自分自身なんです


自分自身のことになると
ついつい言い訳をしてしまう(苦笑)


それは私も同じ(笑)


逆に言えば
日々の無意識の選択を
注意深く観察する


「傍観者」とは
自分自身への
「傍観」にも
応用できるのです


人生を好転させたいなら
自分自身が
自分自身への
「傍観者」になるか
他人の批評を
「謙虚」に聞くしかない


そう思います。

Georgie Pauwels

f:id:hypnonation:20170312224642j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

潜在意識で人生をドラマティックに変える

今日は京都にて藤原理恵さんの
「人生をドラマティックに好転させてきた藤原理恵の「潜在意識で夢をサクッと叶える」女帝学プレセミナー」
が開催されました

 

大勢の方の参加で

大盛況!

 

ご存じの方も多いですが
藤原理恵さんは
「潜在意識」のプロであり
ヒプノセラピストの第一人者です

 

自慢ですが
私がヒプノセラピーに師事したのは
藤原理恵さんです(エッヘン(笑))

 

参考記事
美の伝道師~藤原理恵のブログ
http://ameblo.jp/beauty-evangelist/

ameblo.jp

藤原理恵さんフェイスブック
https://www.facebook.com/beauty.beauty.evangelist

 


「思い込み」
「決めつけ」
「執着」
「(例・悲劇のヒロイン)ごっこ」など
私たちの顕在意識と「個人的無意識」は
現実をゆがめる様々なフィルターがあります

 


今日のセミナーにおいて
圧巻だったのは
「受け入れ拒否」
「受け取り下手」

 


何故「貧乏」なのか

 


その答えは
ほぼここに集約されているとも
言えますね(苦笑)

 


藤原理恵さんは
そういう
フィルター
あるいはリミッターを
簡単に覆し
本当の世界を見せてくれます

 


4月から新しい講座も始まるとのこと


ますますの
ステージアップにワクワクします

f:id:hypnonation:20170311231639j:plain

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

引き寄せるために

昨夜の記事にて
フェイスブックの方の
コメントで氣づかせてくれることありました


参考記事
思い切り「泣く」
http://hypnonation.hatenablog.com/entry/2017/03/10/000034

hypnonation.hatenablog.com


フェイスブック
https://www.facebook.com/keiji.nagao.10/posts/1132973163477879?pnref=story

www.facebook.com


コメントをくれたのは
一柳ゆみさんです


一柳ゆみさんのブログ
「いっち♪♪の自分らしく活かして生きる‼️」
http://ameblo.jp/yumisanganba/

ameblo.jp


彼女はいくどか紹介してますが
壮烈な人生を歩んでられます


その彼女のコメントが振るってる
(以下転載)
 「執着しない」なのですね。
わたしも、↑コレなのかな⁇
「泣いていいんだ」って自分で赦して、降参したら
「泣けるよな出来事」が、無くなった(笑)
(転載以上)


このコメントを見て再認識したんですが
引寄せの究極は
「手離したモノを引き寄せる」ってことです


これは
カズナリタケダさんも
別の切り口で
よく解説されてます


引寄せを最大限に活かすのは
その人の「満足度」でもあると言えるんです


私の昔からの本心は
50歳までに死にたいな
ってやつです(笑)
(今年50歳ですが)


でも(悲しいかな(笑))
長生きしてしまいそうです


「生」に執着していないってことは
「生」を既に満喫、あるいは満足してるんですね


よく言うでしょ?
「死にたい、死にたいという奴に限って
長生きする」って


あれ、本当ですよ


昨日の記事でも
執着しないのが「コツ」と書いてますが
執着しないもの≒手放したもの
それが引寄せてくる


心の中で満たされているから
それが「物質化」するからです。

Sigma.DP2.Kiss.X3

f:id:hypnonation:20170310223507j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

思い切り「泣く」

昨日の記事で
鬼とは「靈(れい)」のことであり
「靈(れい)」とは
物理学的な意味での
素粒子」であろうと書きました


量子力学の世界では
「意識」そのものが
「時間」と「位置」を
確定すると言います


私たちが何を意識するか


それが現実化する訳です


この意識の中に
「感情」というものがあります


私の自説なんで
こっから先は
眉唾と思って読んでください(笑)


私は感情は
「嬉しい」と
「悲しい」しかないと考えてます


「え?怒るとか喜ぶってあるじゃん」と
言われそうですよね?


「怒る」
「喜ぶ」は
厳密には感情ではない


これらは
「動詞」であり
「行動」なんです


「怒る」前に悲しさがあり
「喜ぶ」前に嬉しさという
感情があります


喜ぶという行動の前に
「嬉しさ」がある

「嬉しさ」を我慢する人は
少ないと勝手に思ってます


ま、人前で喜びを
爆発させない程度の
「我慢」です


でもね


「悲しさ」を我慢している人
かなり多いと
私は思ってます


人前で泣く人は
そう多くはないでしょう


これは
人前で泣くことが
「恥ずかしい」
そしてそのことが
「自分の位置」を
貶めると考えるからです


いや、正直に書けば
人前で泣くと
社会的に評価は
恐らく落ちます(苦笑)


それは
多くの方々にとって
「怖い」ことなんですね


私だって
人前では泣けませんよ(笑)


でも
一人の時
悲しい時
思いっきり悲しんで
そして
「泣いて」良いんです


その感情に
蓋をしない方が良い


「悲しさ」に
心の焦点を当てると
確かに
「悲しみ」の場所と時間が確定する


しかし
それを我慢していると
「嘘」の場所と時間が確定する


私はいま、こう考えてます


「嘘」の全てが悪いとは
言い切りませんが
本当の自分と
造られた自分との乖離を生み
どんどん「自分」が分からなくなる時点で
「嘘」は自分にとっての「罪」だと思うからです


「泣きたい時は泣けばよい」


そしてそこに「執着しない」


それが「コツ」です

David Photo Studio

f:id:hypnonation:20170310000023j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

「鬼」になる

アメブロの方の活用について
しばらく考えてまして
今は、このはてなブログの記事を
3か月遅れで配信してます


で、過去記事を見直してたんですね


その中でこんなのがあります
参考記事
「魂」を考察する
http://hypnonation.hatenablog.com/entry/2016/11/30/193000

 

hypnonation.hatenablog.com

 


(一部抜粋)
同じように考えると
この文字も
「鬼」が「云う」です。


昨夜も書いたとおり
本来の「鬼」の意味は
「死霊」のことで
これが元々の「幽霊」の意味を指します
(抜粋以上)


鬼が云う


それが「魂」


そしてその「鬼」とは
本来は「(幽)霊」であると

 

ここで
私の記事でいう
「鬼」とは
まさに「靈(れい)」なのです


そしてこの時は氣づかなかったんですが
この「靈(れい)」とは
素粒子そのもの
私たちを構成する
超微粒の「粒子」そのものだと
考えてます


bleachという漫画が
以前ジャンプであったんですが
あそこで言う
「霊圧」とか
今みたらうまいこと使ってんな・・・と(笑)


「鬼」になる


それは
そもそも私たちを構成してる
素粒子」の別称ともいえる
「靈(れい)」になる
「靈(れい)」を意識するということです


だから
アメブロの方の題名変えました(笑)


「和みと鬼と月の日々 ~ Hypnonation」って(笑)

 

ま、自分の好きな単語並べただけですが(苦笑)

keulefm

f:id:hypnonation:20170308192937j:plain

 


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

傲慢に生きてませんか?

昨日の記事で
会社・組織には守られている
ブラックでない企業は
恐らくないでしょうと書いたら
フェイスブックの方で反響が多かった(笑)

 

「悟り」とか「覚醒」って
別に特別なことではないんです


今まで氣付けなかった
「当たり前」のことを
「有り難し」と氣づくこと
これが「悟り」なんです


この日本という国は
恐らく史上まれにみる
「豊かさ」を持った国だと
私は考えてます


なぜ「豊か」だと思うのでしょう?


この国では
選ばなければ
「食いはぐれる」ことは
現時点ではないからです


多くの貧困が
今言われてますが
選り好みしてませんか?


労働条件にしても
待遇面にしても


行ったことはないので
確証はしませんが
1つとなりの「北朝鮮」で
私たちが今と同じ
「待遇」「環境」が
手に入ると思うでしょうか?


例えが悪いかもですが
別の国において
これだけの「待遇」がある国が
あるかどうか?


私たちが上けている豊かさは
私たちに大きな恵みを
与えてくれてるんです


それを無視して
良い条件ばかりを探していくのは
あまりにも「自己主義」で且つ
ユートピア」思考ではないかと
考えてます


これは「傲慢」だと
遠慮なく言い切りましょう。

 

昨夜も書いたとおり
私は現在「フリーランス」です


条件面は
雇われている方より
はるかに「悪い」でしょう(笑)


でもこれは
あくまでも「比較」ですからねぇ。


今、私が「お金」に困ったとき
助けてくれる「仲間」がいます


確かに条件は悪いけど
境遇には恵まれている


「自分は恵まれてる」

そう思えるだけでも
そう氣づくだけでも
それは一つの「悟り」なんです

Connor Tarter

f:id:hypnonation:20170307224402j:plain

 

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com