ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「超攻撃型スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

「可能性」は予想の外からやってくる

とても嬉しいことがあったのと
昨日の記事が好評だったので
久々の連投です


昨夜の記事で
「世界が、自分を通して、世界を見ている」
と書きました。


私たちは
まぎれもなく
物質であり、エネルギーであり
粒子です


「世界」を構築する「全体」の中の「一部」です


私たちが「自分」として認識している「我」の周りには
私たちの想像や経験をはるかに超えた「情報」がただよっているのです


今、こうして認識している「状態」の
その外(そと)にも「認識」しきれない「世界」が
現実に存在しているのです

 


可能性とは
そこにあると私は確信しています


一人の人間が感じれる
(あるいは受け取れる)
周波数以外にも
多くの周波数(波動)が
この世界には本来満ち溢れている


普段は氣付けない
その「波」がふと感じる時がある


認識出来ていなかった「波動」ですから
体験するのは
それは相当に「恐ろしい」ものでしょう


しかし、それは認識できてなかっただけで
「元」からあったものなのです


私たちが(個として)
いようがいまいが
当たり前のように「世界」は存在している


自分が認識できなかった「波」を
感じ、つかみ、そして受け入れる


そうすると
「世界(①)が、自分(②)を通して、世界(①)を見ている」
その中の自分(②)が
変質します


変わるのです


本来の「世界」のあり方を「認識」できれば
自分(②)が変わります


自分が変わる可能性が
予想の外からやってくる
それはこういう意味です

 


自我(エゴ)を持つ「人」としては
とても恐ろしいことですが
この「恐ろしい」ことを
受け入れ、同調される「人」を
私は「応援」し、「協力」を惜しみません。


Zorro4

f:id:hypnonation:20180515233901j:plain

 


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

世界が、自分を通して、世界を見てる

ありのままに生きる


この言葉、よく聞きます
ではありのままの自分って
どのようなものでしょうか?


これは昨夜
ボディセラピストの筒井いづみさんと話してて
その時はうまく具現化できなかったのですが
今はこう思ってます

ご紹介
筒井いづみさん
●心と身体を繋ぐアロマトリートメント あなたの本質に気付く旅
https://ameblo.jp/izumi-hhs/


「世界が、自分を通して、世界を見てる」


ありのままの自分は
二つあります


今、ここに何十年という生を受けた
自分自身・・・・①


何十年の経験と
知識と蓄えた存在としての
自分


そしてもう一つが
自分を形成しているあろう
物質やエネルギーを
全て含めたもっと大きなもの・・・・②

 


「世界(②)が、自分(①)を通して、世界(②)を見ている」


もっとわかりにくくなったかな?(笑)


私がよく使う言葉でいうと
自分(①)が自我(エゴ)であり
世界(②)が真我ととらえてもらっても構いません


ただ、今までと少し違うのは
世界(②)が真我として定義すると
何か「意思」を持っているようにとらえられますが
実はそうではない


世界(②)は
ただそれとして存在しているだけ


そこには
意味も解釈もない
ただ「起こっている」だけ
そんな感覚の自分自身です

 


「ありのままの自分」を
どうとらえるかは人それぞれですが
私は世界(②)の方に意識を向けると
とても「楽」なんじゃないかな?と
思ったりしてます。


この理解に導いてくれた
いづみさんに感謝です。


FelixMittermeier

 

f:id:hypnonation:20180514205635j:plain

 

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

おそうじと周波数の因果関係

全ての物質は
素粒子から成立しているのは
皆様もご存知のとおりです


小さな小さな「粒(つぶ)」の
振動により
その振動の仕方により
この世界には多くの物質があります

 


全ての物質が「周波数」を持つとして
今、自分のお部屋を
見渡してみましょう?


どうでしょうか?


お部屋が片付いている家は
「運」が舞い込むとか
お金持ちになるとか
そういう話、聞きます


これはあながち
嘘ではなさそうです


片付いていない部屋
物があふれた部屋


そこには
多くの周波数があり
そして
「振動」があることになる


異なる振動が
多ければ多いほど
その部屋はどのようになるでしょう?


にごり、うるさいのです


掃除をする
あるいは
断捨離をする意味


それは
異なる振動どおしが
繰り広げる
「ノイズ」をとることです


「ノイズ(騒音)」をのぞき
「秩序」ある状態に「戻す」


それは部屋だけでなく
私たちの「脳」内にも
同じことが言えるのです

 

 

#波動 #周波数 #素粒子 #ノイズ #断捨離

geralt 

f:id:hypnonation:20180510231719j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

すべて、波

この世の
ありとあらゆるもの


それは全て
「波」で出来ている
そう考えてます


最小粒子の
波(動)の組み合わせ


それが「縁起」と
呼ばれるものでしょう


一時期
1/fゆらぎ
というものが流行しましたが
あれも「波」の一つ


私たちの体や
その他の全てのもの
思考すらも
最小粒子の波の組み合わせです

 


宗教、祈り、哲学
科学、そして言葉と
巡り歩いてみると
この世を構成しているものは
本当に「単純」なことなのでしょう


こう感じたのは
よく見かける
「命は尊いもの」という
標語にとても違和感を抱くからです


「命」を失うのは
とても辛く悲しいことですが
それは「人」の感情のことであり
実は私たちそのものも
ただここに「あるだけ」なのです


ないがしろにすることもないですが
必要以上に「尊い」と崇拝するのも
これまた「自我(エゴ)」の罠かも知れません

 


私たちを含めた
全てのものは
ただ「波」が織りなす
文様のようなものです

 

Anyt_Havaub  

f:id:hypnonation:20180509235754j:plain



yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

天国言葉の「波動」

言葉というものは
これは疑いなく
「波動」です


「振動」とも言えます


空気(大気)を
ふるわせて「伝える」事が出来ます


参考になる記事を
ご紹介します


STRESS FREE NAVI
●言葉の力は強大!発する音の振動と周波数が細胞を同調させている!
http://any-stress.com/archives/6778


心地よいと感じる「周波数」の言葉を発すれば
その「波動」に同調して
他のもの
それは
大気も
人も、伝わるもの全てに
同じ「波」を与えます


以前に書いたことがありますが
斎藤一人さんが唱える
「天国言葉」とは
このことを指しているのでしょう


私たちが発する
「言葉」
のみならず
「香り」
「雰囲気」ですら
波動として伝わるならば
「似た」者は「似た者」を
集めるのはうなずける話です


ThePixelman

f:id:hypnonation:20180508231714j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

「ありがとう」の周波数

「ありがとう」が持つ周波数は
どんなもので
どのような効果が期待できるでしょう?


一節によると
633.6Hzだそうです


参考
「SPITUAL MPTHERS」
●ありがとう。の周波数633.6Hz
http://spiritual-mothers.com/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%80%82%E3%81%AE%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0633-6hz/


先日ご紹介した
ソルフェジオ周波数の癒し効果と
照らし合わせると


「639 Hz・・・人間関系の修復」

の位置に近いですから
かなり有効な効果があるのでしょう


今、学校の道徳教育などで
利用されてるものに
水からの伝言
というものがあるそうです


参考(WIKIより)
水からの伝言
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%A8%80


この内容は
「水」に対し
よいと思われる言葉
「ありがとう」「平和」などを
投げかけると
美しい結晶を作り
逆に悪い言葉
「嫌い」「戦争」などを
投げかけると
汚い結晶を作るというものです


この件については
水からの伝言」について
反論する文献の方が
中々的を得ていてためになるので
参考を掲示します


参考
水からの伝言を信じないでください」田崎清明さん
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fs/


私は周波数が
物質に与える影響はあると見てます

ただし、
ありがとう、平和を良いものとし
嫌い、戦争を悪いものとする
二元論的な判断は
人の「勝手」な判断ですので
それについてはどうでもよいかな?というのが
本音です


ここは物理として心理を見ていきたいと
考えてます


「ありがとう」という言葉の周波数が
「人間関係の修復」に役立つ周波数ならば
「人間関係の修復」を求める人々が
「意識」して使えばよいし
それで求める効果が出るなら
素敵なことだと思ってます。


量子力学の世界では
人が「意識」したときに
波動となっていたものが
粒子(物質)となると説かれてます


私はこれは「周波数」との関係があると
現在考えております


水からの伝言」の批評でもありますが
「水」が人語を解するというものではなく
(そんな都合の良い話は自然界にはない)
与え、
受け取る
周波数(波)が
私たちの身体や心
そして相手にどういう影響をもたらすか

 

「ありがとう」

その言葉が望む現実を「物質化」するなら
それだけでよいと考えてます

Pexels

f:id:hypnonation:20180506130501j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com

日本語で褒める

先日書いた
日本語が持つ周波数については
多くの賛同を頂き有難うございます


日本語の持つ周波数は
「癒し」「治癒」の要素w
多分に持っているようです


私は思うのですが
せっかくこのような
素晴らしい周波数を持つ言語を使う
国民であるから
それをもっと「褒め言葉」に
使えばよろしいのではないか?と


特に育児においては
それを強く感じます


この記事をお読みの方は
私とそう年齢は変わらない世代が多いだろうと
認識しております


全員とは言いませんが
この世代って
親に相談ってしにくくはありませんか?


それは親が一々「否定」するからですね


私にもこれはあります


親は心配して言ってるのは
今はよく分かるのですが
この「心配」がとても余計なことです


自分の不安を
「わが子」のためにという
すり替えで
「わが子」に投影しているだけなのです


で、これを自分の「子」に
していないでしょうか?


受け入れ
容認するのは
これまたなかなか難しいのでしょうが
「わが子」には
出来るだけ「余計な心配」はせず
「成功」したなら
この素敵な周波数を持つ「言葉」で
「褒める」


それだけでよいと思ってます。

elfpreschool

f:id:hypnonation:20180504231039j:plain

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com