「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

ヒプノセラピー

超人類 ~ 故・ホーキング博士の遺作より

かの故・ホーキング博士の遺作が出るらしい (参考記事)Newsweek故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕生に懸念:遺作エッセイが出版https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/10/post-11141.php 私は買う気はないがだいたい内容は分か…

死と悟りの類似点

死ぬ時と悟りを得て覚醒した時の脳内の動きが同じだという科学の結果があるそうだ 厳密に言えば同じ「快楽ホルモン」が出る 認知科学者・苫米地英人氏の言葉より引用 「死を察知した脳はドーパミンやβエンドルフィン、セロトニンらの脳内伝達物質を多量に出…

「死を知る」

「美」について考えた時私は「死」を意識する これは私の見方だが現代日本では「死」があまりにも遠ざけられているのではなかろうか? そもそも「死」を予め「意識」できるのは「人」だけであるという意見がある 参考記事「受動意識仮説」を使って考えてみた…

「「死」」

今日Instagramでアップした夕焼けの写真が評判がよかったので「美」について考えてみた これは私見だが私たちが「美しい」と感じるものには「生」と「死」を微妙なバランスで整えている 「死」は物理的な「死」もあれば精神的な「死」もある 先日書いた「悟…

簡単な「悟り」の意味

覚醒、悟りと呼ばれるものはそれが起こる理由をよくよく考えてみれば意外に簡単なことに氣づく 私を例にして書くと1967年にこの世に生を受け2018年現在、苦しみにもがいているとしよう この間、51年間 この51年間に私自身が体験したこと記憶したこと自分自身…

AI(人工知能)と恋愛事情が教えること

新技術は恋愛事情も変化させていくようだ AI(人工知能)の進化によりいわゆる「出会い系サイトやアプリ」というもののあり方も大きく変わっているらしい 元々欧米では現在男女の出会いの33%がこういうサイトからだという 参考記事進化する出会い系アプリ!…

【体と心の痛みから「解放」する】

60分で肩こり、冷え症や痛みが消える楽になる、そんな「術」があります 痛みが消えると心も明るく軽やかになりますそして体も軽くなる 女性の悩みの多くは・肩こり・冷え症・頭痛・ダイエットと言われてます 神戸限定でその痛みの部分を優しくほぐしてくれる…

他力本願

「他力本願」 この言葉を聞くと「他人の力で自分の目標を達成する」あるいは「他人のふんどしで相撲をとる」と思ってられないだろうか? これは大いなる誤解である この言葉は元々仏教用語だ この言葉の真意は他力=阿弥陀如来(あみだにょらい)の「力」で…

「鬱」という病

私は外傷以外で病院にかかることはあまりないのだが今まで一番苦しかったのが「鬱」だった 罹患した方は分かるだろうがこれは氣分が陰鬱になるというレベルの「病」でない 時々「鬱」は心の風邪などと例えられることがあるがそんな生易しいものではなかった …

刹那にいる

もっと刹那的に生きよという暗示かもしれない 今年に入って多くの厄災がある 私たちの祖父母や私たちの父母がそして私たちが築き造り上げたものが一瞬で破壊され無きものとなる それまでの苦労それまでの努力をまるであざ笑うかのように壊していく 破壊され…

目覚めた時

先月7月4日のことだった 京都、北区の山中どしゃ降りの中、バイクで駆ける。 雨は浄化。 その間、30分ぐらいだろうか?なんとも言えない、高揚感に包まれた。 周りの風景の光が変わった。 「あ、これか」と。 変わってないけど、 変わる。そんな感じがする…

神は「音」で世界を知らせる

人生を運命を統御する「鍵」がある 私たちが普段、目にしているものそのほとんどは脳で造られた「幻」である そこは絶対でありまた相対でもあるまた絶対ではなく相対でもない 本当は絶対と相対は区別がない 寒暖の明確な区別がなく善悪の明確な区別もなく明…

アルケミスト(錬金術師)

人間は人生にどう向かい合えばよいのか?これを教えてくれるベストセラーがある アルケミスト 夢を旅した少年パウロ・コエーリョ 作山川紘矢+山川亜希子 訳https://amzn.to/2u25hwL この書を通じて思うことは人間は「人」であるということ 他者との関係性か…

許し、許されたその先

「許し」 これこそが自分の中の「対立」を「和解」させる手段 「自分の弱さ」を許し「自分の醜さ」を許し「自分の欲望」を許し「自分の存在」を許す 「許し」だけが己を変化させるカギになる その許し 自分自身で自分を許すのか他者の力を借り許してもらうの…

この体の奥にいた「者」は

自分自身の内面を見るワークには終わりというものがない 私はつい先日自分の内側にいる者のその姿をはっきりと見ることが出来た それは「餓鬼」であった 垢まみれなのか日焼けなのか真っ黒な少年 頬はごっそりとこけ体、手脚は針のように細く半開きの口に眼…

「個」を置いて、「私」を感じる

私たちの体の7割近くが水で出来ている おそらくは同じだけの量で私たちの意識は「言葉」が作っている その「言葉」の多くは私ではない他の者からもらった言葉だ 私たちは他者からもらった「言葉」の織りあいで作られている 他者の言葉が私をつくりまた私(…

初恋

初めての恋がいつであったか覚えているだろうか? ほぼ覚えていないだろう ある説によるとそれは幼少時だという 女子なら自分の父に男子なら自分の母に最初の恋をするという説である 幼少期は自我(エゴ)が私たちの中に芽生えてくる時期である それは同時に…

異常さが、幸せな奇跡を生む

奇跡は奇跡を知りうるものがなせるもの そして私たちはその「奇跡」をほんの目の前に体感すること知ることが出来る それは「水」 私たちの「体」の7割近くが「水」である 「水」という物質が自然界では「異常」な存在であることはあまり知られてはいない 参…

自分のために泣いた者だけが

人体の約60~70%は「水」で出来ているという 私たちは小さな小瓶の中に水を入れたようなそんな存在である 私たちを作っている「水」 普段の何氣ない暮らしがその水を赤くもし黒くもし甘くもし苦くもする 普段の何氣ない暮らしがこの私たちを造る「水」をに…

言葉という「エネルギー・ワーク」

ヒーリング(癒し)やセラピーの世界ではエネルギーワークという言葉があります Googleで調べれば多く出てきますがだいたい上位に出てくるものには私は興味がありません 科学的かつ唯物論的に考えれば全てはエネルギーが「波」か「物(粒子)」になっている…

「親」は本当に必要なのか?

極論かも知れませんがこれからの時代子たちにとって「親」とは不要なのでは?と私は私自身も含めて思うのです ご存知のことと思われますが下記記事を上げておきます 「パパ、ママ、もうおねがい ゆるして ゆるしてください」 東京・目黒の虐待死女児、生前に…

「サイバーセラピー」としての「詩」

「言葉」による癒しそれがネットの使いようで大きく前進するかも知れません 先日、京都某所であるご依頼を受けました その方は高齢ではあらせられますが現在も著名な方で若い頃は「詩人」として名をはせた方だったそうです 私は文学としての「詩」については…

雨音は浄化の調べ

今日の京都市内は相当な豪雨、大雨でした お昼12時15分ごろその大雨の中を寄りによってバイクで蹴上を通って山科に向かってる最中です Facebookの方でも書いたのですが決して雨は嫌いではない むしろ好きです あの時、浄化と書いたのですがそれとは別に50年…

虫の知らせ

今日も仕事ネタっていうかどちらかというと「オカルト」に近いので嫌な方はスルーして下さい 本日、午後1時頃京都の某所で仕事してました その時、ふっと脳裏にというか意識の奥の奥でふと違和感を感じた 実は明日(5/30)滋賀県彦根市に行くんですがその件…

「ONE OK ROCK」のかっこ良さ

ふと思い立って15歳女子にこれらを聴いてどう思うか?を訪ねてみました Ratt - Youre In Love https://www.youtube.com/watch?v=Oyqkxsi9lZU Pink Floyd - One Sliphttps://www.youtube.com/watch?v=tOPNa753e1E YMO - Rydeenhttps://www.youtube.com/watc…

人の存在意味

「人」とはなにか? これを究極的につきつめて行くとその自然界において「周波数」を変えうる存在だと定義できます この世界を構成するものは全て「素粒子」でありエネルギーが「粒」と「波」で表現されている世界です 思考ですから「素粒子」であるらしい …

芸術家の持つ言葉を操る力

ちょっと本題からずれるのですが昔の曲ってかなり歌詞が良いなと思えたのでアップしてみました 久保田利伸さん『LA・LA・LA LOVE SONG』https://www.youtube.com/watch?v=5wCC02E3w3c 宇多田ヒカルさん『Automatic』https://www.youtube.com/watch?v=-9DxpPi…

言(こと)の、葉(は)

私たちは普段使っているこれを「言葉(ことば)」と呼んでいます とても不思議だと思われませんか? なぜ言うと葉が繋がるのでしょう? 私たちの祖先は何を想いそう「名付けた」のでしょう 少し調べたのですがしっくりする解答は得られませんでした ここから…

ぼくの地球を守って

周波数や宇宙などのことを書いていたらふとこの作品を思い出したのでご紹介いたしましょう 日渡 早紀氏作「僕の地球を守って」https://amzn.to/2rR4DB7 優しそうで少女漫画の絵ですが内容は中々ハード且つ凄惨です 一言でいえば「サスペンス」であり「復讐劇…

この体の外(そと)は全て宇宙

この世、この生は全ての「可能性」に満ちています。 理由は簡単でした「自分の外は全て『宇宙』」だからです 私たちの意識をまとう「体」を仮に「自我」とするならその外(そと)は全て宇宙です 私、宇宙意識とかいうそういう単語、とても嫌いでして 峻厳た…