ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

ヒプノセラピー

続・大切な自分

このブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 私たちがなかなか幸せになれないその原因が「自己愛」「自己承認」の欠如にある 今、私はそう見ています。 今日、私がとても愛読しているサトリさん(金山 慶允さん)が示唆に…

自我を整えること

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 私たちがなかなか幸せになれないその原因が「自己愛」「自己承認」の欠如にある 今、私はそう見ています。 近頃は上記をテーマにして書いてます 自分自身でふと思ったん…

自分を愛する者が幸せ者

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 私たちがなかなか幸せになれないその原因が「自己愛」「自己承認」の欠如にある 今、私はそう見ています。 近頃話題の「森友学園」の問題 先日の籠池理事長さんの喚問は…

比較しない。取越し苦労をしない。

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 私たちがなかなか幸せになれないその原因が「自己愛」「自己承認」の欠如にある 今、私はそう見ています。 参考記事左脳系スピチュアル【光と闇の創造】https://www.face…

自己内の対立が不安を呼ぶ

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 私たちがなかなか幸せになれないその原因が「自己愛」「自己承認」の欠如にある 今、私はそう見ています。 昨夜の記事の最後に「受け入れ」下手を書きました (一部抜粋…

なぜか、「我慢」しちゃう

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 昨夜トイレを我慢しちゃってる自分がいることを書きました。 トイレはもののたとえ話ですが私たちは色々な場面で小さく、少しずつ「我慢」をしてます これ、筋トレみたい…

トイレを我慢すること

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 自分を大切にする自分を愛する これの逆は自分を大切にしない自分を痛めつけてるですよね それがよく分かる行為があります 表題のトイレを我慢するってやつです(笑)特…

潜在意識内の「美」が投影されている

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 組子細工(くみこさいく)というものをご存じでしょうか? 参考記事まるで『木』のレース… 日本の伝統工芸『組子』の美しい世界 https://matome.naver.jp/odai/214244204…

「愛」と「自信」の相関関係

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 自分を愛する自分自身を自分が承認する 何をしても良いし何を行っても良い でもほとんど出来ないですよね? 原因はいろいろあります ・怖れ・不安・恥 これらを招く「心…

自分の「心」が見える部屋

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 日常のふとしたことから自分の「心」が見えそれをより良き方向に持っていくことも出来ます 以前こんな記事を書きました参考記事拭き掃除が楽しくて仕方ない( ´▽`) http:…

情けは人のためならず

情けは人のためならず この言葉聞いたことありますでしょうか? 少し誤解もあるようですが「情けをかけるのはその人ためにならん」と解釈されてる方もいるとか(笑) 参考故事ことわざ辞典(一部引用)【意味】 情けは人の為ならずとは、人に情けをかけるのは…

好きを、ふやしていきましょう

自分自身が豊かになるために「自己愛」「自己承認」の力をつけて行きたいと今考えてます 昨日は「寝る前」のこと 今日は「好き」になることについてお知らせしますね 以前、どっかで書きましたが女性の場合恋愛している時は目の前の男性を好きというより「恋…

眠る前にすること、してはいけないこと

先日の藤原理恵さんのセミナー&セッションでやはり「自己愛」「自己承認」こそが成幸(せいこう)への根幹であると教えてもらえました。 私を含めた多くの不成幸者がしていること それは自己承認力が低く自分を「虐げている」 まさに自己虐待をしている だ…

自分を自分で認めなきゃ、始まらない

何故、「選択」を誤るのか?何故、「思い通り」にいかないか?何故、「不幸」と思うのか? いきなりですが全て自己愛が足らないからなんだかそんな氣がしてきました(笑) 自己愛自己承認セルフイメージ 言い方はいろいろあるんですが結局は「自分自身」が「そ…

全ては「選択」の結果

昨日、久々に藤原理恵さんのセミナーにお邪魔して色々なことが氣づけました 質問の時間の時多くの方が理恵さんに質問されてたというか相談されてたんですね それを「傍観者」として聞いていたらその悩みは全て「自分自身」の「選択」の「結果」だなとしみじ…

潜在意識で人生をドラマティックに変える

今日は京都にて藤原理恵さんの「人生をドラマティックに好転させてきた藤原理恵の「潜在意識で夢をサクッと叶える」女帝学プレセミナー」が開催されました 大勢の方の参加で 大盛況! ご存じの方も多いですが藤原理恵さんは「潜在意識」のプロでありヒプノセ…

引き寄せるために

昨夜の記事にてフェイスブックの方のコメントで氣づかせてくれることありました 参考記事思い切り「泣く」http://hypnonation.hatenablog.com/entry/2017/03/10/000034 hypnonation.hatenablog.com フェイスブックhttps://www.facebook.com/keiji.nagao.10/p…

「鬼」になる

旧アメブロの方の活用についてしばらく考えてまして今は、このはてなブログの記事を3か月遅れで配信してます で、過去記事を見直してたんですね その中でこんなのがあります参考記事「魂」を考察するhttp://hypnonation.hatenablog.com/entry/2016/11/30/19…

傲慢に生きてませんか?

昨日の記事で会社・組織には守られているブラックでない企業は恐らくないでしょうと書いたらフェイスブックの方で反響が多かった(笑) 「悟り」とか「覚醒」って別に特別なことではないんです 今まで氣付けなかった「当たり前」のことを「有り難し」と氣づく…

感情は自己責任

私が愛読しているFB友達の騰飛 髙木雅之さんが啓示にとんだ発言をしてくれました https://www.facebook.com/nagasunehiko/posts/1275353342512392?pnref=story (引用)自分の感情の責任は自分がとる。 このことを意識するだけで 自分の人生から 理不尽な出…

展覧会の絵

【展覧会の絵】 1874年にロシアの作曲家ムソルグスキーによるピアノ組曲です。 この作品がつくられた経過とムソルグスキー死後の展開に抽象度の高さと、選択肢の関連に氣づかされます。 ムソルグスキーがこの組曲を生むきっかけは友人であった、建築家・画家…

楽しそうに生きている人の共通点

せっかくこの世に生まれたからには楽しんで生きたいそう思いませんか? あくまでも私見ですが楽しそうに生きている人ってとらわれない束縛しない、束縛されない「自由」だとお見受けします 「束縛されない」「自由である」 そういう生き方をしてる方共通点が…

言語より「非言語」の情報を読み取る力

とある事業融資の件で京都信用金庫さんと某所で打ち合わせをしてました。 事業融資って言っても私のじゃありませんで(笑) 私のお付き合いのある方の相談をかねてです 事業融資というのはある「お仕事(個人経営)」を立ち上げる際銀行よりお金を借りるための…

『美』という言語外の意識

美を感じることこれ言語ではないと私は思ってます さとうみゆきさん 作品「春、届け」 www.facebook.com 先日からたまたまですが密教と非言語の世界についてお話を展開してます これはタイムリーとしか言いようがないのですがさとうみゆきさんの作品を見て「…

密教とプリンスの行き着いた場所

言語と非言語については旧アメブロの記事で何度か解説しています 言語による表現が1~3%に対し非言語(匂い、色など)による表現は97~99%にもなる 日常のほとんどを言語による「思考」をしている我々は全体情報のうち97~99%も「こぎ落してい…

私たちは物理学的に無数存在している

自分と同じ人間が この世に複数存在しそれぞれが異なる運命をたどっている そんなこと信じられますか?(笑) いわゆる多次元世界(パラレルワールド)ってやつですがこれ、量子力学の世界では証明されています 参考記事小森圭太さんミクロとマクロは繋がって…

仏教とはなにか?

昨日の記事で弘法大師がもたらした密教について少し書きました 本当はあまり宗教系には入りたくないんのですが(苦笑)あえて踏み込みます ここで私が仏教に対してどういう認識かを書いておかないと話がなんだか分からなくなると思ったからです 全くの私見で…

自由の意味

一昨日と昨日のまたまた続きになっちゃう(笑) それくらい私にとって「泥だんご」は一種の衝撃だったんです 「自由意思」など実は存在しない 「私たちは自由などではない」 それを改めて知りました これは私たちが私たち以外の何かに「束縛」されているという…

内なる宇宙

昨日の「泥だんご」のお話の続きです(笑) もう少し突っ込んだお話をしてみます 昨日、「無意識」の「可視化」と書きました これを堀下げると「個人的無意識」の「可視化」と言えます 小林さんに教えてもらったんですが子供たちに「泥だんご」をさせるとそれ…

泥だんごの不思議な力【小林あづささん × 一柳ゆみさん】

今日は、大阪市内で小林あづささんと一柳ゆみさんの企画で「泥だんご」の作成がありました 「泥だんご」というとドロドロの土を使って最初から泥まみれになって作るイメージないですか? 違います(笑) 昔の木造住宅で使われた壁土のようなものでプロ野球の硬…

「小野賢章」さんて分かります?

「小野賢章」さんってご存知ですか? 私はつい先ほどまで知りませんでした(笑) 時々yahoo!の急上昇ワードなど見てみるのですが今日の一番検索された「ワード」らしい 「小野賢章」さんを知っている方は「君の名は。」の声優であるとか歌手であるとか「イメー…

金正男氏暗殺に見るストコーマ(盲点)

今回の記事は時事ネタではないです(笑) 心のストコーマ(盲点)あるいは抽象度を高めるお話です 北朝鮮で一時期後継者だった金正男氏が暗殺されたという報道が世界をかけめぐってますね この報道に限らず全ての報道に言えますが盲点の氣付きと思考の抽象度を…

今の「意識」を意識する方法

今日なんですが私が(ほぼさぼってる)管理させて頂いてる(笑)「褒められ屋本舗 京都店」というコミュにkenji sumitomoさんが素敵な投稿をしてくれました いわゆるだまし絵です 一番下に張り付けてますが見方によっては鳥に見えるし女性にも見えます このこ…

おまわりさん、いつもありがとう

本日、とある交番でお巡りさんと打ち合わせをしてました その時、突然男が交番に入り込んできてガナリだし暴れだしたんです かなりの修羅場になった(苦笑) 全くもって珍しい現象です 目の前で見てましたがお巡りさんに「暴●」も振るわれてたんです このすさ…

意識だけが「良運」を呼ぶ

昨夜、京都市内をバイクで走ってたら丸太町通りでバイクが故障(笑) しかもJR線の「円町」駅と「花園」駅の真ん中でというかなり不便な場所でした(笑) でも不思議に怒る氣がしなかった 京都の方しか分からないかもですが私はJR円町から、JR嵯峨嵐山駅そして阪…

解釈を止める

【解釈を止める】 私たちの脳はほぼ無意識に「解釈」をしてます 例えば「赤」と書いて何を浮かべます? 日の丸の「赤」夕焼けの「赤」などなど 人によって全部解釈あるいはイメージが異なりますよね これは70億人いれば70億通りの解釈あるいはイメージが…

心配の正体

今朝、わずかですが自分の娘と一緒に行動する機会がありました 今年中2になるんですが氣づかされることが多いです 小さい時は本当によく叱ったなと(笑) 褒める時はべた褒めですが叱る時は烈火のごとくだからたまらんかったでしょう。 子供を叱るあるいは怒…

無意識を意識するための「自我」

以前にこんなブログを書いたことがあります「夜の音に包まれる」(リンク)http://ameblo.jp/ginnojigintyan/entry-12077261317.html 電車の中で目を閉じて出来るだけリラックスする。 自分が感じ取れる一番遠くの音に耳をすませる。 そうすると色んな音が自…

「空はなんで青いの?」

子供の質問って純粋なだけに核心をついてることとても多いです この質問を受けた時皆様ならどうお応えされるでしょう? これは私の想像ですが多くの方は科学の面からお答えされませんでしょうか? 参考記事空が青く見えるのはなぜ? 人間だけが持つ意外な理…

肛門を閉める

突然何のことかと思われますが突然書きたくなったからです(笑) 人が慌てたり狼狽えているとき物理的・肉体的な要因として「肛門が開いている」状態であるらしい これを逆に言えば自分が慌てたり狼狽えている時肛門を閉めればよいということです この「肛門を…

なごんでいく効果

人氣の悪い「和」についてまだ書いてます(笑) ここ、日本人の根幹だと思うからです自分のための「覚書」でもあります 元々日本の国を名前を「ワ」と言い中国ではそれを「倭」と書いたわけです この「倭」あまりいい意味ではない(笑) 中国はこういうことよく…

「パンク」の本質

1970年代に世界を圧巻したサブカルチャーが存在しました 「パンク」です 参考記事パンクhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AF_(%E3%82%B5%E3%83%96%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC) 特にロックシーンにおいてセックス…

和風「いじめ」の理不尽さ

少し前に「いじめ」について書いてみました この国におけるその原因の一つそれが「和」にあるとも書きました ではなぜ「和」が原因なのでしょう? この国における「和」とは平和の「和」でありません 「和み」を意味する「和」でもありません元々は「環」を…

誠実な人

この記事は過去のアメブロから引っ張ってきたものです2015年のころでした 私が愛読している金山慶允さんのブログにて(悟りの書 ~ 左脳系スピチュアルのススメ)http://profile.ameba.jp/sanoukei/有名な「七つの習慣」のワンフレーズを用いてられたのがと…

3月のライオン

今更ですが実は読んだのはここ数日です(笑) うちの娘が買ってたんですよ。 「いじめ」に関する記事を書く氣になったのはこの作品がきっかけです これは近年まれにみる秀作ですよ「ワールドトリガー」以来かな?参考記事「ワールド・トリガー」http://amebl…

この国にて「和」がある理由

この国において「いじめ」がなくならない原因に「和」があると書きました 参考記事150万のいじめ ~ 和の恐怖http://hypnonation.hatenablog.com/entry/2017/01/28/000100 和がなぜそれこそ「和風いじめ」の原因になるかは書きだすとかなり長くなります。 そ…

150万のいじめ ~ 和の恐怖

少し氣になる記事があります 150万を子供が支払わされていじめとは認定できないという最近、よくでる記事です この子がどうやって150万円ものお金を持ち出せたのかも氣になりますが今回はそんな話ではありません 他の諸国の事例と自ら比べた訳ではないですが…

叱られるという「幻想」

最近書いている親・子の考察とても好評で驚いてます(笑) 一昨日は親に認められない「自分」 昨日は親に叱られる「子」って具合に(偶然)書いてました これらを何となく(笑)続き物みたいに書いてたら「承認」と「叱責」に行きつくなとこれを書いてる「阪急京…

実は私も「毒親」です

昨日は自分自身の承認欲求について書いてみたのです そこを考察するとやはり「親」との関係が出てくる 実は私も人の「親」です(笑)しかも「毒親」です 私には13歳になる娘がいますが決して良いおやじとはいえません 褒めるときは褒めるけど怒る時は女子で…

ただ認めてもらいたいだけ

先日とあるところで私の経験談を語ることがありました 約50年生きてますからそりゃ色々ありますよ(笑) 成功談から失敗談まで 思わず2時間近い話になりました この50年の2/3は仕事、仕事で生きて来たなと自分で実感しました(笑)(遊ぶ時は思いっきり遊ん…