ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「超攻撃型スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

抽象度を上げる

潜在意識と信仰

自己承認を高めるため「信仰」というものが大切だと最近、深く感じてます 信仰の対象になるものは本来はなんでも構わないのですがそれは「人知」を超えたものに対してが一番多いでしょう 現時点で人知を超えたものに畏怖する自分がいてそれに対し、敬意の念…

変わる「信仰」の形

自分自身への信用、自己承認を高めるため私は「信仰」というものに解決の糸口を見出しています 信仰(wikiより一部抜粋) 神や仏などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること。 人やものごとを信用・信頼すること。 証拠抜き…

新しい「神」の創造

私はそう遠くない将来多くの方が不安から解消されると見ています 不安はどこから来るのでしょう? それは「怖れ」からです そしてその「怖れ」は未知無知から発生します 未知・無知の分野からくる怖れをゆるやかにしていくシステムが「神」であり「信仰」で…

自分を信じるための信仰

信仰というもので私たちの心が安定するならば今の私はどんどん推奨します ここのところ私なりに神、宗教、信仰というものの本質が見えてきたと思ってます。 私の見解としての「信仰」 それは優しい言葉を使うことです 言葉が自我(エゴ)を形成していくのな…

あなたの「言葉」を伝えてください

「さびしければ繋がればいい」 それが昨日の題でした 繋がるためには「言葉」が必要です 言葉は人が生み出しそして分離意識をさらに加速させたツールです そう見ると言葉が「孤独」を加速させたかも知れない 逆の方から見ればあなたや私が使う言葉こそが自我…

自分を愛する第一歩

「守られている」 自分の中の「核(コア)」の部分にこれがあれば多くの不安や、怖れから心をいたぶられることが減ると私は見ています 「自分は認められている」「自分は必要とされている」「自分は愛されている」 このことを「心の底」より実感できるように…

「神」に換わるテクノロジー

出展元を忘れたので根拠に乏しくて申し訳ありませんがあと数年くらいで頭で考えたことがそのままメモできる装置が生まれるそうです これは「考えた」だけで自分の思考が「漏れる」ことを意味してます また昨年にこちらでも書いたのですが「人」の記憶を外部…

AI、AGIが導く「怖れず」の境地

全くの私見ですが自我(エゴ)顕在意識分離意識は全て「言葉」というものの作用だと思ってます この言葉で表せない領域を「神の領域」とも呼ぶと考えてます 有史以降、人は、手、道具、そして言葉を造り未知の分野を「開拓」していきました 私はこれを「言語…

「神の領域」とプリンス

「神」の領域とは「顕在意識」「分離意識」「表層意識」「自我(エゴ)」でとらえることが出来ない「表現」することが出来ないそこを指すと思ってます。 これら全て「言葉」「言語」が織りなす世界だと私は考えてます 私たち、人間はそれまで「神」の領域と…

はじめに言葉ありき

「はじめに言葉ありき」 これ聖書の言葉らしいですが本質をついています 人は声を言葉に変化させることで人間となった そう見ているからです 言葉は物事を「具体的」にそして「分離的」にとらえることに成功しました 具体的に「人」に伝えることが出来る 今…

道具、そして言葉が生み出すもの

現在、私は神、宗教というものがなぜ生み出されたのであろうか?それを知ると、自分たちの「自信」というものを取り戻せるのではと考えて、記事を進めています 人類の進歩そして「顕在意識」「分離意識」の発達に「手」の発達が欠かせないと見てます 何故な…

宗、教神というものを人が生み出した背景に「顕在意識」「分離意識」「自我(エゴ)」があると私は見ています これらの意識を人類が芽生えさせたのが「手」の発達であると見ています 「人」がいつの時代から「手」というものを発達させたのかは寡聞にしてし…

宗教

そもそも「宗教」とは何でしょう? WIKIの記事を一部抜粋します (一部抜粋)宗教(しゅうきょう、英: religion)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念でありまた、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社…

信じることが下手

わたしは数ある音声教材で和佐大輔さんの教材が一番すきだったりします 参考youtube「98%の失敗と2%の成功を分かつもの」https://www.youtube.com/watch?v=A1DcX2V3u5o 98%の失敗と2%の成功を分つもの【和佐大輔】 この音声教材大変興味深い指摘をな…

人生開拓、3つの軸

Free-Photos アドレナリンのお話の続きです 今日は全く個人的なお話です ここ数年、自分自身であまり「興奮」することがなくなってしまった(笑) ひらたく言うとなかなか「ワクワク」しなくなったんです むしろ「不安」にいつも覆われている感じでしょうか…

《「笑い」で共感覚を取り戻す》

今、私たちが持っている感覚をもっと高感覚にすればもっと異なる世界が開けるでしょう そのキッカケとなった「共感覚」というものについて初めて考察してみました あらためて「共感覚」とはなにか?というと・見ている文字に「色」を感じる・聞いている「音…

「共感覚」を知る

「共感覚」という言葉をご存知でしょうか? 参考記事「共感覚」の不思議な世界と誰でもできる簡単トレーニング法http://re-sta.jp/synesthesia-2663 (一部引用)「音を聴くと色や光が見える」「黒い文字に色や触覚を感じる」など、ある感覚を認識したときに…

共感を高める思考

「老い」を感じさせず、若々しく生きるには共感を増やすことも効果があると思ってます 共感あるいは共感する能力が高まれば多くのトラブルやストレスは軽減されるとも見ています。 自由にストレスフリーに生きていくアイテムの一つとして共感を高めたいと最…

《元SMAPが描く新しい「情報」の地図》

今日は、人生にあたりちょっとした氣づきが幸せのポイントになることをお伝えします 今まで、ちょっと怪しいとか敬遠されていたものがちょっとしたキッカケで大衆(MASS)に認知されると一氣にメジャー化することがあります 現在、その具体例が久々に出そう…

伝える力を「造る」には

《伝える力を「造る」には》 伝える力、あるいはコミュニケーションの力はまず受け取る力を養うこと氣づく力を養うことです 昨日、営業系のブログの方で女性営業マンのことを書きましたらFacebookの方でコメントをいただきました 参考記事(Facebookより)ht…

《you've got to help yourself》

《you've got to help yourself》 「自分を助けられない人間に他人なんか助けられない」これは1983年当時の細野晴臣氏の想いだったそうです 昨日のブログは旧アメブロの記事の方を加筆修正したものでした 「神を担う瞳」https://ameblo.jp/ginnojigintyan/en…

望まれない変化もある

《望まれない変化もある》 自分自身を変化させると言っても独りよがりな変化は自分も人様も幸せにしない場合があります 私のこのブログも含めて多くの自己啓発系やスピ系の記事では自分自身の変化、引き寄せについて語ってます。 それらを読んで自分自身の望…

お金稼ぎに善悪はない

お金を稼ぐには方程式、法則ってのがあります。 営業、あるいは マーケティング そしてお金稼ぎは 「科学」なのです。 お金だけではありませんが成果が出ずに苦しんでいませんか? 「成果」が初期の段階で出ない理由として 絶対に言い切れることがあるんです…

《より良い「運命」を手に入れる》

誰でも、良い「未来」が来ることを望んでますよね その方法の一つとして「今」の意味をとらえなおす方法があります 昨日の旧ブログの再掲載で書いたことですが「起こっていることはただ起こっているだけ」なのです 仮にどんな凶悪な事件や事象があったとして…

《「不安」「怖れ」を前にしたら》

《「不安」「怖れ」を前にしたら》 一昨日まで、旧アメブロの記事を「再利用」し、それをアップしながら「不安」「怖れ」の対処について見ていました 参考記事「不安」「怖れ」の解消例 https://ameblo.jp/ginnojigintyan/entry-11989553694.html 「不安」「…

再生するから美しい

《再生するから美しい》 思い込みをはずしものごとを優しく、等しく見るために私は「輪廻」というものにその価値を見てます。 昨日の記事で「前世」について私なりの見解を述べました 今日は私なりの「輪廻」観です 「華(花)は再生の証(あかし)」と昨日…

大愚に生きる意味

先日より「バカ」になる「愚かさ」になれることについてお話を進めてます その方がエネルギーワークとしても効率的であるというのが昨日の閉めでした 多くの方々それは私も含めた一般の方々は人様、他人様から「バカ」「愚か」とみられることに抵抗を感じま…

誠実さをしのぶ ~ 非言語の領域より

今日は、みすぎ絹江さんの記事から絹江さんの観察眼の確かさ情報伝達の正確さをお伝えします。 言語による情報は1~3%であり非言語による情報は97~99%である 昨年の今ごろ、旧アメブロでこのことをよく書いてました 言語とは今こうしてみている「文…

《ゆらぎ 1/f》

ゆらぎ、あるいは1/fというのを聞いたことはないでしょうか? 参考記事はじめに。1/fゆらぎ とは?https://kinarino.jp/cat6-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/5715-%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%A…

《人工知能「教」が圧巻する日》

AI(人工知能)が氣がつけば、すでに私たちの生活にずいぶんと溶け込んでいますね 参考記事AI時代にまったく備えないその日暮らしの日本人たちよhttps://www.landerblue.co.jp/blog/?p=34150 上記記事にもあります AIに対する日本人のこの無防備感と無関心感…