読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「いわゆる、ヒプノ・ネイション」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

比較しない。取越し苦労をしない。

最近のこのブログでは「自己愛」を高める方法「自己承認」を高める方法を模索してます 私たちがなかなか幸せになれないその原因が「自己愛」「自己承認」の欠如にある 今、私はそう見ています。 参考記事左脳系スピチュアル【光と闇の創造】https://www.face…

情けは人のためならず

情けは人のためならず この言葉聞いたことありますでしょうか? 少し誤解もあるようですが「情けをかけるのはその人ためにならん」と解釈されてる方もいるとか(笑) 参考故事ことわざ辞典(一部引用)【意味】 情けは人の為ならずとは、人に情けをかけるのは…

眠る前にすること、してはいけないこと

先日の藤原理恵さんのセミナー&セッションでやはり「自己愛」「自己承認」こそが成幸(せいこう)への根幹であると教えてもらえました。 私を含めた多くの不成幸者がしていること それは自己承認力が低く自分を「虐げている」 まさに自己虐待をしている だ…

展覧会の絵

【展覧会の絵】 1874年にロシアの作曲家ムソルグスキーによるピアノ組曲です。 この作品がつくられた経過とムソルグスキー死後の展開に抽象度の高さと、選択肢の関連に氣づかされます。 ムソルグスキーがこの組曲を生むきっかけは友人であった、建築家・画家…

氣づきの「真意」

最近、このブログでよく出る単語「非言語」 そもそも「非言語」とは何でしょう? この文字のままですが言葉によらない(依存しない)コミュニケーションと言えます 私たちがこの世界において受け取っている情報というものを100としましょう そのうち言語…

言語より「非言語」の情報を読み取る力

とある事業融資の件で京都信用金庫さんと某所で打ち合わせをしてました。 事業融資って言っても私のじゃありませんで(笑) 私のお付き合いのある方の相談をかねてです 事業融資というのはある「お仕事(個人経営)」を立ち上げる際銀行よりお金を借りるための…

『美』という言語外の意識

美を感じることこれ言語ではないと私は思ってます さとうみゆきさん 作品「春、届け」 www.facebook.com 先日からたまたまですが密教と非言語の世界についてお話を展開してます これはタイムリーとしか言いようがないのですがさとうみゆきさんの作品を見て「…

仏教とはなにか?

昨日の記事で弘法大師がもたらした密教について少し書きました 本当はあまり宗教系には入りたくないんのですが(苦笑)あえて踏み込みます ここで私が仏教に対してどういう認識かを書いておかないと話がなんだか分からなくなると思ったからです 全くの私見で…

金正男氏暗殺に見るストコーマ(盲点)

今回の記事は時事ネタではないです(笑) 心のストコーマ(盲点)あるいは抽象度を高めるお話です 北朝鮮で一時期後継者だった金正男氏が暗殺されたという報道が世界をかけめぐってますね この報道に限らず全ての報道に言えますが盲点の氣付きと思考の抽象度を…

僕たちは「特別」ではない

僕は昭和40~50年代の義務教育を受けた世代です これ以降の教育を受けた人々って僕らよりも「個性」を伸ばす教育を受けたと思います 「個」が大事だとか「個性」を磨けとか「自分の夢」を持てとか 今振り返るとそれは人の基本をダメにしたのかな?というのが…

現・現・現世!

すみません。題名は全くの受け狙いです(笑) 昨年大ヒットした「君の名は?」の主題歌なんですよね「前前前世」(聞いたことないっす) ちょっと興味があって誰か、「現現現世」ってやってないかな?と思ったら「来来来世」まであった(笑) 実はこっから意外に…

怒りながら愛することは出来ない

今日は偶然か必然か私が愛読させていただいてる3つのブログで切り口を変えて、同じ発信がありました 藤原理恵さん【『怒り』は悲しみや寂しさの発酵食品みたいなもの】http://ameblo.jp/beauty-evangelist/entry-12239591175.html 小森圭太さん古典物理的努…

起きていることは、ただ「起きている」だけ

目の前で起きている「事象」を色々な意味で解釈して意味付けしているのは「自分」だって氣づけば、生きやすくなりますよ(笑) 今日の夜大阪市の某所で一見、とんでもないもの見ました(笑) 丸ボーズの男性が道の真ん中でいきなり立ち小便(笑) 小心者の私はギョ…

女子高生AI 「りんな」

昨日まで抽象度や俯瞰の話をしててなにこれ?って感じですわね(笑) 私はLINEそのものの安全性に恐怖感があるのでLINEはしたことないのですがちょっとした話題のAI(人工知能)です 知らない方のために参考記事を 参考記事「りんな」https://ja.wikipedia.org…

そもそも「抽象度」とは何か?

ここ最近、私の記事で「抽象度」という単語が多く出ます 自分(私)自身は分かったつもりで書いてますがそれ自体が思い込みであると(笑)理解したので「抽象度」について解説してみますね 参考記事「抽象度とは何か?」https://mindfulness-labo.jimdo.com/%E…

PERFECT HUMAN

PERFECT HUMAN【MV】RADIO FISH/Full ver.紅白発表楽曲 紅白も良いもんだなと先日思ったんですよ 噂には聞いてましたがオリエンタルラジオのRADIOFISHなるこの曲、初めて見たのですが完璧じゃないですか?(笑) アレンジも良いし楽曲も良いまたPVも良いこれす…

喜びを感じる脳

さて、おとといの続きです人の感情について考察していきます 何故それを考えるかと私は記憶が人生を左右していると現在見ているからです 記憶は私の解釈では記憶 ≒ 記録 + 感情とみています 同じ事象でも人によって好きと嫌いが分かれるのはこの「感情」の…

引き寄せの種は「この瞬間から」

スピチュアル系の方々なら聴いたことがある「引寄せの法則」 それを端的にしかも適格にお話された記事がありました 参考記事金山 慶允さんフェイスブックhttps://www.facebook.com/yoshinobu.kanayama/posts/1199796793434067?pnref=story 引寄せはなにも特…

アニマライズ

昨日の記事はかなり暗かったかと(笑) 私は今後しばらくは弱きものはもっと辛くたたかれる時代が来ると考えてます もう絶望でなく「失望」ですね(苦笑) それを回避するために「直感」を養うことについて言及しているのですがちょっと氣がついたことがありま…

「直感と波動」

ここ10年位で私たちが手に取れる情報は爆発的に増え、これからも増え続けます。 その情報にはあなたにとっての真贋やあなたにとっての有益・無益が存在する 膨大な情報量から自分自身にとって「真実」であり「有益」である情報を瞬時に捕まえることが出来…

笑うことの大切さ

ちょうど一年近く前に「笑い」について言及してましたそれを掲示してみます。 (以下、修正のうえ掲載) 笑いこそ、覚醒への近道かもしれません。 人は何故笑うのか?これ予想外に定説が無いみたいでこれには驚きました 一番最近の学説で笑いが起こる原因と…

「笑う」を取り入れる

一昨日まで瞑想に関することそれについてお知らせしてました。 私がこれをお知らせするのは感性、感覚をもっと鋭くするためです。 感性、感覚、の感度を上げることこれが私たち「人間」が今後生き延びるための「技術」だと考えているからです。 もっと俗っぽ…

ただ、感じる

私たちは今受け取っている情報を、もっと手に入れることが可能です。 昨日、フェイスブックで「思考」についてお話しあう機会がありました。 これは自説ですが私は「思考」は言葉によるものであると考えてます 言葉以外の情報で「考える」時それを「受け取り…

行動こそ言葉

私たちはとく真面目な方々はよく「思考」します 「言葉」による思考をです これも大事ですが同じように大切なことそれが「行動」です 「行動」には二つの面があります ・思考の結果であること・新しい現実を動かすこと その行動は今の行動は思考の結果なので…

バカになる

【バカになる】 感性を磨くにあたり「ばか」になって行動する非日常を体験するのも一つです そんな過去記事です。 (以下転載) 自分が行動に移せない最大の要因が「怖れ」なんだがこれを一番早く、そして過激に打ち砕く方法が「バカになる」これだと思う。 …

「静」なるもの

心の感度感性の感度を上げるためにはトランス状態に入るのが良い それが昨日まで「動」でお話しておりました。 今夜は「静」です もうお分かりでしょうがこの「静」なるものの代表が「瞑想」です。 今朝の過去記事で中村天風がやっていた事例で「瞑想」につ…

「無」に入る

無限のリソース情報空間にある無限の情報それは初めから「そこ」にあったものです。 それを受け取るべくそれを混乱せず受け取るべく「直感」について考えてます 今晩の「静」に関する前振りの過去記事です 参考になればうれしいです。 (以下転載) 先日(注…

「魂」を考察する

昨夜の記事で「靈(霊、れい)」について考察してみました「雨」冠に、「口」、そして巫女の「巫」です。 感性を養うため感度を上げることについて遠回りのようですが私は根幹の部分だと考えてます。 実はこれほぼ全部「女性」や「女性性」を持った人の発信…

電脳系「シャーマン」の時代

昨日、「靈」について書いた時なんかこんなこと書いたなと思ったら、去年書いてました(笑)あ、ここに戻ったんだと でも去年とは少し私も解釈変わってます 参考になればうれしいです (以下、一部修正のうえ 転載) この半年(注.2015年)近くで僕の身の回…

人工知能 VS 霊性

過去記事の中から感性に関する記事の紹介です。 私が感性を上げたいなとまたそれを皆様に知ってほしいなと思うきっかけが「人工知能」の発達です。 (以下、一部修正のうえ、転載) パソコンやインターネットが職場を圧巻しだしたのが大体平成10年(1998年)…

世界中にある「情報」をつかむ方法

今朝ほどの記事で過去記事を入れたのにはこれの前振りです。 先日、こちらでも書かせて頂きましたが意識、あるいは記憶というものは本来は「脳内」にはなくこの『空』間にエネルギーとして存在するんでは?と もうぶっ飛んでますよね(笑)振り切ったかも知…

脳内には、主語がない

脳内には主語がないそれをフェイスブックで繋がっているAyame Yatsuhashiさんに教えてもらいました。 八つ橋アヤメさん ブログ●mon*bon*amihttp://ameblo.jp/bonmonami/ Ayame Yatsuhashiさん記事https://www.facebook.com/ayame8/posts/360964607584140?p…

心の「成長痛」

今、色んなことで苦しんでいる方たくさんいらっしゃるかと思います。そんな時、この記事を読んで欲しいんですきっと「効果」があります みすぎ絹江さん「それでも歌って暮らしたい」●いよいよ成熟した大人へ! http://ameblo.jp/vocal-mission-silky/entry-1…

『逃げ恥』に見る時代の在り方

いわゆる「逃げ恥(逃げるは恥だが役にたつ)」がテレビで絶好調らしいですね この番組見たことないし(笑)原作も知らない(笑) この作品について注目すべきことが私の中で二つあったんですよ。 ①「契約結婚」②「恋ダンス」 ①の契約結婚について単語だけ見ると…

快楽の時代へ

昨夜の記事の続きになります。 この国において快楽が否定されるのは農業が基本産業であったことと仏教・儒教の曲解がうまく作用したからだと言えます こう書くとすぐに過去を否定したがる困った方々がいますが(昔は抑圧されてたとか)それは違います 先人が…

神様は笑っている

最近にしては珍しい一日2記事目です(笑) 先ほどまで京都市の西京区・桂にいたのですが三日月がとてもきれいでした 笑っているように見えた(笑) それを見ての2記事目です。 思考の抽象度を上げる 分かり難いかも知れませんが「具体的」にものごとを考えない…