ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「超攻撃型スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

潜在意識

《人の法・・・「憐み」》

最初にお断りしておきますが私はある事件や事象を通じてその善悪や良し悪しをジャッジしていません またするつもりもない 起こっていることはただ起こっている それだけです 昨夜、お話した小室哲哉さんの報道及び引退劇は私たちの深層心理を教えてくれます …

電子国家「エストニア」

「日本は未だに印鑑という非合理なシステムにこだわっている」参考記事電子国家エストニアに比べ日本は「既に技術後進国」?https://news.careerconnection.jp/?p=48814 エストニアという国をご存知でしょうか? 北ヨーロッパにある人口131万人の小さな国…

あなたは「カーナビ」怖いでしょうか?

今の自動車普通にカーナビ(カーナビゲーションシステム)がついてますよね? 目的地を設定すれば最短のルートを提示してほぼそのとおり走るって感じです 私はほとんどカーナビは利用しませんが今多くの方は自動車の運転にカーナビを利用されてます メリット…

判断不要の世界とは?

人工知能(AI)が発達した社会で人は潜在意識の存在に戻るかもしれない それが昨日の記事でした 私たちは日々多くの判断や洗濯をしてます 風呂に入るのも何かを食べるにも全てです それは私たちは意識してませんが常に自分に問うているのです そして多くの問…

《人工知能(AI)に期待するもの》

私はあと数年で迎えるプレ・シンギュラリティで人工知能(AI)が人の意識をより「神」に近づけるのではと期待しています 人工知能(AI)の加速的進化により多くの仕事がなくなると言われてますね 私がいる、不動産・建築業は恐らく跡形もなくなくなるでしょ…

不思議なリュックの話

満たされてればなお満たされる一例です 私とリアルでお会いしたことがある方はご存知ですが私は写真にあるリュックをいつも持ち歩いてます これ、値段1300円です 買うお店も京都、七条御前にあるおばあさんがやっている文具屋さんと決めてます これの何が不…

天の法、自分の法

自分を許す、って自分自身、好みのまま好き勝手に生きてよい ってもんでもないんです 別にそれでも当人が幸せなら構わないですが多くの方はあまり幸せって感じないでしょう 自分の好きなまま自分の好みのままこれって「束縛」「執着」の代名詞だと思ってます…

自分を温めることを許す

神とはこの世を統べる「法」ではないか?それが先日の記事の結論になります では具体的にどういう「法」なのかとこれはしごく簡単なことです 自分自身が和むこと あくまでも「和む」こと これは「法」にのっとるあり方です この記事を書いている、この季節(…

癖を変える

前々回、「癖」というものは放置すると「思考」などを固定化しそれが「老化」に繋がると書きました では「癖」とは脳の中でどのような働きをしているのでしょう? 参考記事「クセがなかなか治せない理由」を脳の動きから探ってみたhttps://www.lifehacker.jp…

「癖」を意識する

《「癖」を意識する》 「癖」というものは放置しておけばどんどん「固定化」し「固定概念」化します 「老人」は固定したものの象徴(シンボル)と言えます 行動発言思考 これら「固定化」したことを「老化」と呼ぶのです もちろん「固定化」した方が「楽」に…

理性を知る

子供たちに「理性」というものをどう教えればよいでしょう? そもそも私たち大人ですら「理性」というものの本質を理解しているかを再認識する必要があります 私なりの判断ではありますが「理性」とはこの世の「法則」と言えます 私なりの意見ですがこの世は…

「魅力」を造る

子供たちには魅力をもってほしいと思ってますそれが子供たちの「幸せ」につながるからです 今朝、私が敬愛する金山慶允さんがこのような記事を掲載されてました 魅力的(attractive)な人になる https://ameblo.jp/sanoukei/entry-11562833826.html (一部抜…

子供のためのマンガ

【新世界スピチュアル~Hypnonation】《子供のためのマンガ》 私の意見なのですが子供には、もう少し「マンガ」を読ませて良いと思ってるんです 特に日本国内で売れているマンガってとても読む価値があると私は真剣に思ってるんです 売れているということは…

愛されている実感

先日から子どもや赤ちゃんのことについて述べてますが、彼らが健やかに育つに必要なものは「愛されている実感」です 「愛されている実感」それを体感させることは赤ちゃんがお母さんの胎内にいるときから可能だということを教えてくれる「教材」があります …

《コンビニの成人誌が子供に与える影響》

コンビニエンスストアのミニストップで成人誌の取り扱いをやめるという報道がありました ミニストップ、成人誌取り扱い中止へ 「やめて」の声でhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000042-asahi-bus_all ようやくこの動きになったかと私は思いま…

本当は「戦争」を望んでいる

人は「戦争」が好きな種です 昨日のニュースにこういうのがありました 参考記事「殺人ロボット」の規制や禁止求める声高まる、初の国連会議が閉幕http://www.afpbb.com/articles/-/3151391 この記事をお読み頂いたらそれぞれの感想があると思いますが私とし…

夢のかなえ方

私の不動産サイドのお客様がある夢を実現しようとされています 夢、あるいは自分のやりたいことそれを実現するためにはどうするか? それは「行動」なのです そのお客様のブログをご紹介します ケロママさん「トランポリンハウスができるまで」https://amebl…

《ノスタルジーとしての集合無意識》

先日の記事で集合的無意識について言及したのですがこれが私たちにどういう影響を与えているでしょう? 今更ですがここについてもう少し詳しく考えましょう 実はこれが「共感」を呼ぶための必須条件であると私は考えているからです 「集合的無意識」https://…

《感覚(sense)の本質》

あの人はsense(センス)が良いという言葉、時々使いますよね? そもそもsense(センス)ってなんでしょう?それが良いってなんでしょうか? sense(センス)はもともと英語で日本語に訳すと名詞と動詞になります名詞では「感覚」であり動詞では「~を感知す…

感情は「創造」できる

こちらの記事はお粗末ながらも一応はスピ系なので「悟り」や「覚醒」についてご興味をもって期待されてる方も多いでしょう 私はこれから先の世で今まで困難とされてきた「悟り」や「覚醒」を発現する方が多く増えると見てます それは「悟り」方「覚醒」の仕…

《ジャニーズ事務所に見る「経営者」のやりがちな事》

昨日、元SMAPの三人さんがやってられたネットテレビの記事を書いたら好評だったので、調子に乗って続きを書きます(笑) 本当はこちらを書きたかったんですよ今回のSMAPの件は経営者や指導者など読んで欲しい記事です 今、盛んにブラック企業だの残業…

《元SMAPが描く新しい「情報」の地図》

今日は、人生にあたりちょっとした氣づきが幸せのポイントになることをお伝えします 今まで、ちょっと怪しいとか敬遠されていたものがちょっとしたキッカケで大衆(MASS)に認知されると一氣にメジャー化することがあります 現在、その具体例が久々に出そう…

スピチュアルを学ぶ意味

私がスピチュアルを学ぶ理由とその学んだことを発信する理由は「見たいものだけを見ている」自分自身からの『脱却』を目指しているからです スピチュアルを訳すと「霊性」「霊的」となりますが同時に「精神性」とも訳されます 「見たいものだけを見ている自…

「匿名」という恐怖

《「匿名」という恐怖》 また、痛ましい事件がおきてしまいました 神奈川県座間市の9遺体のことです ご遺族の方のお氣持ちを考えるととても沈痛な氣持ちになってしまいます「お悔み」一言では言い表すことが出来ないことです 今回この事件をニュースで知り…

《校則という「憲法違反」》

先日から「不登校」についてかなり興味を持ちだしました そんな時にとても興味深い記事をみたのです 読売オンライン地毛が茶色なのに黒染め強要、高3女子が提訴http://www.yomiuri.co.jp/national/20171027-OYT1T50049.html 訴えられたのは私の古巣、大阪府…

《「不登校」という選択 ~ 14歳の決断》

2017年12月24日㈰、キャンパスプラザ京都にてまだ中学生の男の子が280人を前に「学校に行かない選択」の講演をします 実体験に基づくこの講演を聞いてもらえれば不登校に悩む、本人やご家族はきっと「不登校のリスク」は「0」であることに氣づきます キャン…

ぶれるとどうなるか?

今回の「国難突破選挙」は私たちに色々なことを教えてくれます 無料の、人間学セミナーのようでこれはとても「お得」ですね(笑) 今回はこの選挙から人の意識が現実にどう反映されているかそれを見てみましょう 小池百合子さんが率いる「希望の党」の失速がこ…

《you've got to help yourself》

《you've got to help yourself》 「自分を助けられない人間に他人なんか助けられない」これは1983年当時の細野晴臣氏の想いだったそうです 昨日のブログは旧アメブロの記事の方を加筆修正したものでした 「神を担う瞳」https://ameblo.jp/ginnojigintyan/en…

望まれない変化もある

《望まれない変化もある》 自分自身を変化させると言っても独りよがりな変化は自分も人様も幸せにしない場合があります 私のこのブログも含めて多くの自己啓発系やスピ系の記事では自分自身の変化、引き寄せについて語ってます。 それらを読んで自分自身の望…

人はなかなか変われない

<人はなかなか変われない> 今回の選挙劇はそれを端的に教えてくれます 以前、小池百合子知事そして前原誠司民進党代表のことを書きました 参考記事 選挙情報が与える影響http://hypnonation.hatenablog.com/entry/2017/09/27/084221 「至誠」が招く混乱htt…