ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「超攻撃型スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

神は狂気を宿る

2015年の今ごろから私の周りに凄い方が現れるようになりました いわゆる「成功者」と呼ばれてる方々です この「凄い」方々を見ていると私とは生活ぶりが違うから別世界であり、また面白いとも感じてます。 成功者と言っても色んなタイプがあり猪突猛進で仕事…

「宗教」は約束事

「宗教」と「信仰」は似ているようで異なります 「信仰」は各々の信ずるものに対し自由ですが「宗教」はその「宗派」との契約行為でなのです 先日、大相撲の巡業でとある市長さんが土俵上で倒れた時その市長を助けた女性たちが土俵に上がったことが物議をか…

「聖徳」という美名の意味

昨日の記事で「聖徳太子」制定の十七条憲法から日本人の意識の深いところにある「和」について書きました 少し本題から外れますが聖徳太子について私が知ることを書いてみます 近年の学校の教科書では「聖徳太子」という存在はなく「厩戸王」として書かれて…

「和」の根源

日本人の潜在意識を日本人としての「集合的無意識」私たちの「集合的無意識」を今は探っています 十七条憲法というのがあります 聖徳太子が作ったと言われるものです小学生や中学生で習います あれの第一条がかの有名な「和を持って貴きとなす」で一曰、以和…

倭国大乱

日本人は無意識に好戦的でしかも自滅的と私は今考えてます それは無意識にです 日本人の「無意識」の行動を決めるトラウマになった事件とは一体なんだったのでしょうか? 私はその原因に「倭国大乱」があると見ております 倭国大乱紀元2世紀後半に日本で起…

森友の「校庭」で遊んでます

その民族の歴史を見るとその民族の潜在意識の深い部分「集合的無意識」が見えるようです これは昨日の続きになります 日本民族は「自滅」的な「戦争」が大好きである それが現在の私の見解です 実はこの原因になる歴史的事実があります改竄されているだろう…

刀伊の入寇

日本の政治ってのは平安時代から何の変化もしていないと痛感するのが森友学園の件です 北朝鮮が先日電撃的に中国と形の上では関係を修復しました このことの大きさが恐らくわかっている人は日本では少ないでしょう 昨年の夏にも書きましたが今の北朝鮮のトッ…

1000年前から変わらないこと

この国の政治は1000前からほとんど変わってません 先日、京都大学でこういう公式HPが上がったそうです 京都大学における軍事研究に関する基本方針 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/kihonhoshin/index.html (一部抜粋)本学における研究活動は、社会の…

心穏やかに生きていくための「準備

自己承認を高めるための方法をずっと模索してます 他者承認をうまく活用して自分を承認していく過程に移動していく方法を書いたことがあります 「これからは自己承認」その時代だと思ってますが本来、「人」は他者承認なくして自分自身を認めることは中々に…

ビジネス「考」

私はビジネスあるいはセールスこそが許しを高め自己承認を高める「スキル」であると断言できます ここ数日過去記事を利用して「許し」についてご紹介してました 自己承認を高めるために己に「許し」を与える そして自分は何を許しているのかを自覚する必要が…

許す技術

許すということは自己承認の一歩です 体のいたるところがこってないでしょうか? あるいは体全体が固くなっていませんか? それはずっと自分を許すことなく生き続けているせいかもしれません 自分の考え自分の行動自分の言葉 無意識であれ有意識であれ許可を…

許す勇氣

この世で一番難しいのは「許す」勇氣かもしれません。 カズナリ タケダさんのfacebookの記事が逸品でした https://www.facebook.com/takeda.kazunari/posts/1083817598363894?pnref=story (一部抜粋) ・見返足したり ・悔しがらせたり ・一目置かせたり ・…

許しの本質

何を許し何を許さないことを「許す」のかは自分次第です 許すという行為は本来は自分自身のためのものだからです 許すという行為のその向こうに「怒る」という感情があります。 感情は個人的なものです。 具体的に考えてみましょう。 ある雨の日、車があなた…

「許し」が持つ本当の意味

この記事は2016年11月2日に旧ブログで掲載したものを加筆修正したものです 「顕在意識」を持つ「人間」は他者であれ自己であれ「承認欲求」が満たされないと私は「狂い出して」くると考えています。 自己承認よりまず他者承認を優先する理由は下の記事をご参…

犬の「パール」が教えてくれるスピチュアル

私がお世話になっている工務店で「パール」というラブラドールなワンちゃんがいます 何故か私のことを氣に入ってくれて散歩をせがんだりする可愛い奴です 私は普段から動物好きなのでパールとの散歩ができる日はとっても穏やかかつ楽しい時間です いつもはわ…

ビジネスというスピチュアル体験

Broesis 昨夜、私の営業の方のブログ「営業の:Re+work」という記事でこういうことを記載しました (以下抜粋) 時々私が紹介しますネットビジネスで驚異的な安定力と収益をほこる和佐大輔さんの「WEBライティング道場」という教材で全ビジネスに共通するお客…

「労働」というスピチュアル

Marisa04 スピチュアルが「靈的」と訳されるならばビジネスやセールスこそが一番「靈的」と言えるのです これは先日の記事の一番最後の言葉です 以前、このような記事を書いてます 参考記事「靈(れい)を考察する」http://hypnonation.hatenablog.com/entry…

「靈的」な目覚め

理性的に「顕在意識」を用いて「潜在意識」を使いこなすには「ビジネス」あるいは「セールス」こそが現在、一番「修行」させてもらえる「行動」だと私は考えてます ビジネスあるいはセールスの一番大きな前提を本質を分かっていればこれは誰にでも納得できる…

哲学と宗教はなぜ発展したか?

表題の答えは「働かなくても食べさせていけるシステム」が出来上がったからです これからの時代「プレ・シンギュラリティ」を迎えるにあたりそれ以降の「人」の生き方にはより「個性化」が求められるはずです 日本人が一番苦手とする個性化その理由は行政、…

収入なくして『スピチュアル』などありえない

先日までの記事をまとめます・日本における近代化のすすめ・近代化とは「村」から「個人」への意向 では「個」「個人化」を育成するにはどうすればよいか? それが「副業」のすすめです もっとわかりやすくいうなら収入源の「複数化」です これがなぜ「個」…

「副業」のすすめ

日本というこの国の現在における最大の悲劇は「個性」が育たないことです ではなぜ個性が育たないのでしょう? 1980年代後半から20年近く学校教育で「個性」の育成が推奨されていた時代がありました 子供の「個性」が大事子供の「個性」を育てよ 旧ブログ(…

「超」個人主義の時代

これからの時代今より更なる「個人主義」が進むでしょう 理由はAI(人工知能)やIOTなどの技術が進めば他者(人)と交わることそして交わる必要性がどんどん希薄になるからです 必要性がないとも言えます このことを明確に言い表したラジオが先日公開されて…

「心」を上手に使いこなす

「心を己の生命が生きるための道具として使わないで、反対に心に使われているがための結果なんですよ、どんな心配でも。」 この言葉は私が敬愛する中村天風の言葉です 「心」というと何か崇高な、そして特別な印象をお持ちの方も多いでしょう 「心」もこの体…

「意識」を使いこなす積極

この数日は「顕在意識」のことを主題にして書いてます。そのおさらいをしておきますね。 元々「自己承認」を高めたいでも、中々それが「高まらない」それは何故か?から出発してます。 量子力学における「観察問題」から人間が観察することによりエネルギー…

顕在意識の存在理由

そもそも顕在意識ってなんでしょう ちなみにWIKIで顕在意識で調べたらトピックスそのものが「無い」ことが判明しました ネットでもちょっと調べると「潜在意識」はたくさん出てくるが「顕在意識」は殆ど出てこないのです 人気ないですね「顕在意識」(笑) 顕…

動かしやすい「顕在意識」を活用する

人間の意識のうち3%が顕在意識で、97%が潜在意識であり私たちは97%の自覚出来ない意識に行動の殆どを左右されてます。 私も最近まで潜在意識の力その97%の能力をどう自覚し引き出せるかを考えてました。 しかしこれは簡単ではない だいたい意識出…

本当はすごい「顕在意識」

「感情」を味わっても「感情」に振り回されない生き方これには顕在意識の力が必要です 自己啓発本などにある「思考は現実化する」「想いは実現する」「念じれば通じる」 これらはある意味正解でかつある意味誤解があります 「(あなたの)思考は(既に)現実…

生き苦しさ

「生き苦しさ」から抜け出したい 究極的にはこれです そのために自らを信ずる力を高めること 結局はここに行きつく 私はそのために・宗教を利用してもよい・信仰を利用したもよい・AI(人工知能)を利用してもよい・ネットビジネスを利用してもよい・武道を…

「脳」は不真面目に使う

この記事は2016年3月6日旧アメブロで掲載したものを加筆修正したものです 脳は不真面目な方が働きが良いらしいです。 フェイスブックで面白い記事が流れてました。https://www.facebook.com/kokoronosyohousen/posts/566692223493572 脳はボーとしている方が…

「春」を心に取り入れる

この記事は2016年2月19日に旧アメブロに掲載したものを加筆修正したものです 春の足音が少しずつ耳に、目に届くようになりましたね。 温度が上がってくると身体もゆるみそれにつれて「心」もゆるみます。 この日、大阪の某所で見事な「梅」の花を咲かせてい…