読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「いわゆる、ヒプノ・ネイション」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

「意識」はどこにあるのか?

表題の問題
実は現代科学でも
解明されてないようなんです


定説がない
と言った方が良いかもですね。


人間の細胞は
ほぼ6年周期で
完全に入れ替わるようです


6年で細胞が全て入れ替わったとして
人間の意識ってどうでしょう?


ま、6年も経てば
変化はあるでしょうが
よほど大きな衝撃がない限り
まるっきり別人という方は
さすがに少ないのでは?(笑)


細胞は6年という周期で変わるのに
意識はさほど変わらない


この意識の変化の問題ですが
二通り考えられます


①変わらないと思ってるだけで
本当は全く変わってる
②意識が蓄蔵されている箇所は
人間の体ではない

 

①ですが
意識はあまり変化していない
という思い込みかもしれません。


周りの人間も当然に
細胞でできた物質で
6年周期で変わるわけです

お互い変化していないと
認識しているだけで
実は昨日の自分や他人は
意識レベルでも
全く別人かもしれません


ちょっと分かり難いですね・・・・(笑)


根拠はないのですが
私見として
意識は変化しているが
記憶として貯蔵されている
別のところがあると今考えてます


ま、長くなるので
次回ということで(笑)

Paride Noci

f:id:hypnonation:20161119201353j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)