読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

頑張らない

昨日、ツイッターの方で上げた内容です


生きる法則みたいなものでしょうか?

 

頑張って幸せな人
頑張らずに幸せな人
頑張って不幸せな人
頑張らずに不幸せな人

 

この4タイプがいると思います。

 

こうして並べると
氣づくことありますよね。

 

幸せ・不幸せに
実は頑張りは意味はあまりないと

 

頑張りを努力に替えても良い

 


努力もそのまま当てはまるでしょう。

 

幸せ・不幸せを
成功・不成功に替えて良い

 

では私を含め
多くの人は
どうして
努力したり、頑張るのでしょう?

 

答えはあります

 

その結果、望むものが手に入らなかった時
言い訳が出来るからです
「頑張ったから」
「努力したから」


そういわれると
周りはそれ以上の非難はしない
それをみな知ってるからです

 

私たちは
頑張りや努力に
言い訳としての
逃げ道を求めている

 

そんな場合が多いのです

 

なぜ、こんな心が折れそうなこと書くか?(笑)

 

これ、先日まで書いていた
「記憶」は空間にあるというのに
リンクするからです。

 

自分の中の「力」
それを頼りにしても
「夢」の実現化はたかが知れている

 

私たちは
この空間にある「情報」
あるいは「記憶」をもっと
利用できるはずです

 

今、私は「記憶」「情報」は
本当に「空」にあると考えてます。


脳はそのための「癖」ある受信機だとも思ってます

 

これを意識すると
自分の外にある力を
そのまま「利用」しない手はない


自らの「努力」「頑張り」
それは否定しませんが
あなたや私のやりようで
世界は広がるし、もっと幸せになれるのでは


そう考えてます

 

Pezibear

f:id:hypnonation:20161125213807j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com