読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

お金と喜びの関係を見る

昨日の記事で
喜びを感じる点として
「褒められる」ことと
「お金をもらう」こと
脳で感じる部分は同じだということを書きました


感情を考察するにあたり
私はまず「喜び」を基本としようと
今、考えてます


その中で上記がほぼ同じ意味であると
昨日は記したのです


ここで「お金」について
何故、「喜び」を感じるのか?
「報酬系」が働くのかを
私見ながら考察したいと思います


お金で喜びを感じる理由

 

それは
①貯蔵性
②代替性
③付加価値性
この3つとみています

 

①ですがお金は基本的に腐りません(笑)
劣化もしにくい。
他の「財」に比べ、貯蔵性に優れている


人間はその進化の歴史から
貯蔵に「安心」を感じるものだと
私はとらえます


日本の原始の歴史でもそうですが
縄文から弥生に移る過程で
狩猟から農耕へと変化する


これは穀物(米、麦)が
保管、貯蔵に優れていたからです


飢える心配がないからですね。


蓄えることに安心を感じる原点が
ここにあります

 

②代替性
お金は物々交換の代替ツールとして
開発されたものです

 

大根10本と
米俵1俵を
等価として物理的に交換するのは
とても労力が必要です


しかしお金は
瞬時にそれを解決します

 

そして③付加価値性です
上記①②の機能を兼ね備えた結果
お金には
その財が持つ以上のエネルギーを
持つこととなります


具体例を上げましょう


時価5000万の新築戸建と
5000万の現金
どちらかを
ただであなたに上げると言えば
どちらを選びます?


多くの方は
5000万の現金と答えませんか?


等価であると
証明されていてもです


これは人間の心理として
例え等価であっても
5000万の方に価値がある
と考えているからです


極論すれば
5000万相当の現物に対し
お金なら5500万位の価値を
そのまま感じているのです


お金をもらうことにより
脳の報酬系が
喜ぶのは
①②③を合わせて
付加価値が高い
もっと俗っぽく言えば
「なんだか儲かった!!」って
氣持ちになるからです


私はこれが
お金が「褒められる」ことと
同義である原因とみています

 

freedesignfile.com

f:id:hypnonation:20161229015830j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com