読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「いわゆる、ヒプノ・ネイション」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

レバレッジ・コアを考える

ひとりごと ヒプノセラピー 引き寄せ

レバレッジ・コア」とは
聞きなれない言葉だと思います


レバレッジ」=「てこ」
「コア」=「核」


直訳すれば「てこの核」ということです


この言葉を初めて知ったのは
金山慶允(サトリ)さんのブログ
悟りの書 〜左脳系スピリチュアルのススメ〜
においてです


参考記事
悟りの書 〜左脳系スピリチュアルのススメ〜
レバレッジ・コアを考える
http://ameblo.jp/sanoukei/entry-12000891214.html


この言葉自体も
元々は
原田翔太さんが
和佐大輔さんとやってられた
「リストビルディング大百科」
あるいは
「創造的破壊プロジェクト」の中で
登場する言葉です


この言葉の意味を
深く掘り下げる必要はない
今、私はそう思います


元々「てこ」
あるいは「レバッレジ」とは
かけた「力」以上の
作用があるものです


各々の「レバレッジ」「てこ」
その「核」「要」になるものは
何か?ということです


私は万人共通の
レバレッジ・コア」は
現在、SNSをはじめとする
「ネット」における「空間利用」だと
考えてます


その「(電子)空間」を利用した
「個(人)」をつないでいく
それが今各々に与えられた
公平に近い「てこの原理」だからです

 

これには実体験があります


実は昨夜、京都市西京区の老舗工務店
㈱松本工務店の松本社長とともに
同じ京都市右京区
「鉄板居酒屋 お好み焼き一休」さんに
出向いたんです


鉄板居酒屋 お好み焼き一休(食べログ
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260401/26010734/


松本社長様とは
一昨年の10月からのお付き合いです


そしてこのお好み焼き一休の店長様とは
前に勤めていた会社時代に
fecebookで繋がってたお付き合いです


そして驚くことに
松本社長と
一休店長のご子息とは
幼馴染で同級生なんです


何が驚くかというと
この三人
全く別の所で
それぞれ知り合って
今日、縁が円になったことです


これを可能にしたのは
facebookという
ネットの情報空間だったんですね


どんなビジネスでもそうですが
やはり「人」と「人」の縁が
最後はものをいうのです


そして願わくば
その「縁」が回りまわって
「円」になれば
絆は最強となります


昨夜、正にこれが
現実化した訳です


私は本格的に
SNSをやり始めたのは
わずか5年前


それでも
SNSを利用することで
その「情報空間」を利用することで
「縁」が「円」になった例は
これだけではありません


そしてその「円」が
新しい「ビジネス」を
自動的に生み出してくれる


この「情報空間」を
大切に利用することが
万人が利用できる
レバレッジ・コア」だと
私は確信します

f:id:hypnonation:20170111221722j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com