読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「いわゆる、ヒプノ・ネイション」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

自分を好きになる

ヒプノセラピー 潜在意識 癒し・和み 脳科学

去年の暮ですが
こんな記事を書いてます


お金と喜びの関係を見る
http://hypnonation.hatenablog.com/entry/2016/12/29/015847


お金をいただくことと
認め褒められること
これは脳の中では
ほぼ同義だということです


先日こんなことがありました


ある不動産売買のお手伝いをしたんです


入った利益そのものは
そんなに大した額ではなかった


しかし
売主・買主ともに
相当に喜ばれたんです。


この喜びは
私にも想定外でした


私は多くの組織に属したんですが
不動産というお志事で
褒められるという経験は
実はあまりしてなかったんです


私自身は志事自体は好きなんで
あまり氣にも止めてなかった
超自己満足型なんです(笑)


しかし
私自身を褒めたたえてもらった時
正直、これは収入以上に嬉しかった

 

身もふたもない言い方ですが
脳内の「報酬系」がまさに大喜びする
そんな状態です


褒めること
褒められることの大切さ


これを多くの方は
「機会損失」してると
私は見受けます


そんな中
偶然に
以前から繋がってる
永井和美さんが
とても大事な示唆をしてくれてました


永井和美さんブログ
【穏やかに生きるすゝめ】たとえあなたが認めて欲しい人が、あなたのことを褒めなくても。 
http://ameblo.jp/uzura1316/entry-12238434283.html


私は昨日この記事を拝読した時
自分自身が
自分自身を認める
最大の効用を受け取った
そう考えます


自分を守るのは
結局のところ
自分でしかありません


自分を認められない者が
他者を認められるはずはない


その理由は
存在の根幹である
自分自身を否定しているなら
意識は他者「否定」しかないからです


これは
身を以て
証明できますよ(笑)


それだけ人は
自分を認めて欲しい
そういう承認欲求があるんです


その欲求自身は
全く恥ずかしいものではない


素直に
「自分が認められる場所」
そこに身を置くか
自分がそうなるかです

Giang MitTo (改変 gatag.net)

f:id:hypnonation:20170116214118j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com