読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「いわゆる、ヒプノ・ネイション」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

僕たちは「特別」ではない

ヒプノセラピー 抽象度を上げる

僕は昭和40~50年代の
義務教育を受けた世代です
 
 


これ以降の教育を受けた
人々って僕らよりも
「個性」を伸ばす教育を受けたと思います

 

「個」が大事だとか
「個性」を磨けとか
「自分の夢」を持てとか

 


今振り返ると
それは人の基本をダメにしたのかな?
というのが僕の「私見」です。

 

どんな子供も
世界に一つしかない
「命」だと「特別」な意識が植えつけられてます

 

「命」そのものの観点は
それで間違いはないんだけど
人生という視点で考えると不幸かな・・・と

 


普通に生きていたら
僕らは「特別」なナニモノでもないのです

 

代わりはいくらでもいます

 

厳しいけど
これは現実。

 

仮に今僕が死んでも
日本の不動産・建築業界が
どうこうなる訳ではないでしょ?(笑)

 

最初から
自分が「特別」な存在である
ここからスタートすると危険じゃないですか?

 

自分の本来の姿
特異点が見えないんだと思うんです。

 

フラットな自分が見えなくなります。

 

だから一旦特別ではない
「公」の中に自分を沈めて
冷静に自分を見る必要があるのですね

 

そうすれば
自分の特徴が
見えてくるのではないでしょうか?
(:Re+ 2015/11/28)

Maria Schaefer Photography

f:id:hypnonation:20170123221350j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com