読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「いわゆる、ヒプノ・ネイション」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

なごんでいく効果

人氣の悪い「和」について
まだ書いてます(笑)


ここ、日本人の根幹だと思うからです
自分のための「覚書」でもあります


元々日本の国を名前を「ワ」と言い
中国ではそれを「倭」と書いたわけです


この「倭」
あまりいい意味ではない(笑)


中国はこういうことよくします
例えばモンゴルのことは昔は
「蒙古」と書いたわけですが
あれも「悪名」です


あと、北夷とか、南蛮とかね・・・・(苦笑)


そこに氣づいた日本人(当時)が
近い音である「和」に替えてくれと言ったとか。


この和には
和みの意味があります


言霊とは恐ろしいもので
本当に「なごむ」効果をもたらしたんです


日本の建築などを見ると
自然との調和を本当に大切にします


今は見ないでしょうが
「障子」などはまさにその例です


紙というものを使って
外の光を調整するという
恐らくどの国でも考えなかったことです


ご存じの方も多いでしょうが
今、私のお志事の多くが「京都」なんですね


ひょんなことから
京都の伝統建築をしている方々と
ともにすることが増えました


その中にあるのが
「無理ない」調和なんです


昨日の記事に書いたんですが
日本人は取り込み、作り変える天才です


しかもそこには無理がない
「なじませる」知恵と工夫があるんです


敵対するものを取り込み
それをいつの間にか
自分の血肉とする


そして新しい「自然」を生み出す


その無理のなさが
「なごみ」なのです


さらにその「なごみ」が
私たちの身体を
「ゆるめて」くれる


力まないこと
リラックスすること


これは「合氣道」の
極意中の極意なのですが
私たちはそれを「自然」に出来る
能力があるのです


日本人であること
和人であること

そこに大きな誇りを持っても良いと思います

怕水的青蛙

f:id:hypnonation:20170206220631j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com