ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

言語より「非言語」の情報を読み取る力

とある事業融資の件で
京都信用金庫さんと
某所で打ち合わせをしてました。


事業融資って言っても
私のじゃありませんで(笑)


私のお付き合いのある方の
相談をかねてです


事業融資というのは
ある「お仕事(個人経営)」を立ち上げる際
銀行よりお金を借りるためのことです


その中で
「事業計画書」っていうのがあるんです


その計画書を
私のお客様は
手書きで書かれてたんですね


今どき珍しい(笑)


中々厳しい資金計画なんですが
京都信用金庫の「事業融資」担当者がこれを見て
一度この方に会ってみたいという話になりました


「筆の運びに力がある」と
そういわれたんです


若い方には分からないかもですが
「筆の運び方」とは
要するに手書きでの「書き方」です


私はこの担当の顔を見直して
「ホホォ・・・・」と
ちょっと感心してしまいました


この文字(言語)から
融資を受けたい方の「熱意」を
彼は感じ取ってるんです


もちろん
感じる、感じないは
その「人」の勝手です


彼には「熱意」がある
そう感じただけです


でも文字(言語)を見ただけで
彼にはそう伝わったんですよ


「こいつ、おもろい男やな」と
私も彼の非言語の領域を
楽しませてもらいました


実はこの話
先日の記事の続きです


参考記事
『美』という言語外の意識

 

hypnonation.hatenablog.com

 


この記事で
私が言い表したかった感動は
さとうみゆきさんが
何気ない鉄塔の風景を
春という要素で
それは「美」つくしく付加価値を与えてくれたからです


そうなんです
さとうみゆきさんは
あの何でもない風景に
「美」を読み取ったんですね


これ、今日の京都信用金庫の担当者にも
同じことが言えます


非言語の領域の情報を
読み取れる「センス」
それは「感性」ともいえる


この二人には
共通した
「才能」がおありなんです


そしてそれは
ちょっとした視点の変化
そしてそれを「発信」することで
私たちにも可能なんです


それが人生の選択肢を
増やしてくれます

Skley

f:id:hypnonation:20170301230353j:plain

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com