読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「いわゆる、ヒプノ・ネイション」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

傲慢に生きてませんか?

ヒプノセラピー 潜在意識

昨日の記事で
会社・組織には守られている
ブラックでない企業は
恐らくないでしょうと書いたら
フェイスブックの方で反響が多かった(笑)

 

「悟り」とか「覚醒」って
別に特別なことではないんです


今まで氣付けなかった
「当たり前」のことを
「有り難し」と氣づくこと
これが「悟り」なんです


この日本という国は
恐らく史上まれにみる
「豊かさ」を持った国だと
私は考えてます


なぜ「豊か」だと思うのでしょう?


この国では
選ばなければ
「食いはぐれる」ことは
現時点ではないからです


多くの貧困が
今言われてますが
選り好みしてませんか?


労働条件にしても
待遇面にしても


行ったことはないので
確証はしませんが
1つとなりの「北朝鮮」で
私たちが今と同じ
「待遇」「環境」が
手に入ると思うでしょうか?


例えが悪いかもですが
別の国において
これだけの「待遇」がある国が
あるかどうか?


私たちが上けている豊かさは
私たちに大きな恵みを
与えてくれてるんです


それを無視して
良い条件ばかりを探していくのは
あまりにも「自己主義」で且つ
ユートピア」思考ではないかと
考えてます


これは「傲慢」だと
遠慮なく言い切りましょう。

 

昨夜も書いたとおり
私は現在「フリーランス」です


条件面は
雇われている方より
はるかに「悪い」でしょう(笑)


でもこれは
あくまでも「比較」ですからねぇ。


今、私が「お金」に困ったとき
助けてくれる「仲間」がいます


確かに条件は悪いけど
境遇には恵まれている


「自分は恵まれてる」

そう思えるだけでも
そう氣づくだけでも
それは一つの「悟り」なんです

Connor Tarter

f:id:hypnonation:20170307224402j:plain

 

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾啓二 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com