読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「いわゆる、ヒプノ・ネイション」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

情けは人のためならず

情けは人のためならず


この言葉聞いたことありますでしょうか?


少し誤解もあるようですが
「情けをかけるのはその人ためにならん」
と解釈されてる方もいるとか(笑)


参考
故事ことわざ辞典
(一部引用)
【意味】 
情けは人の為ならずとは、
人に情けをかけるのは、
その人のためになるばかりでなく、
やがてはめぐりめぐって自分に返ってくる。
人には親切にせよという教え。 
http://kotowaza-allguide.com/na/nasakewahitono.html

kotowaza-allguide.com


(引用以上)


なぜこのことわざを
今、わざわざ参考にするのか?


最近の私の記事は
「自己愛」
「自己承認」
をメインとしてます


このことわざ
私は上記解釈を否定はしませんが
本当はもっと「深い」とみています


「情けは自分のためである」
あるいは
「情けをかけた時点で、自分も助かっている」
という具合です


「情け」をかけている自分には
「情け」をかけても良いと
自分自身に許可、あるいは承認している
「種」がすでにあるんです


私が最近よく引き合いに出す
小森圭太さん


小森圭太さんブログ
量子論脳科学ベースの引き寄せ理論 - アメーバブログ

http://ameblo.jp/inthetic/

ameblo.jp


恐らく現在科学の最先端であろう
量子論」あるいは「量子力学」の世界では
「人」の意識が現象面、物質面に
大きく与えることが証明されてます


「意識」により
物質は変化するのです


オカルトが
今、科学で証明されようとしてるんですね


量子の世界が正しいなら
「情け」をかけた時点で
「情け」は「現象化」しているんです


自分の中にあった
「情け」が現象化する


そしてそれ自体が
自分にも「情け」をかけている
「情け」をかける自分を許す「情け」
これがあるのです


ちょっと分かり難いですかね(笑)


「救う」と同時に
自分も「救われている」

 

「意識」したことは
全て自分の目の前で現象化している


ならば
「情け」だけでなく
「愛」や
「憎しみ」も
全て「意識」した時点で
現象化している


こういうことですね

be creator

f:id:hypnonation:20170316203036j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com