ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

フラクタル

フラクタル


フラクタル
形の適宜な一部を取ってもそれが全体と似ている成り立ちをしていること。自己相似的。
(グーグルより引用)


自己相似性とも呼ばれるらしいです


なぜ、この言葉を出してきたかと言いますと
全く別のブログにて
営業(セールス)について
書くときに検索したら出てきました


フラクタル心理学に基づく
営業講座があるとか


私が
今回この言葉に惹かれたのは
部分が全体を表しているというところです


語弊が生じますが
これを時間軸で見ると
私たちの人生というのも
「部分」が全体を現している


逆に言えば
「部分」を少し変えて行けば
全体もまた変わる


特に人間関係では
そう言えないでしょうか?


人には
自分を全体から分離させる
「顕在意識」
あるいは
「分離意識」というものが
発達してます。


人は「部分」を
全体から「個」を分けて
見ることができる
稀なる存在です


これの弊害も確かにあります


ここでは利点を見てみましょう


「部分」を変えれば
「全体」それに合わせて変わる


カズナリ タケダさんが
以前よく言っていた
「多くの努力より、一瞬の勇気」とは
このことかも
知れません


【fractal】


"fractal"
Even if taking an appropriate part of the shape, it is made to be similar to the whole. Self-similar.
(Quoted from google)


It seems that it is also called self-similarity


Why should I say this word?
In a completely different blog
About sales (sales)
I went searching when I searched and came out


Based on fractal psychology
There are business courses


I
What I was attracted by this word this time
The part is representing the whole


Words will arise
Looking at this on the time axis
Our life is also
"Part" shows the whole


Conversely
If you change the "part" a bit
The whole also changes


Especially in human relations
Can not you say that?


To people
Make yourself separate from the whole
"Conscious consciousness"
Or
"Separation consciousness" is
I am developing.

People "part"
Distinguish "individuals" from the whole
Can see
It is a rare existence


There are certainly evils of this


Let's see the advantages here


If you change "part"
"Overall" It changes accordingly


Mr. Kazunari Takeda
I used to say it well
"More than a lot of effort, instant courage"
Maybe this
I do not know.

f:id:hypnonation:20170430112938j:plain

Welcome to Fractal Forums - The Alter

より画像をお借りしてます。

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com