ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

我慢のゆらい

《我慢のゆらい》


ぎっくり腰は
私にいろいろなことを
教えてくれました(笑)


その中の一つに
「我慢」です


普段ちゃらちゃらしている私ですが
お医者様からお墨付を頂くほどの
「我慢強さ」もってます(笑)


そこで我慢とはなにか
google様に聞いてみました


(以下転載)
1.辛い事を耐え忍ぶこと。
「飲みたい酒を―する」
「殴り倒されて―にも立ち上がれなかった」。
こらえて許すこと。
「この失態も今度だけは―しよう」
2. 仏教
自分を偉いと立てる(わがままな)慢心。 
「―の角が折れる」
(転載以上)


一説によると
日本人は
我慢強い民族とも言われてます


これが事実ならば
私は「稲作(いなさく)」という
第一次産業との関係が深いと見てます


普段、お米を食べてますが
稲から出来るお米って
あれは画期的な「産業」だったんです


以前書いた「文字」の発明に匹敵する


何が画期的かというと
・連作が可能
・大量生産が可能(当時)
・備蓄が可能
です


古代において「備蓄」が可能なのは
食に安定性をもたらせます


この国の風土にあったのか
日本では稲作が盛んでした


稲作もそうですが
農作物の場合
根氣強さと我慢強さ
本当に大事です


同じ土地で
何年も何年も
天候や害虫などと
向き合いながら生活していく


これは狩猟をメインとされる方々と
大きく異なります


もちろん狩猟も
根気と我慢は必要ですが
その中身が違う

動くもの相手ですから
生活がもっと躍動的なんですね


ひるがえって
私たちを支えてきた「稲作」


先祖伝来の土地を守る
財産を守る
伝統を守る


この守る姿勢が
日本人の美徳を
構築したんだとも言えます


守ることで
ある程度の「食」は確保されるからです


我慢すれば
自然は一定の恵みを与えてくれる


これが日本人の我慢の源泉かな・・・・
と私は見てます

 

 

 

 

参考
私が一番愛する音声教材です
この教材が私の「知識」のスタートです
金山 慶允さん
セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、
【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
https://ism-asp.com/order/af?ai=6dp1t8xkuok6n5kbc452k9mx


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com