ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

平和とは?

現在、「関ヶ原」という映画をやってるそうです


その作者である司馬遼太郎さんが
平和について
こんなエッセイを残されてます


『風塵抄』
「唱名だけで、浄土に往生できる。
つい、平和についても、唱名をする。
平和念仏主義というべきものである。」
「念仏では平和は維持できないのである。
平和とは、まことにはかない概念である。」


私は好き嫌いは別として
家康はもっと評価されて良い人物だと思ってます

 


家康の本心はどこにあったかは
今となっては不明ですが
関ヶ原から大坂夏の陣を経て
結果的に200年にわたる
「戦争がほとんどない」時代と国の
基盤を作り上げた訳です


政治家として
彼はきちんと実績を「残した」わけです


家康が「平和主義者」であったとは思えません


しかし、晩年の家康の行動と思想を見ると
少なくとも
「戦争のない状態」を作り出そうとしていたこと
これは事実です


これがいかに大変なことか


家康は
様々な手法で
豊臣家を騙し、脅し
壊滅させることで
歴史上の「泥」をかぶった訳です

 


一部の方が嫌がる言い方なのですが
ガチで戦争をしようとしている連中に
「対話を求める」平和活動は
本当に意味があるのか?ってところです


「対話を求める」時間を
うまく使われているということです


私はちまたで言われているほど
北朝鮮
狂っているとか
暴走していると思えないんですね


大陸に
また国境を地続きで
他国に接している国々は
私たち日本人より
はるかにしたたかです


あらゆる技術革新で
物理的な壁すら
なくなりそうな昨今


私たちも意識を変える必要があります


画像はひらかたパークより

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com