ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

特別な「自分」などいない

生きにくい
しんどい

そう思ってる方
多いかと思います


私にも多少あります(笑)


この苦しさの要因はなんでしょう?


私は今までの
学校教育にも一因があると見てます


「個」が大事
「個性」を伸ばそう


これらの方針が
流行したことありますね


私は「個」は
必要最小限にして
「全体」に帰した方が
楽に生きれるんじゃないかと
思ってます


それを特に感じたのが
今朝の出来事でした


40年前に
鳴り物入りで造られた
ダイエー(現在のAEONの一部)の
建物が壊されてたからです


私が10代の頃
最先端だった商業施設が
わずか40年で滅失し
その跡地にはマンションが建つそうです


これを見た時
「私たち個人なんて
取るに足らない存在だな・・・」と
感じた訳です


何故そう感じたか?


個を大事にすることで
全体性から離れ
執着を生むからです


人間も
その人間が造った建物も
所詮、「自然」の産物なんです


ずっとそこにあるような
錯覚を起こしてますが
実は全部「変化」している


その変化に
「力まず」
その流れに
「身を任せ」
生きている方が
とても自然であり
且つ
「自然」全体から
祝福されているのではないか?


そう思えます


全ての武道や
生き方などに
共通するのが
力まないこと


私たちは
大きな流れの中では
決して「特別」な存在なんかではない


ただの
「一部」であり
「生」を経て
「死」に帰する存在である


それで
良いのでは
ないでしょうか?


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com