ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

正しく「諦める」

《正しく「諦める」》

宗教的・あるいは哲学的な
「悟り」
あるいは
「覚醒」ととらえなくても
「悟り」たいと願って方は多いようです


「悟る」と苦しみから
解放されるという
ある意味「誤解」があるからです


これ本当に「誤解」です


むしろもっと苦しみます(苦笑)


私なりの解釈で
悟りとは「業(カルマ)」からの解放ですが
この「業(カルマ)」とは
別に前世の因果とかではありません


というか
私、ヒプノセラピストでありながら
前世とかは現時点では
あまり信じてないもので(笑)


業(カルマ)とは
そのまま自分の記憶であり
固定概念です


思い込みとも表現出来ます


自分自身は
ほぼ99%
この思い込み
固定概念で完成しているのです


これを実感
あるいは
有意識レベルで理解することが
「悟り」の第一段階です


で、この後が苦しいんです(笑)


固定概念や
思い込みで
自分の選択の幅が
狭まっていることがわかると
これを何とかしようとする


これが何とかなりません。


こんなことなら
「氣づかない」方が
楽だったとなります


で、どうにもならないので
「諦め」ます


今、私はここが大事だと見てます


「正しく諦める」こと
自分の選択の幅をせばめる
固定概念、あるいは思い込みを
変えるのではなく
「そういうものだから、仕方ない
調和させていこう」
という氣持ち


これが個性から離れ(捨てるのではない)
全体(自然)に帰する
大事な過程です


これが「悟り」の第二段階です


人は全体から「個」を持ち、全体から分離し
そして再び「個」を持ちながら
全体に帰って行く


これは「人」にしか出来ないことです


そのために
投げやりになるのではなく
「正しく諦める」
まさに「降参」すること


それが生きやすくなる
ポイントになります

 


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com