ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

国・政治との付き合い方

政治、歴史、そして国というものを知ると
自分自身がどの道に進むべきかも
おのずと見えてきます


それを知ってもらえたら
とても幸いです


国や政治ってなぜあると思います?


一部の方々がとてもお好きな言葉がありますね


「国民を守るため」


これ嘘ではないけど
全部が本当でもありません


正確には
ある勝者が
一定のエリア(地域)で
その勝者の利権を守るため


これが国と政治がある理由です


これだけと言ってもよいでしょう
この利権の元になるのが「民」であり
だから国・行政などは
「民」を守らなければならないのです


現在まで有史以来
一番、安定して「儲かる」ビジネス
それが「国」であり「政治」です


だからシステムは変われど
おそらく2045年くらいまで
「国」「政治」というシステムは
なくならないです


こんな風に書きますと
「人間の権利は?」
「生きる権利は?」などという
意見も出るのですが
実はそういうのは
初めからないのです。


ここは「絶望(失望ではない)」して
潔く望みを絶ちましょう


私たちは
長い義務教育の中で
人はみな平等だと教えられてますが
これも私はありえないと思ってます


人間としての価値は「同等」ですが
生まれ落ちた環境や
「自我」が形成されるまでの境遇は
絶対に「平等」ではないのです


昨日も書きましたが
有史以来、民のための
国、あるいは政治など
なされた試しはなく
仮にあったとしても
一時的発生し、
変容するか消滅しています


まず、私たちは覚醒し
自覚する必要があります


教育などで教えられた
「平等」とは幻想であることをです


それを自覚したうえで
その「平等」論に溺れるもよし
また、国や政治に立ち向かうもよし
国や政治から離れて生きていくのも
またよしです


突然ですが
中華鍋ってなぜ丸いかご存知でしょうか?


グーグルで調べると
色々理由が出てきます


調理のしやすさや
料理をおいしく焼くためとか


しかし私は
自分の祖父が言ってたことが
本当なんだろうと
解釈してるんです


私の母方の祖父は
大東亜戦争中に満州などにいて
現地の中国の方々と
とても親しくしていたそうです


この時、中華料理を習い
祖父は結構な腕前になるのですが
同じ疑問を彼らに投げかけたところ
「戦争が始まったとき、すぐにものを入れられる
それが中華鍋だ」
と聞いたらしい


私個人は、中国(中華人民共和国)は大嫌いですが
中国ご出身の方、個人個人は好きな方も多いし
友人もいます


彼らの在り方には
個人と国との在り方について
学ぶところが多いのです


中華鍋に表れているとおり
また彼らの「タンス預金」にも出ているとおり
国を「信用」はするが
国を決して「信頼」はしない
その強さと考えは学ぶべきだと考えてます


国に依存したとしても
頼り切らない
そこは利用するもの(国)
利用されるもの(民)が
つかず離れずで付き合うのが
本当は一番良いと思ってます。


参考
この教材が私の「知識」のスタートです
金山 慶允さん
セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、
【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
https://ism-asp.com/order/af?ai=6dp1t8xkuok6n5kbc452k9mx

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com