ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

《人は何により動き、集まるのか?》

★すぐに「造れる」自分だけの市場


 私、ビジネスとスピチュアルって
 本当に表裏一体だと思ってます。


 最近ここで
 現実世界に繰り広げられる
 今回の「衆議院選」の行方が
 そのまま人の心の投影だと
 証明してくれてるからです


 今回、またドラマティックな
 展開を「現実」として見せてくれました。


 枝野幸男氏が
 自分だけの市場を作っちゃったからです

 


★枝野氏が見せた「負」からの逆転


 まずお断りしておきますが
 私の思考は
 「極右」です(笑)


 最近、前原さんや
 民進党などのことを書くから
 誤解ないように念を押しておきます


 「左」系は好きではない(笑)


 そんな私でも
 今回、民進党枝野幸男さんが見せた
 「信念」を貫くことと
 「負」からの逆転は見事だと
 称賛してやみません


 ここは称賛に値すると
 本気で思ってます


 今回、苦渋の決断として
 枝野さんは「立憲民主党」を
 立ち上げましたね


 原因は希望の党に行けない
 リベラル系議員の受け皿としてです


 たった一人の立ち上げから
 わずか数日で
 50人まで候補者を出すところまできた

 


 これは見事としか言いようがなかったです。

 


★共感を呼ぶことで「市場」を造る


 枝野さんの立場としては
 こうするしか方法がなく
 苦渋の決断と恐怖があったと思うんです


 でも彼は多くの人からの
 支持を集めることに成功し
 立場が反対である保守系
 私のような「右派」からも
 その男気に、素晴らしいと感じた人は多いはずです


 なぜ彼はこんな短期間で
 一定の成果を上げたのでしょう?


 それは「共感」を生んだからですね

 


 彼を支持するのは
 「共感」を持てるからです

 


★「人」の不安・不満が「市場」の源


 その共感を揺さぶったのは
 リベラル系議員の「不安」や「不満」でした


 人は行動する原因は
 「快の追求」か
 「不安の回避」しかないと
 言われてます


 そして生存本能から
 通常は「不快の回避」という行動を採る方が
 一般的に多いのです


 今回の民主党リベラル系議員は
 「再就職先」である
 「希望の党」で「採用」されるかどうか
 それが最大の「不安」だったからです


 現に希望の党では
 一定の基準に満たない民進党議員は
 切り捨ててます
 (これはこれで正しいんです)


 また今回の民進党議員の
 「希望の党」への再就職に
 多くの「批判的」意見が出されてました


 しつこいですが
 私は民進党そのものは「嫌い」です


 しかし、例えリベラル系であったとして
 彼らにも「生活」はあるんです

 


 ある元議員が核心をつく言葉を言ってました
 「サルは木から落ちてもサルだけど
 議員は選挙で落ちたら、『人』以下になる」と


 厳しいですが
 これ現実です


 党が嫌いだからと言って
 彼ら一人一人の
 生活権や人格まで否定するつもりはありません


 この不安を助ける手法として
 枝野氏は「新党」を立ち上げ
 そして成功したわけです


★理念や人格など関係なく「市場」ができた!


 実は前原さんだって
 ほぼ同じような考えで
 「希望の党」合流を考えて
 行動したはずですが
 結果的には枝野さんの方が支持されてる訳です


 なぜでしょうか?


 今後どういう流れになるかは不明ですが
 現時点では
 前原さんは本当の「不安」の部分を
 抑えてなかったといえます


 ま、これはあとから見た結果論なので
 ここでいうと後出しじゃんけんなんですが(笑)


 またこれは私見ですが
 前原さんは
 どうもTPOを読むのが
 不得手と見受けられます


 偽メールの時
 大臣をなさってた時
 そして今回
 やってることは悪くはないんですが
 タイミングがどうも・・・・・って感じ


 多くの議員の不安は
 希望の党に行っても
 けられるかもしれない
 立憲民主党なら
 全部受け入れられそうだ


 これが正直な氣持ちでしょう


 その不安をくみ取れなかったのか
 あえて無視したのかは分かりません


 「国会議員のなのに
 理念も何もない
 勝てるところに行くだけだ」
 って批判がありますが
 これは的外れな批判です


 保守だろうが
 革新だろうが
 思想の前に
 現実の生活があるんです


 現実の生活を犠牲にして
 理想に突っ走れるのは
 ほんの一部の「狂った」人間なのです


 だからこういう人を
 世間は「狂人」とも呼ぶし
 「英雄」ともいうんですね


 これは予想ですが
 私は今回の衆議院選挙
 立憲民主党、かなり席を伸ばすとみてます


 超保守で
 極右の私からすれば
 すこし残念ですが
 そうなったら
 理念や思想などより
 枝野幸男さんの「覚悟」と「英断」を
 惜しみなく讃えたいと思ってます。


 これでもわかるでしょう。


 理念や思想も大事ですが
 人の不安や不満を
 くみ取ってあげる


 これだけで
 自分独自のマーケットが可能なのです


 今回の選挙は
 それを教えくれます


参考記事
創造的破壊プロジェクト?反逆の神話?
https://ism-asp.com/order/af?ai=8wkt6u6p7v7xvp8wwasxw5u3

 


http://hypnonation.hatenablog.com/entry/2017/10/03/171201

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com