ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「新世界スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

お金稼ぎに善悪はない

お金を稼ぐには
方程式、法則ってのがあります。

 


 営業、あるいは
 マーケティング
 そしてお金稼ぎは
 「科学」なのです。

 


お金だけではありませんが
成果が出ずに苦しんでいませんか?


 「成果」が初期の段階で出ない理由として
 絶対に言い切れることがあるんです

 それは「科学的」に
 「法則性」をもって
 「再現」してないから


 実にこれだけです


 住宅や仲介の営業マンなどに
 営業の在り方をお教えしたりしてると
 伸びる子と伸びない子がいます


 よく「センス」の問題が
 取りざたされますが
 初期の段階では
 ほとんど関係ありません

 


 伸びる子は
 キチンと
 セールス(営業)の法則
 あるいは方程式に従って
 成果を上げているだけです

 


「科学」でなく
無意識に古い「宗教」や
古い「哲学」に
心の軸を置いているからダメなんです


 日本人は儒教の悪い面の影響から
 お金の話はタブー的なところがあり
 学校教育でも「お金」に関することを
 教えたりしませんよね


 それで何となく
 社会に出ますから
 そりゃ即戦力にはなりえません


 お金を稼ぐこと
 あるいは儲けることを
 「悪い」ことだととらえる認識があるからです


 私は冒頭でも書いているとおり
 営業、セールス、マーケティング
 「科学」だと思ってます

 


「科学」を使えば
同じ成果・「再現」はできるのです

 


 科学の定義ってなんでしょう?
 それは再現性なのです


 誰がやっても
 そのとおりになれば
 ほぼ同じ答え(成果)が出る
 これが科学です


 科学に善悪は関係ありません


 例えば
 科学の実験において
 善人と
 悪人とで
 同じ行程で実験して
 善人が不成功で
 悪人が成功などという結果
 出るはずがないのです

 


 私はアメーバブログの方で
 「営業の:Re+work」というのを
 書いてます。
 http://ameblo.jp/rework2015/


 ここでも述べてますが
 誰でも一定の法則でやれば
 誰でも同じ結果が得られるのです


 現に今、お教えしている
 営業マンなどは一定の成果を出してきてます

 


「善悪」のジャッジをやめれば
全てうまく回りだします

 


 なぜ今日この話かというと
 最近よく書く政治がらみの話で
 「善悪」の二元説がよく出ていると
 私は感じているからなんですね


 選挙で一定のシャアを取るだけなら
 そこに善悪は全く関係ないのですよ


 キチンと方程式どおりやれば
 善人でも悪人でも
 ほぼ同じ結果は出るのです


 お金稼ぎも
 科学であるととらえれば
 儒教によるブロックも薄らぐはずです


 善悪が問われるのは
 稼ぎ「続けたい」時に問われるのであり
 一つの成果を出すためだけならば
 そこに善悪を振り回さない方がよいのです


 善悪を問うのは
 もう少し成果を上げてからの話です


参考記事
創造的破壊プロジェクト?反逆の神話?
https://ism-asp.com/order/af?ai=8wkt6u6p7v7xvp8wwasxw5u3