「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

《コンビニの成人誌が子供に与える影響》

コンビニエンスストアミニストップ
成人誌の取り扱いをやめるという報道がありました


ミニストップ、成人誌取り扱い中止へ 「やめて」の声で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000042-asahi-bus_all


ようやくこの動きになったかと
私は思いましたが
これは「大賛成」です


3年前にこんな記事を書いてます
「コンビニのエロ本」
https://ameblo.jp/ginnojigintyan/entry-11883179236.html


ここでも書いてますが
私は基本的に女性大好きですし
はっきり言って「スケベ」です


しかしこのコンビニのエロ系雑誌は
いただけない


経営者の生活もかかってるでしょうが
ちょっとこれは・・・・・と
以前から苦々しく思ってたので
喜ばしいことです


参考リンクにもありますが
女性などから「止めて」との声が出たらしい


私は女性うんぬんより
子供たちに与える影響が氣になってたのです


コンビニの成人誌の棚に行くとわかりますが
なぜか「人妻」系が多いことに氣づきます


ということは
マーケットとしてそれを買う世代を狙ってるわけです


10代や20代の男性が買うでしょうか?


これは実際に買ってる場面を見ればわかりますが
決してそうではない


コンビニに来るであろう
小学生~中学生あたりの
「親世代」が買っている比率が多いと
見ています


自分たちの父と同世代の「男」が買い
自分たちの母と同世代の「女」が
あられもない姿で表紙を飾っている

 


私は小中学生からの
性教育というものは
学校以外の場所で
キチンと受ける必要があると
考えているものです
(学校以外というのはまた別の理由です)

 


これは意外に大切で
何の予備知識もないまま
ちょっとした事故・偶然から
両親の性行為を見てしまい
猛烈なショックを受ける子が多いらしい

 


そりゃそうだ(笑)
普段知っている「親」とは
また別物ですからね


まだ「知識」が少ないであろう
幼少時に
コンビニで
自分の親と同世代のものたちが
このエロ本に関わってると思ったら
その子たちは
自分たちの親にそれを重ねませんか?


この話は
先日から書いている
「情報」の受け取りと関連しています


未知の情報は
「怖れ」を生むのです
そして「怖れ」を克服するには
「知る」必要があるのですが
この問題の当事者は
それを「知る」にはまだ早すぎる


私があまり正常ではない「性」が育まれる土壌が
ここにもあると見ています


私はこの件に怖れを抱いたまま
子供たちは「成長」しているのではないか、と。


断言はできませんが
座間市で起きた事件なども
今私たちが無防備に受けている情報から
育てられた「怪物」のような氣がしているのです
(だからと言って容疑者を庇護してもよいことにはなりません
念のため)


ミニストップがした
こういう動きが
もっともっと広がれば
良いなと願ってます

 Comfreak

f:id:hypnonation:20171123001747j:plain

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com