ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「超攻撃型スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

子供への教育

お子様への教育について
色々お悩みの方も多いでしょう


一番簡単かつ
良い方法があります


「親として何も言わない」
これです


私も人の親ですから
他の親御さんの氣持ちも分かります


「子供のために」
ついつい口出し・手出しをする


私はこれは
毒親への大いなる一歩であり
そして
「善意ある悪行」だと言ってます


なぜでしょう?


私たちが子供に意見する場合
それは私たちの経験から
子供たちを指導しているから


それともう一つは
自分自身の不安を
子供に投影して
口やかましくなっているからです

 


この記事を書くきっかけになったのは
先日から書いている
一連の赤ちゃんのことや人工知能のことが
あったからなのです

 

私の場合ですが(妻はわかりませんが)
娘が小学校に入ってから(今は中学生)
しつけやマナー意外では何も言わなくなりました

 

(注釈 と言って良い父親ではないですよ。マナー違反をした場合は娘でもげんこつで殴りつける『昭和』オヤジです)


自分たちの経験や知識は
恐らくこの子たちが
大人になる頃には
全く何の役にも立ちません


役に立たないどころか
それが「固定概念」になって
「行動」の足かせになります


そのくらい
私たちの周りで起こっている
技術革新は
私たちの想像を超えて速く進んでいるのです


今年の初めに話題に上がり始めた人工知能(AI)
それがこの年末にはもう「一般化」してます


うちの子は学校が好きですから
機嫌よく行ってますが
嫌になったらいつでも「不登校」でOKだとも言ってます


しつけやマナー以外では
聞かれたことだけ
教えてあげ
その答えも正解ではない旨を添える


今の子たちに
あーしろ
こーしろ
就職をどうしろ
学校をどうしろと
一所懸命話しても
それは親の「エゴ」だけです


私たちが子供だった頃とは
全く違う世界に入ろうとしているこの時代


私たち親ができることは
勇気をもって
「黙って見守る」だけなのです

bosmanerwin

f:id:hypnonation:20171126214107j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com