ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「超攻撃型スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

「死にたがり」の行く末

「死にたがり」

この意味は「生き急ぐ者」の
別名ですね


今週の週刊少年ジャンプで掲載されている
火ノ丸相撲」ってマンガの一場面に
この言葉が使われてました


ああ、なるほどな・・・・と
妙に感心したものです


相撲も武道ですから
その技を極めるのに
「死にたがり」の者がいても
不思議ではありません


私自身は武道関係ではないですが
「死にたがり」です


芸を極めたいとか
術を極めたいとか
そういうのではなく
昔から太く短く生きたい「派」です


実をいうと
50歳超えて
まだ生きているとは
全く予想外でした(笑)
(本当にマジで予想外!)


結構無茶もしたし
(今も?(笑))
睡眠時間は取らないし
飯も暴飲暴食のときもあれば
3日間食べないときもあった


本音ですが
何故こう多くの人が
自分の「生」に執着あるのかが
今もって理解ができません(苦笑)


私自身のことも含めて
この世に生きていくだけの
そんなたいした人間なの?って
本心では思ってます


価値がなければ
生きてちゃダメなのか?
という意見がありますよね


私の意見ですが
「ダメ」だと思ってます(笑)


これから価値を生み出す可能性がある
子供たちなどは例外ですが
良い年をこいて
生きている時間と空間を
「コスト」に変えたばあい
「サンクコスト」になってる
私のような連中は消えるべきかなと。


で、これは逆説的であり
また実に、実に悲しいお話ですが
私のような考え方をする人間は
「長生き」してしまうようです(笑)


「死にたがり」は
今の生に対して
本当は満たされているんです
だから後悔がない


引き寄せの法則
量子力学などで言われてるとおり
人は自分が満たされているものを
「引き寄せる」
あるいは
「現実化」「物質化」させるのです


私はお金には満たされてないので
困窮な方向がどんどん現実化するでしょうが
生の方は、どうも満たされているようで
今、死んでもまったく後悔しないでしょうから
これは長生きしてしまいそうです


う~ん、困ったことになったな(笑)

kellepics

f:id:hypnonation:20171215000234j:plain

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com