「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

癖を変える

前々回、
「癖」というものは
放置すると「思考」などを固定化し
それが「老化」に繋がると書きました

では「癖」とは
脳の中でどのような
働きをしているのでしょう?


参考記事
「クセがなかなか治せない理由」を脳の動きから探ってみた
https://www.lifehacker.jp/2010/04/100329reason_habits_hardtochange.html

(以下、引用)
この脳の動きは、「クセがなぜ、なかなかやめられないのか?」という
謎を解き明かすヒントに...。
ヒトは「なぜ変えなければならないか?」がわからないと、
「変える」という選択が正しいのかどうか確信できず、
結局、もとの動作に戻ってしまうということのようです。
言い換えれば、自分を変えるためには、
その理由を自分にきちんと理解させることが
重要ともいえるでしょう。
(引用以上)


自分の「癖」を変えて行くには
「何故、『その癖』を変えなければならないか」の
理由付けを自分自身に「納得」させる必要があるそうです


この理由付けが以外に難しい(笑)


例えばですが
「お金持ち」になりたいからだ
という理由であったとしましょう


しかしこれは「本当の理由」でない場合が多いんです


お金持ちになりたい・・・・・
本当の理由は
・自分自身の価値を認めて欲しい
・独りではないことを証明して欲しい
など、潜在意識の奥底では
異なることが「本心」であったりします


では自分自身の本心がわかれば
「行動」を変える
あるいは
「癖」を変えることができますね


自分の「本心」とは何でしょうか?


そのヒントは幼少時に
さかのぼります


続きは次回ということで
お休みなさい
Jonathan Kos-Read

f:id:hypnonation:20180107235415j:plain


yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com