「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

「新聞」を止める

 


「非言語」の領域を「感じる」
このことを意識して
コミュニケーションの力を上げ
生活を幸せなものにしたいと考えてます


そのための
IT技術であり
そして信仰だと今考えてます


この「非言語」の領域とは
文字どり「言語」によらない
情報のことです


具体的な方法の一つとして
「新聞」を取らない
「新聞」を読まないというのがあります


私も新聞購読を止めました


結婚して神戸に移り住んで
約20年近くもお世話になり
お断りするには氣が引けましたが
止めることとしました

 


新聞は「言葉」「言語」による
情報です


大きくかつ少数の企業から
一方的に情報を与えられる
このシステム


比較しにくい
選択しにくい
この情報の受け取り方に
自分のための「知識」として
危険なものをずっと感じてました


これはテレビにも言えます
だから私は全くテレビは見てません


少数の大 → 多数の個
という情報のやりとりの時代は
すでに「遅い」のです


もうすでに
多数の個 ⇔ 多数の個
という形が出来上がりつつあります


もちろん情報の受け取りには
各々が責任と自覚をもって
取捨選択をしなければなりません


大企業の「言葉」だから安心


これは思考停止以外の何物でもないのです

 

例えばこういう雑誌があります
週刊文春臨時増刊「朝日新聞」は日本に必要か[雑誌] Kindle
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00O0N8B4A/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=hypnonation-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B00O0N8B4A&linkId=ec1c48bfe159baa223df463bd8f2cd08


別に朝日新聞をたたきたいわけではないですが
「報道」としてのあり方については
本当に受信者のためにやってるんだろうか?
と常々不思議に感じている新聞社です


受信者のためではなく
自らが心棒する「イデオロギー」のため


私はそれが悪いとは言いません
受け取る方がどうとるかなんです

 


毎時毎分
受け取る言葉も
意識してもしなくても
私たちの「思考」を作ります


非言語の情報を感じるため
日々受け取る言語に
ちょっと氣を配ってみましょう

 

 

#言葉 #コミュニケーション

#意思疎通 #言語 #非言語

 

 rawpixel 

f:id:hypnonation:20180301090247j:plain

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com