「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

「意識」を使いこなす積極

この数日は「顕在意識」のことを
主題にして書いてます。
そのおさらいをしておきますね。
 

元々「自己承認」を高めたい
でも、中々それが「高まらない」
それは何故か?から出発してます。


量子力学における「観察問題」から
人間が観察することにより
エネルギーとしての「波」が
「粒子」として物質化すること


これが正しいという前提で進めると
何に対して「注視」するか?
あるいは今の結果・現実が
何を「注視」していたか?が問われます。


多くの方々は
何かを観察する時に
意識に注意をはらってはいない


だから目の前の結果・現実が
全て外からの要因であると
「錯覚」してしまう。


そこで「なんとなく」観察している
「無意識」を「意識」することで
物質化したいもの、現実・結果を
変えてしまおうというのが狙いです。


人には無意識を意識することが出来る
「顕在意識」というものがあり
これを「理性」をもって
有効活用することが可能であると考えてます


「自動反応」してしまう
「無意識(潜在意識)」の在り方を変えるには
①顕在意識を利用する
②行動・環境を変える
の二つだと今は考えてます。


①の顕在意識を利用するを見てみましょう。


これは私が敬愛する
中村天風が提案した方法です。


まず積極というものには
・相対積極
・絶対積極
この二つがあるとのこと


ここに貯金通帳があったとします
残高500万円としましょう。


消極的な場合
「あと500万しかない。大変だ」
相対積極
「まだ500万もある。まだまだ楽しみだ」
絶対積極
(あろうが、なかろうがどちらでも平然自若) 


この3つの反応が出ます。
ちなみに私はまだまだ「消極」です(笑)


お断りしておきますが
消極が悪く、積極が良いとかの
善悪や良し悪しをジャッジするものではないのです。


本人がどっちを取るかだけのことです。
あくまでも自分の願望を「現実化」したい
これが前提にあります。


さて上の3つのうち、お金が欲しいという
現実化のためには
一番良いのは相対積極に見えますが
現実化しやすいのは「絶対積極」です


その理由は「既に(心が)満たされている」からです。
潜在意識の中で「ある」「ない」という
概念がないからです。


例外はあるでしょうが
例えばええとこのお坊ちゃまや
ええとこのお嬢様が
いきなり貧乏になったとは
あまり聞かない


特にアラブの王族の方々とかは
そうです


これは私なりの解釈ですが
彼ら元からの「大金持ち」には
潜在意識の中に「お金がある」とか
「お金がない」という情報がないのです。


潜在意識にないものは
それに注意を払わないから
「現実化」しないという仕組みです。


よく3億円の宝くじあたった人が
後で貧乏になるって話あります。


去年まで年収が200万だった方が
いきなり3億手に入れても
潜在意識に「裕福」というイメージがないから
最終的に「現実化」しないのです。


私も含めた普通の方は
上記事例の場合
まず消極的な考えが出ます
「500万円しかない」と


この自動反応は
潜在意識の中で「ない」というのが
ずっと入ってる状態です


そして潜在意識は「ない」ところに
観察ポイントを置くでしょうから
「ない」ことが「現実化」する訳です。


お金に限りませんが
何か「ない」ものを「ある」と現実化したいなら
ここを変える必要があります。


その役目が「顕在意識(有意識)」による
相対積極への思考変換です。
「まだ500万もある」という思考です。


ここを変えれるのが人間の人間たる所以だと
私は考えます。


ただしここにも注意が要ります。
「500万もある」と考えるということ
その裏に「ない」ことにも同時並行して
焦点を当てていることになります。


それまでの潜在意識が
「ない」ことにフォーカスを当てている以上
相対積極ではまだまだ現実化は出来ないのです。

 


顕在意識3%として
潜在意識が97%とします


顕在意識を利用して
相対積極的な考えをしたとしても
変わるのはその半分の1.5%ぐらい
それはまだ「ある」「なし」に焦点が当たってるからです。


ですから顕在意識を利用した
相対積極だけで変わることは
まずないのです


ですから「啓発本」や
成功哲学」を読んでも成功しないというのは
逆に理にかなってるのです


しかし顕在意識レベルで自覚し
潜在意識を見ることが
大きな第一歩であることは
大前提となります


ではより実現化するためには
どうしましょうか?


それが②行動・環境の変化です


「理性」の力をもって
自分の行動、そして環境を
「強引」に変化させると
「望むもの」は
簡単に変化という形で実現します


私はこれが
「顕在意識」の
本来の役目ではないかと
今考えてます

 

(この記事は2016年5月30日
旧ブログにて掲載したものを
加筆修正したものです)

 

 pixel2013

f:id:hypnonation:20180314234016j:plain

 

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ

redragonking2015@gmail.com