「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

哲学と宗教はなぜ発展したか?

表題の答えは
「働かなくても食べさせていけるシステム」が
出来上がったからです

 

これからの時代
「プレ・シンギュラリティ」を迎えるにあたり
それ以降の「人」の生き方には
より「個性化」が求められるはずです


日本人が一番苦手とする個性化
その理由は行政、企業、村に
「依存する」からです


表題にもある
哲学的思考や
宗教的思考の発達の原因
あるいは
「芸術」の発達は
それに携わる人間が
「労働」しなくても
食べさせて行けるシステムがあったから
これに他なりません


(注意:信仰はここに含まれない)


悪名高い奴隷制度ですが
ギリシャで哲学が発達した背景に
この奴隷制度があったと聞きます


今後、
「プレ・シンギュラリティ」
そして
「シンギュラリティ」を迎え
人が「働く」価値がなくなった時


さらに
全ての「費用(コスト)」が下落するまでの間の
大混乱期
私たちはどうして生きて行けばよいか?


それが自力で
「収入」の「源」を構築する

「収入」の窓口を複数化するかなのです


このことが
先日の記事に書いた
「副業のすすめ」になる


自立し
自律していき
そして
個として生きるには
当面はそれしか方法がないのでは?
と私は見ています。


jplenio

f:id:hypnonation:20180319191440j:plain


 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com