ふとまゆ「不動産伝道士」長尾啓二の「超攻撃型スピチュアル~Hypnonation」

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

森友の「校庭」で遊んでます

その民族の歴史を見ると
その民族の潜在意識の深い部分
集合的無意識」が見えるようです


これは昨日の続きになります


日本民族は「自滅」的な
「戦争」が大好きである


それが現在の私の見解です


実はこの原因になる歴史的事実があります
改竄されているだろう日本の教科書にも
キチンと載っています


それはまた
日を改めてご紹介しましょう


昨日の「刀伊の入寇」でも書いたとおり
日本の伝統的政治家は
目の前に大問題が発生すると
「決まって」どうでもよいことを
議論し始めます


放置すると問題が悪化するのが
分かっていても
いやわかっているからこそ
議論しません


今の「森友」が一番良い例です


今回私は贈収賄はなかったと見てますが
(お断りしておきますが、思想は右ですが自民支持でもありません)
仮にあったとしても
これから「贈られる」だろうお金に比べたら
雀の涙以下のものでしょう


これから?とは


今年、行われる
米朝の首脳会議の結果次第では
日本は経済的にかなりの負担を強いられると
私は推測しているからです


仮に米朝が円満に会談が終了し
北朝鮮が「核放棄」に近い決断をした場合
当然に「見返り」を要求してくるでしょう


これはごく当たりまえのことです


その見返りの相手は?
恐らく「日本」です


アメリカを通じて
日本に多額の「賠償金」を要求してくる可能性が高い


私の記憶違いならお詫びしますが
日本は先の大東亜戦争の賠償を
韓国にはしてますが
北朝鮮にはしてないはずです
(するべきかどうかは別の問題として)


国交がなかったからですね


韓国にした賠償金の額と同額か
もしかするとアメリカのオプションがついて
もっと高い金額の請求が来る可能性がある


ちなみに日本は韓国に
いくら払ったかご存知でしょうか?


1965年の日韓基本条約に基づくと
無償で3億ドル、
有償で2億ドル、
民間借款で3億ドル、
合計 8億ドルらしいです


今と貨幣価値が異なるので
一概に言えませんが
当時はプラザ合意前ですから
1ドル = 360円

単純に当時で2880億円です


1965年のサラリーマン平均月収が約33,000円
今で大体300,000万円と言われますから
その額のすごさがわかるでしょう?


今、仮に(レートが違うとはいえ)
こんな賠償金が要求されたら
その財源はどこから捻出されるでしょうか?


そして北朝鮮のトップが
これを要求してきたとしても
私は彼を「悪い」とは
とても言えない


これだけの「絵」が描けて
実行に移し、成功したら
彼は「英雄」ですよ


現に韓国の朴前大統領のお父さんは
これを成功させたから
韓国をあそこまで経済発展させたから
一時期「英雄」だったんです


それが「世界」的に見た
正しい政治家の姿です

 


また絶好のタイミングで
現在のアメリカ大統領は
ドナルド・トランプさん


しかもこれまた素晴らしいタイミングで
トランプさんは
もうすぐ中間選挙を控えてます


彼がどういう行動に出るかは
大体予測がつくでしょう?


本当に円満に米朝が行ったらどうなるか?


他にもロシアや
インド、ヨーロッパ諸国の「動き」もあるでしょうから
この絵がうまく行くとは言い切りませんが
私みたいな素人でも
これぐらいの発想は出ます


ましてや
森友学園」で遊んでらっしゃる
議員の方々が氣づかないはずはない


だって私なんかより
情報量は多いわけですから


分かっててやらないのは愚ではないのです


「自滅」したいのです


この構図は
まさに平安時代
公家政治と同じだし
鎌倉末期も
室町末期も
そして戦前も
分かってて何もしないのです


もう国民全員が
「自決」のための
「戦争」に入っていくようなものですね


そこでこういう意見が出るでしょう


「政治家がちゃんとしないからだ」と


この意見が出るようなら
日本人は果てしなく「近代化」から遅れ
いまだ、「おかみ」と「連判状」の民族だと
遠慮なく言い切りましょう


少し前、中国人や韓国人をはじめとする旅行者のマナーのあり方から
民度が低いという言葉がありました


私もそう思った時期がありましたが
政治的、歴史的民度が低いのは
私たちの方でしょう


1000年前から
何も変わってはいないのですから


またもや第三の敗戦に向けて
まっしぐらのような感じがしてます

MasterTux

f:id:hypnonation:20180401235957j:plain



yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com