「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

日本語で褒める

先日書いた
日本語が持つ周波数については
多くの賛同を頂き有難うございます


日本語の持つ周波数は
「癒し」「治癒」の要素w
多分に持っているようです


私は思うのですが
せっかくこのような
素晴らしい周波数を持つ言語を使う
国民であるから
それをもっと「褒め言葉」に
使えばよろしいのではないか?と


特に育児においては
それを強く感じます


この記事をお読みの方は
私とそう年齢は変わらない世代が多いだろうと
認識しております


全員とは言いませんが
この世代って
親に相談ってしにくくはありませんか?


それは親が一々「否定」するからですね


私にもこれはあります


親は心配して言ってるのは
今はよく分かるのですが
この「心配」がとても余計なことです


自分の不安を
「わが子」のためにという
すり替えで
「わが子」に投影しているだけなのです


で、これを自分の「子」に
していないでしょうか?


受け入れ
容認するのは
これまたなかなか難しいのでしょうが
「わが子」には
出来るだけ「余計な心配」はせず
「成功」したなら
この素敵な周波数を持つ「言葉」で
「褒める」


それだけでよいと思ってます。

elfpreschool

f:id:hypnonation:20180504231039j:plain

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com