「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

世界が、自分を通して、世界を見てる

ありのままに生きる


この言葉、よく聞きます
ではありのままの自分って
どのようなものでしょうか?


これは昨夜
ボディセラピストの筒井いづみさんと話してて
その時はうまく具現化できなかったのですが
今はこう思ってます

ご紹介
筒井いづみさん
●心と身体を繋ぐアロマトリートメント あなたの本質に気付く旅
https://ameblo.jp/izumi-hhs/


「世界が、自分を通して、世界を見てる」


ありのままの自分は
二つあります


今、ここに何十年という生を受けた
自分自身・・・・①


何十年の経験と
知識と蓄えた存在としての
自分


そしてもう一つが
自分を形成しているあろう
物質やエネルギーを
全て含めたもっと大きなもの・・・・②

 


「世界(②)が、自分(①)を通して、世界(②)を見ている」


もっとわかりにくくなったかな?(笑)


私がよく使う言葉でいうと
自分(①)が自我(エゴ)であり
世界(②)が真我ととらえてもらっても構いません


ただ、今までと少し違うのは
世界(②)が真我として定義すると
何か「意思」を持っているようにとらえられますが
実はそうではない


世界(②)は
ただそれとして存在しているだけ


そこには
意味も解釈もない
ただ「起こっている」だけ
そんな感覚の自分自身です

 


「ありのままの自分」を
どうとらえるかは人それぞれですが
私は世界(②)の方に意識を向けると
とても「楽」なんじゃないかな?と
思ったりしてます。


この理解に導いてくれた
いづみさんに感謝です。


FelixMittermeier

 

f:id:hypnonation:20180514205635j:plain

 

 

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
◎FaceBook     (長尾啓二 個人)
https://ja-jp.facebook.com/keiji.nagao.10
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com