「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

自分のために泣いた者だけが

人体の約60~70%は
「水」で出来ているという


私たちは
小さな小瓶の中に
水を入れたような
そんな存在である


私たちを作っている「水」

 


普段の何氣ない暮らしが
その水を
赤くもし
黒くもし
甘くもし
苦くもする


普段の何氣ない暮らしが
この
私たちを造る「水」を
にごらせる


このにごりを取ること


それは「泣く」ことだ


ただ
「泣け」ば良いというものではない


他人のため
目の前の現象のため
それに泣いていては
悲しみが増すだけ


「自分のために泣く」


ただひたすら
自分のために泣く


その時、
私たちを造る「水」の中から
赤いものや黒いものや甘いものや苦いものが
「澱」となったものが
出ていく


そのあとに残るものは
「美」だけ


「美しさ」だけが残る


自分のために泣けた者
それだけが
「美」を表現できる


そこには
「神」
あるいは
「赤子」のような
純粋なる「水」が残るからである

 Counselling 

f:id:hypnonation:20180619231401j:plain

yahoo!ブログ (住宅のこと)
http://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
◎アメーバ ブログ   (営業のこと)
http://ameblo.jp/rework2015/
ツイッター (長尾 個人)
https://twitter.com/rework2015
◎お問い合わせ
redragonking2015@gmail.com