「マインド・テクノ」~from Hypnonation 長尾啓二

京都・大阪を中心に活動する「野良」不動産ブローカーが、約50年の人生で氣付いた「深層心理」について語って行きます

察しをよくする町

「察し」が良い人になると
かなり生きやすくもなる


言葉ではなく
雰囲気、感じで
情報をつかむという
あり方がある


それは「察する」ということでもある


どうして勘が悪いのか?
などと悩んだことがあるだろう

 


逆に察しが良い
勘が良いとは
どういう人だろうか?


私が仕事場にしている京都
ここに住むいわゆる京都人は
だいたい察しが良い


何故か?


原因の一つに
道の狭さがある


向かいから来る
人、自転車、車などを見た時
ふとどちらに曲がるのかが
分かる


向こう側にいる
相手の小さな動きを
見逃していない


かすかな「揺れ」を見ている


これはまがうことなく
「非言語」の情報だ


長くこの町で働いていると
だんだんこういう
能力が備わってくる

 


「狭い」というものは
一定のストレスを伴うが
それが神経をこまやかなものにしてくれる


一度、京都の町中で働くか
一定期間住んでみること
これをお勧めする


察しのよさや
勘のよさが
育成されていくのが
分かるだろう

 

ご質問

お問合せ

redragonking2015@gmail.com

f:id:hypnonation:20181125151504j:plain
【過去のヒプノ系記事】
http://ameblo.jp/ginnojigintyan/
【不動産営業関係記事】
https://ameblo.jp/rework2015/
【住宅関係記事】
https://blogs.yahoo.co.jp/osyarehinoki
Twitter
https://twitter.com/rework2015
Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100026307182758
Instagram
https://www.instagram.com/nagaokeiji/